スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



サイト繁栄のために1日1クリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ
サイト繁栄のために1日1クリックお願いします

サイト繁栄のために1日1クリックお願いします


サッカーのユニフォーム作成。便利な簡単カスタマイズシュミレータで自分好みに自由自在に作成可能。 全品20%OFF以上の特別サービス!!
戦術を鍛えろ!練習方法や指導方法に的を絞った実技・解説のDVD。


--/--/-- --:-- | スポンサー広告  

週刊カルチョ 【セリエA第2節】









セリエA第2節







エンポリ 0 - 1 ローマ
45'+1
OG(ルイージ・セーペ)



ローマが大幅にターンオーバーをしながらも勝利。

詳しくは昨日の記事で。

エンポリは二戦連続で完封負けを喫した。

残留に向けてかなり厳しいスタートとなってしまった。




ユヴェントス 2 - 0 ウディネーゼ
8'
カルロス・テベス
75'
クラウディオ・マルキージオ



ユヴェントスが完勝。

ウディネーゼに何もさせなかった。

詳しくは昨日の記事で。





サンプドリア 2 - 0 トリノ
34'
マノーロ・ガッビアディーニ
79'
ステファーノ・オカカ



堅守対決はサンプドリアが完勝した。

ホームの勢いそのままに、サンプドリアが優勢に試合を進めた。

ガッビアディーニがFKで見事なゴールを決め、後半にはカウンターからオカカがDFを引きずるながらも2人をかわして重戦車さながらの素晴らしいゴールを決めた。




サンプは完璧な補強で「プロヴィンチャの大名将」ミハイロヴィッチの下盤石な体制。

トリノはインモービレとチェルチの驚異の2トップを失いはしたが、新たにアマウリとクアリャレッラを補強できた。

タイプが違う2トップになってしまったため、最初は厳しい戦いが続くだろうが、ヴェントゥーラ監督は選手に合わせた戦術を取れる監督なため、そのうち調子を上げていくだろう。

ただし、ELがあるため、去年のような躍進は期待できなさそうである。







カリアリ 1 - 2 アタランタ
85'
アンドレア・コッス(PK)

4'
マルセロ・エスティガリビア
67'
リッチモンド・ボアキエ



超攻撃的なハイラインハイプレスのゼーマン・カリアリは、堅守速攻の鑑のようなチームであるアタランタを相手にするには無理があった。

相性が最高の相手に対し、アタランタはカウンターとショートカウンターで完全にカリアリを崩した。

アタランタは2点とも完璧なカウンターとショートカウンターで、完勝した。

カリアリは、純粋な戦力こそ下がったが、それはゼーマンサッカーに不必要な選手を放出しただけであって、ゼーマンが監督だから問題はないだろう。残留はしたいところ。

アタランタは最高の補強を行い、盤石な体制。

EL出場権も見えている。







フィオレンティーナ 0 - 0 ジェノア


ホームのフィオレンティーナが、守備の良くないジェノアを攻め立てるが、フィオレンティーナは決定力が無さすぎた。

チャンスは数多く作ったが、呪われたかのように得点が入らなかった。

後半27分にジェノアのロンカグリアが古巣相手に退場しフィオレンティーナが、一方的に攻めるがそれでも決めきることができず、スコアレスドローとなった。



フィオレンティーナはモンテッラの力でなんとか踏ん張り、冬の補強とロッシの復帰待ちが妥当なところ。

ジェノアは戦術的にも能力的にもピニージャを使わないほうが良いと思うのだが、今後どうするのだろうか。

せっかくマトリを補強したのだし、マトリで良いと思うが。






インテル 7 - 0 サッスオーロ
4'
マウロ・イカルディ
21'
マテオ・コヴァチッチ
30'
マウロ・イカルディ
43'
パブロ・オズバルド
53'
マウロ・イカルディ
72'
パブロ・オズバルド
74'
フレディ・グアリン



インテルが2年連続でサッスオーロを7-0で撃破した。

詳しくは昨日の記事で。


インテルはこのまま352で行くなら強い。

サッスオーロは一番は監督交代だが、このままでも残留はできる。

ただし、戦力だけなら上位に行けるレベル。






ラツィオ 3 - 0 チェゼーナ
19'
アントニオ・カンドレーヴァ
56'
マルコ・パローロ
90'
ステファーノ・マウリ



いくらビゾーリ監督が4312マイスターとはいえ、433でサイド攻撃が得意な(というよりは今のところサイド攻撃しかない)ラツィオ相手に、サイドが薄い4312で挑んだことは愚策としか言いようがない。

全て、左サイドのクロスからの得点であった。



ラツィオはCBとビリアを使うこと、人選をどうにかしたほうが良い。

チェゼーナは、勝ち点3が取れる戦術なため、取り敢えずはこのままブレずに行くことが良いだろう。








ナポリ 0 - 1 キエーヴォ
49'
マキシ・ロペス

ナポリが圧倒的に攻めるが、キエーヴォDFの粘りと、GKバルディの活躍により、ナポリは中々点が取れない。

後半にキエーヴォが見事なカウンターからロペスが決め、その後はやはり同じ展開。

しかし、ナポリはアタッキングサードまでは楽に持っていけるが、その後は全く崩せない。

結局後半はチャンスもほとんどなく、キエーヴォにホームで完敗となった。



イグアインのコンディションは最悪で、今シーズンは引いてくる相手が昨シーズンよりも多いことが予想され、ナポリの苦戦は続きそうである。

キエーヴォは、昨シーズンはセリエA最低戦力ながらもコリーニ監督の力によって何とか残留した。

今シーズンは初めからコリーニな上に、最悪だったGK、中盤、サイド、FWに素晴らしい補強を実施した。

コリーニの下、安定した戦いがこれからも見られるだろう。






パルマ 4 - 5 ミラン
27'
アントニオ・カッサーノ
51'
フェリペ
73'
アレッサンドロ・ルカレッリ
89'
OG(マッティア・デ・シーリョ)


25'
ジャコモ・ボナヴェントゥーラ
37'
本田 圭佑
45'
ジェレミー・メネス(PK)
68'
ナイジェル・デ・ヨング
79'
ジェレミー・メネス



攻撃力はあるが、守備が最悪のパルマ相手に、ミランがパルマを切り裂き、大量得点。

しかし、クロスやセットプレーから効率的に決められたり、退場者を出したり、ミスから失点するなど、完全な乱戦となった。



パルマは、監督が酷い上に、メンバーもかなり苦しいものとなってしまったため、今シーズンは苦しい戦いが続くだろう。

ミランは今のところかなり良い。

次節はユヴェントスが相手で、かなり厳しいが、ここで良い試合ができるならミランの今シーズンは本物である。






なお、ヴェローナvsパレルモは本日行われる。




関連記事



サイト繁栄のために1日1クリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ
サイト繁栄のために1日1クリックお願いします

サイト繁栄のために1日1クリックお願いします


サッカーのユニフォーム作成。便利な簡単カスタマイズシュミレータで自分好みに自由自在に作成可能。 全品20%OFF以上の特別サービス!!
戦術を鍛えろ!練習方法や指導方法に的を絞った実技・解説のDVD。


2014/09/15 21:40 | セリエA 試合速報COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。