スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



サイト繁栄のために1日1クリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ
サイト繁栄のために1日1クリックお願いします

サイト繁栄のために1日1クリックお願いします


サッカーのユニフォーム作成。便利な簡単カスタマイズシュミレータで自分好みに自由自在に作成可能。 全品20%OFF以上の特別サービス!!
戦術を鍛えろ!練習方法や指導方法に的を絞った実技・解説のDVD。


--/--/-- --:-- | スポンサー広告  

ベナティアとローマの仁義なき舌戦







バイエルン・ミュ ンヘンがこの夏に ローマから獲得し たDFメフディ・ベ ナティアは8日、 初めて新クラブで のチーム練習に参 加した。同日発売 のドイツ『キッ カー』でモロッコ代表DFは、他クラブか らの関心があったことを明かした上で、 バイエルン加入の経緯を語っている。

ふくらはぎに問題を抱えていたベナティ アは先週、個別メニューのみをこなし、 週明けからチーム練習に参加した。同選 手はローマで過ごした1シーズンを次の ように振り返っている。

「ローマでは最初からとても居心地が良 かった。2位になったし、個人的にも スーパーだったよ。5得点を挙げ、何度 かキャプテンマークも付けさせてもらっ た。大きな信頼が寄せられていたし、家 も購入したんだ。ローマを去ることにな るとは思わなかったからね」

その1年で、他クラブからオファーを受 けることが徐々に増えていったそうだ。

「ワルテル・サバティーニSD(スポーツ ディレクター)には、僕を基本的にクラ ブには残したいが、お金が必要なので売 ることになるかもしれない、と言われた よ。僕はクラブに残留したかったので、 その言葉には違和感を抱いたね。最終的 には、契約更改するか、それとも僕を トップクラブへ移籍させるか、という選 択技が残ったんだ」

同選手によると、興味を抱いていたのは ビッグクラブぞろいだが、その中でもバ イエルンを選んだ。

「(関心を示していたのは)マンチェス ター・シティーとチェルシーに加え、バ ルセロナとレアル・マドリーから打診を 受けていた」

「ハビ・マルティネスが負傷し、バイエ ルンからオファーが届いたとき、僕はそ の機会を逃すわけにはいかないと思った んだ。僕にとっては大きなチャンスだっ たから、サバティーニSDにバイエルンに 移籍する意思を伝え、その方向で話をま とめることを望んだ」

ジョゼップ・グアルディオラ監督の存在 がベナティアの移籍につながったよう だ。

「選手としても印象的だったが、監督と してもそうだ。彼はすべてのタイトルを 獲得している。選手にとって、最高な監 督だよ。27~28歳になっても、彼の 下でまだ成長できるからね。(移籍に際 して)それは大きなモチベーションと なったよ」

バイエルンはベナティア獲得のために、 DFにおけるブンデスリーガ史上最高額と なる移籍金2600万ユーロ(+ボーナ ス)を支払った。

「ウディネーゼからローマへ移籍したと きも似たような状況だったよ。ローマは わりと大きな金額で僕を獲得したんだ。 1350万ユーロを支払った上で2人の 選手をトレードしたね。最初は”高すぎ る”と批判的な意見もあった。ここではど ういう意見か知らないけど、正直に言う と、それには興味がない」

「僕は勝利するため、タイトルを獲得す るために来たんだ。最大限の力を出し切 り、僕のことを信じる人々を失望させな い。プレッシャーは感じない。フリーで 移籍しても、大金が動いて移籍しても、 僕にとってまったく同じだ。毎日ベスト を尽くすことだけが大切だよ」

ーGoal.comー





あれ、今までの報道と全然違うぞ。

ローマは残したかったが、本人の希望が強すぎて出したという感じだったが。。。

ということでこのベナティアのコメントを受けてのローマの反論

↓↓↓↓↓








ローマのジェーム ス・パロッタ会長 が、バイエルン・ ミュンヘンへ移籍 したDFメフディ・ ベナティアを非難 した。

ベナティアは、レ アル・マドリーやバルセロナも自身の獲 得を目指していたが、ローマに残ること を希望したと話している。だが、ローマ 側の主張は異なる。パロッタ会長が、ク ラブの公式サイトで次のように伝えた。

「メフディ・ベナティアがこの2カ月で ウソを重ね続けてきた。我々は7月にボ ストンで補償と昇給について、口頭合意 していた。彼は個人的に、残留になれば とてもうれしいと話していた。翌月には 残留したいとウソをつき、ルディ・ガル シアとチームメートを欺いた。私に対す るウソは取り扱うことができる。しか し、ルディ・ガルシアとチームメートに 対するものは断固として受け入れること はできない」

「私は(スポーツディレクターの)ワル テル・サバティーニに、彼が毒になって いると伝え、手放すことを望んだ。ル ディとワルテルはそれに同意したんだ。 お金の話ではなかった。ロッカールーム におけるパーソナリティーの問題だ。 我々の財政状況は健全だ」

ーGoal.comー





まぁ、多少の行き違いはあるにしても、ローマ側の言っていることが恐らく正しいだろう。

ベナティアは去年からお金のことでローマを痛烈に批判していたし、出たがっていた。

関連記事



サイト繁栄のために1日1クリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ
サイト繁栄のために1日1クリックお願いします

サイト繁栄のために1日1クリックお願いします


サッカーのユニフォーム作成。便利な簡単カスタマイズシュミレータで自分好みに自由自在に作成可能。 全品20%OFF以上の特別サービス!!
戦術を鍛えろ!練習方法や指導方法に的を絞った実技・解説のDVD。


2014/09/09 15:26 | 最新ニュースCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。