スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



サイト繁栄のために1日1クリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ
サイト繁栄のために1日1クリックお願いします

サイト繁栄のために1日1クリックお願いします


サッカーのユニフォーム作成。便利な簡単カスタマイズシュミレータで自分好みに自由自在に作成可能。 全品20%OFF以上の特別サービス!!
戦術を鍛えろ!練習方法や指導方法に的を絞った実技・解説のDVD。


--/--/-- --:-- | スポンサー広告  

週刊カルチョ ~セリエA第5節~







ローマ 2 - 0 ヴェローナ

75'
アレッサンドロ・フロレンツィ
86'
マッティア・デストロ


負傷者が相次ぐ中、またも完勝したローマが開幕5連勝とした。

新戦力が完全に馴染み始めているローマ。

次節はユヴェントスとの早すぎる天王山が待っている。

ヴェローナは攻撃的なチームなため、アウェーで強豪相手なら勝ち点0は何も問題ない。







アタランタ 0 - 3 ユヴェントス

35'
カルロス・テベス
59'
カルロス・テベス
83'
アルバロ・モラタ


またしてもテベスの大活躍により、ユヴェンントスも開幕5連勝。

全く危なげない試合で、完璧な安定感を誇る横綱相撲は昨シーズンと変わらない。

ビダルも復帰し、モラタもコンディションが整ってきて、いよいよ盤石となってきた。







サッスオーロ 0 - 1 ナポリ

28'
ホセ・カジェホン


完璧なまでに機能していないチーム同士の対戦はナポリがなんとか勝利。

両チームとも監督交代が望まれる。







チェゼーナ 1 - 1 ミラン

10'
ダヴィデ・スッチ

19'
アディル・ラミ


アッビアーティのとんでもないミスからのアンラッキーなゴール、退場者と少し不運な形でドローとなってしまったミラン。

しかし、トーレスをFWで使いメネズをサイドに回してから、機能していないのも事実であり、守備が個人として不味いのも隠せない事実である。

両方ともメンバーの問題であり、まだ実験の段階でもあるため、このままピッポが良い判断をするなら何も問題はない。

ただし、選択を誤るなら、低調なシーズンにもなるため、ピッポの真価が問われるところである。









キエーヴォ 1 - 1 エンポリ

50'
リッカルド・メッジョリーニ

59'
マヌエル・プッチャレッリ


エンポリはドローが続く。なんとか残留したいところだが、やはりメンバーは苦しい。

キエーヴォは、ここは勝ちたいところだった。





インテル 1 - 4 カリアリ

18'
パブロ・オズバルド


10'
マルコ・サウ
29'
アルビン・エクダル
34'
アルビン・エクダル
44'
アルビン・エクダル


長友の最悪のミスから失点、しかも前半の内に退場と、完全に戦犯となったキャプテン。

右WBで使うマッツァーリが一番悪いのだが。

パラシオがやっとコンディションが上がってきて、オズワルドもフィットしてきて、中盤も良くなってきたが、あとはマッツァーリのWBの人選である。

カリアリは嬉しい初勝利。

エクダルがこぼれ球を押し込み続け、ハットトリックを達成した。

ゼーマンサッカーらしい試合で見事な勝利をした。

ゼーマンサッカーにより、エクダル、サウ、イバルボは鍵となるし、大きい成長が期待できる。






トリノ 1 - 1 フィオレンティーナ

62'
ファビオ・クアリャレッラ


78'
コウマ・ババカル


低調な調子が続く両チームの対戦はドローとなった。

しかし、トリノはフォーメーション変更など、模索し始めてきたため、復調も近いかもしれない。

ただし、ELがある以上、去年のような躍進は不可能である。

フィオレンティーナは最悪な状況が続く。

負傷者が非常に多いが、なんとかやりくりしているし、良い人選やフォーメーション・戦術はしている。

しかし、根本的にメンバーが足りない為、かなり厳しい戦いが続くだろう。






ジェノア 0 - 1 サンプドリア

75'
マノーロ・ガッビアディーニ


もはや完全に第2グループの地位を築き始めたサンプドリアがジェノヴァダービーを制した。

安定した戦いを見せているし、地力があるため、このまま安定した戦いが続けられるサンプドリアは早くもEL圏内が射程圏内となったと見て何の問題もない。

現在4位。

ジェノアは、早くピニージャを諦めることからスタートしなければいけない。









ウディネーゼ 4 - 2 パルマ

28'
アントニオ・ディ・ナターレ
45'
アントニオ・ディ・ナターレ
58'
トーマス・ウルトー
84'
シリル・テロー

27'
ホセ・マウリ
45'+4
アントニオ・カッサーノ(PK)


好調のウディネーゼが最悪のパルマを下し、3位をキープ。

カウンターからディ・ナターレが見事なボレーで2得点を奪い、さらにはウルトーが素晴らしいオーバーヘッドで3点目を奪った。

3ゴールとも素晴らしいスーパーゴールであった。

最後にはテレオが駄目押しゴールを決めた。

ここ2試合はグイドリンの代名詞であった352から、4231等の4バックに変えて見事に結果を出しているストラマッチョーニ。

マンネリ化していて、メンバーも首をかしげる選考となってしまい、攻撃に閉そく感があったグイドリン体制末期から見事に脱却して見せた。

パルマは相変わらずの最低の守備。

4年前からずっと言っているが、早くドナドーニを解任しよう。







パレルモ 0 - 4 ラツィオ

45'
フィリップ・ジョルジェヴィッチ
75'
フィリップ・ジョルジェヴィッチ
83'
フィリップ・ジョルジェヴィッチ
90'+2
マルコ・パローロ


ジョルジェヴィッチの見事なハットトリックでラツィオが完勝した。

パレルモは最後の局面で緩い守備を見せてしまい、崩れてしまった。

ラツィオはFW不足が著しいが、ジョルジェヴィッチがこのままフィットできるならば、それも少しは解決する。

パレルモは厳しい戦いが続きそうである。



関連記事



サイト繁栄のために1日1クリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ
サイト繁栄のために1日1クリックお願いします

サイト繁栄のために1日1クリックお願いします


サッカーのユニフォーム作成。便利な簡単カスタマイズシュミレータで自分好みに自由自在に作成可能。 全品20%OFF以上の特別サービス!!
戦術を鍛えろ!練習方法や指導方法に的を絞った実技・解説のDVD。


2014/09/30 10:30 | セリエA 試合速報COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。