スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



サイト繁栄のために1日1クリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ
サイト繁栄のために1日1クリックお願いします

サイト繁栄のために1日1クリックお願いします


サッカーのユニフォーム作成。便利な簡単カスタマイズシュミレータで自分好みに自由自在に作成可能。 全品20%OFF以上の特別サービス!!
戦術を鍛えろ!練習方法や指導方法に的を絞った実技・解説のDVD。


--/--/-- --:-- | スポンサー広告  

PKランキング





セリエAの17年 間のシーズンで、 ペナルティキック を最も獲得した チームは、日本代 表MF本田圭佑が所 属するミランであ ることが判明し た。カルチャー誌 『ワイアード』のイタリア版が報じてい る。

5日に行われた、セリエA第6節ユヴェン トス対ローマの一戦では、両チーム合わ せ3本のPKが与えられ、ローマのリュ ディ・ガルシア監督を始め、選手、 ジェームズ・パロッタ会長などがユヴェ ントスに有利な判定が行われたとして、 不満を露わにしていた。

9日付のイタリア紙『コッリエレ・デッ ロ・スポルト』のインタビューに応え た、サッスオーロ所属のDFパオロ・カン ナヴァーロは「残念ながら、ユーヴェが 審判のミスで得た勝ち点で首位にいるこ とを数字が物語っている。僕の意見では なく、事実を言っている」などとコメン トし、ユヴェントスが審判から有利な判 定を得ているのではないかと、推測して いる。

そんな中『ワイアード』誌は、セリエA の強豪6チームが1997−98シーズンから今 シーズンまでのリーグ戦、過去17年間 で、実際に獲得したPK数、献上したPK数 を調べ、その数字の差をランキング化 し、どこが一番PKで“得”をしているかを 示した。

1位になったのはミランで、590試合を 戦い144本を獲得、58本を与え、その差 は86本となった。続いて2位ローマが589 試合中123本を獲得、83本を献上、差は 40本であった。この時点で1位ミランと2 位ローマに46本もの差が存在し、PKにお いてはミランが一番“得”をしているよう だ。

ちなみにユヴェントスは594試合中100 本を獲得、61本を献上、差は39本の3位 タイとなった。獲得した本数としては6 チーム中もっとも少ない数字となり、PK においてはユヴェントスが一概に有利な 判定を受けているとは言えなそうだ。

一方、その差が最も少なかったのは日 本代表DF長友佑都が所属するインテル で、590試合中105本を獲得、87本を献 上、18本差であった。インテルは6チーム 中最もPKを与えたチームになってしまっ た。

セリエA通算PK数ランキングの詳細は 以下の通り

順位 チーム名 試合数 獲得数 献 上数 差

1位 ミラン 590試合 144本 58本 86本


2位 ローマ 589試合 123本 83本 40本

3位 ユヴェントス 594試合 100本 61本 39本

3位 ナポリ 614試合 115本 76本 39本

5位 ラツィオ 589試合 107本 80本 27本

6位 インテル 590試合 105本 87本 18本

ーSOCCER KINGー




これはPKで得したランキングであり、判定によって得したランキングではない。

どうせ調べるなら、取り消されたゴール数や、不審なゴール数であり、このランキングでは何の意味もない。

PK獲得数、PKを与えた数はチームのスタイルによって違うため、ミランやローマがPKで得をしているのは当たり前なのである。

例えば、ミランはカカーはPK奪取の名人であり、チーム自体もポゼッションで押し込むサッカー、つまりは相手のエリア内でプレーする機会が多いし、自陣エリア内でプレーする機会は少ない。

ローマも同じである。


関連記事



サイト繁栄のために1日1クリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ
サイト繁栄のために1日1クリックお願いします

サイト繁栄のために1日1クリックお願いします


サッカーのユニフォーム作成。便利な簡単カスタマイズシュミレータで自分好みに自由自在に作成可能。 全品20%OFF以上の特別サービス!!
戦術を鍛えろ!練習方法や指導方法に的を絞った実技・解説のDVD。


2014/10/11 13:10 | 最新ニュースCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。