スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



サイト繁栄のために1日1クリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ
サイト繁栄のために1日1クリックお願いします

サイト繁栄のために1日1クリックお願いします


サッカーのユニフォーム作成。便利な簡単カスタマイズシュミレータで自分好みに自由自在に作成可能。 全品20%OFF以上の特別サービス!!
戦術を鍛えろ!練習方法や指導方法に的を絞った実技・解説のDVD。


--/--/-- --:-- | スポンサー広告  

組織の核








組織の核







#編集は2011/2月。





「組織の核」を決めているチームは強い。

絶対的に組織の「軸」になる選手を決めて、その選手を「軸」に組織を構築する。

これは、イタリアのチームが良くやる組織の作り方です。

一番良い例は、2006のW杯のトッティ。

あれは、完全にトッティを「軸」にした(依存した)チームだった。

依存は悪いことじゃない。

良いことじゃないですか。どのチームも強いですよ。というか、どのチームも依存している選手はいるし、依存しない限り、その「組織」は強くありません。

依存すること、「組織の核」は絶対に必要です。

それで、トッティの話に戻ると、これは、何も2006だけじゃない。

アッズーリは、2000年から、ずっと一貫してトッティを「軸」にしていた。

トッティがいないと何もできないチームでした。

しかし、強い。

2000も2002も2004も2006も最強チームでした。(2002は本当なら優勝できていた。2004はトッティが出場停止。)

大怪我をしたトッティを無理やり2006に連れて行ったのはそのためです。

リッピはトッティを「軸」にしていたのだから。

トッティ以外の選手で守り、トッティにボールを渡し、そこから他の選手が動き、そしてトッティがパスする。全てはトッティによって決まる。

だから、トッティが完璧なまでに抑えられたフランス戦は、あんなに苦しみました。マケレレとヴィエラではさむのは卑怯です(笑)





皆さんの分かる、もっと分かりやすいチームを出しましょうか。

今回の日本代表です。

「軸」は本田。

全て本田に任せていました。

本田がキープし、本田がパスを出す。

全ては本田です。

彼が、数的不利でも、狭い所でもキープしてくれる。そして、必殺パス。もしくは今はダメだと戻す。

そこに行くまでのコントロールは遠藤ですけどね。本田がトッティ、遠藤がピルロです。

これは、2006のアッズーリに非常に似ている戦術でした。強いですよ、あれは。

多少こじつけて当てはめると、
トーニ前田
トッティ本田
カモラネージ香川
ペロッタ岡崎
デ・ロッシ長谷部
ピルロ遠藤

みたいな。とりあえず「役割」は大体同じです。大体。「役割」です。配置とかで突っ込まないでください。

この日本のシステムを可能にしたのが、本田。MVPも当然本田です。

数字や見た目以上に、チームへの貢献がすさまじいですよ、彼は。「組織の核」でしたからね。

今回の日本代表は、全てを取っても、イタリア式でした。素晴らしかったですね。

一つだけ付けくわえておくと、SBは明らかに内田(神。SBは1対1とクロスだけじゃない。)のほうが良かったですよ、と。あと川島は別にすごくなかったですよ、と。PKは良かったけど。

一つじゃなくて二つ目も付け加えると、「采配」「采配」うるさいけど、「戦術」を見る気はないのか、と。ザックの行った素晴らしい「戦術」(就任してから含めて)。オーストラリアの「戦術」や、それに対抗するためにザックが取ったラインを下げる「采配」とか気付こうよ、と。目に見える選手交代だけが「采配」じゃないよ、と。

日本のマスコミ(解説者とか雑誌含めて)は本当にレベル低い。彼らのレベル低いから、観戦者とかまでレベル低くなるんだよ、と。とりあえず、海外リーグも含めて全試合の解説を名波さんと健太にしよう。松木さんはサポーター枠で必要ですけどね(笑)

さぁ、今日は毒吐きまくる日です。某BLOG(ここじゃないですよ)見て、マジで腹が立ったので。




話を戻します。

この、「軸」のはっきりしているチーム、つまり、「組織の核」がある、「組織の核」を活かせているチームは強い。

逆に、「組織の核」がない、または、「組織の核」がハッキリしないチームは強くない。

CL優勝の時のユナイテッド。(ロナウド)

2年前のリヴァプール。(ジェラード)

インビンシブルの時のアーセナル。(ヴィエラ)

少し前までのチェルシー。(ドログバ)

去年のインテル。(スナイデル)

バルサ。(メッシ)

今のミラン。(アンブロジーニ)

一昔前のミラン。(カカー)

最近以外のローマ。(トッティ)

去年までのサンプドリア。(カッサーノ)

トッティのいたアッズーリ。(トッティ)

ジダンのいたフランス。(ジダン)

2010W杯までのブラジル(カカー)

去年のバイエルン(ロッベン)

まぁ、分かりやすい一部です。








お気づきですか?

「組織の核」が抜けた、もしくは機能しなくなったチームは強くない。または、「組織の核」がいないチーム、はっきりしないチームは強くない。

いかに「組織の核」の選手を活かすか。それが全てです。

私はこの前の記事で、戦術すら変えてしまう選手をフェノメノと言いましたが、大体はこれらの選手を「組織の核」にします。

彼らを「組織の核」にして、そこから組織を変えます。だから、戦術を変えてしまう選手、フェノメノって呼ばれるんですけどね。






さっき言った、「組織の核」が抜けた、もしくは機能しなくなったチームは強くない。または、「組織の核」がいないチーム、はっきりしないチームは強くない。
じゃあ、これの例示も行きます。



リヴァプールは、アロンソが抜けて、「核」であるジェラードが活きなくなったため。

アーセナルには「核」がいなくなったため。今は誰も「核」にしていない。だからあまり強くない。セスク絶好調の時は良かった。彼が「核」だったし、フラミニがその「核」を活かしていた。

チェルシーは「核」であるドログバの怪我や不調。

ユナイテッドは見事。即座にルーニーを「核」にした。しかし、今シーズンはまさかのルーニー低調。それでも勝つファギーはすごい。

今年の(ベニテス)インテルは、「核」だったスナイデルを扱い切れなかったため。

バルサはメッシになんの問題もないからずっと強い。

去年のミランはカカーが抜けたから。その前は、カカーを活かすFW(シェフチェンコ)がいなくなって、「核」が機能しなくなったから。

今年のサンプは「核」であるカッサーノがいなくなったから。

今のユーヴェには「核」がいないから。

アッズーリは「核」であるトッティがいなくなったから。2008も2010も「核」がいなかった。

フランスは「核」であったジダンが抜けたから。

W杯のブラジルは「核」のカカーが不調だったため。

今年のバイエルンは「核」のロッベンが怪我してたため。

アトレティコには「核」がいない。はっきりしてない。

マドリーは、「核」をロナウドにしたいんだろうけど、エジルが「核」になっちゃってるから、なんか微妙な感じに。
【FW等の、「味付け」(後で詳しく説明します。)もひどいですしね。まぁ、モウリーニョだし、なんとかするでしょう。
マドリーは、伝統的に「組織の核」になるような選手(フェノメノ)を何人も取るからそういうことになるんですよ。「組織の核」は一人です。だから、良い組織が構築できないんですよ。
「組織の核」の融合なんて夢物語です。その夢物語を追い続けるから、マドリーは良いんだ、ってのがあるのでしょうが。】



その他のプレミアやリーガの弱いチームや、セリエの一部チームも「核」がいない、もしくは「核」を活かせていない。

これらのチームは軒並み弱い。組織が上手く機能していません。








「組織の軸」になる、「組織の核」は絶対に必要です。

それを選ぶのも監督。それをどう活かすかも監督です。

これによって、やるサッカーが完全に変ります。「組織の核」が変ったのに、やるサッカーを変えない監督は、はっきり言ってダメ監督です。

「組織の核」を「味付け」によって活かせない監督もダメ監督です。

だから、これを活かす術を知っている、イタリア人監督が優秀なんです。イタリアには「依存」のサッカー文化がありますしね。

「依存」?だから?みたいな感じで、特定の選手にあからさまに依存しますからね。

イタリア人監督は、選手を見てから「選手本位」の組織を作るから、強いんです。

自分の戦術を押し付ける監督はろくな監督じゃないです。いっぱいいますが(イタリアにも)、例はあえてあげませんけどね。

モウリーニョとか、これがめちゃくちゃ上手いですね。彼はすごいイタリア的な監督です。

プレミアやリーガのチームは、とにかく強い選手をかき集めれば強い。イタリアのチームは一人のカンピオーネと監督さえいれば強い。

組織の構成力の違いを如実に表してますね。

まぁ、これが圧倒的な戦術のレベルの違いでもあります。かき集めすぎだから、今はプレミアやリーガの方が強いんですけどね。

すごいキツく言うと、「選手が選手を」活かしてるだけです。決して、「組織で選手を」活かしていません。

“一部のチームを除いて”です。だから、リーガやプレミアは一部のチームしか見れません。というか、つまらなすぎて見れない。

特にプレミア。無理です。金さえあれば(選手をかき集めれば)強いって信じられません。あくまで、これも一部を除いてですよ。チェルシーとかは金だけじゃないですしね。問題は他のチームです。

リーガは守備組織がアレなだけで、組織自体は良いチームが多いから、個人的趣味ですが。

私は素晴らしい選手が見たいわけじゃないんです。

素晴らしい戦術、組織によって活かされる素晴らしい選手が見たいんです。だから、私はカルチョを見る。

一回セリエA見てみてください。

ろくでもない選手の集まりであるチームがめちゃくちゃ強いですよ。監督、そして監督が作る組織によってです。

キエーヴォとかウディネーゼとかナポリ(ナポリは良い選手多いけど、それでもあそこまでの順位のチームじゃない)とか典型です。セリエAは監督、つまり組織だけで勝てます。

監督だけで、降格するようなチームかEL権・CL権を獲得するチームにまで変っちゃうんです。

それだけ組織がすごい。












話変ります。

ちなみに、先日も上げた、「何もさせない」CB(ネスタとラノッキア)ってのは、「核」なんて関係なしに、チームを激的に変えてしまう、化け物です。

まとめると、というかもう一度言うと、「組織の核」が機能しなくなると、弱くなる。いかに「組織の核」の選手を活かすか。それが全てです。

強いチームってのは、必ずこの「組織の核」がいます。また、活かしています。

その他の選手は、言っちゃえば皆、「味付け」です。別に誰でも良い。良い選手であるに越したことはないですけどね。その「味付け」の選手達が、「組織の中」で「組織の核」の選手を活かすんですからね。

つまり、最も重要なのは、「組織の核」の選手です。

この選手が離脱してしまうと、そのチームは全く機能しなくなります。

しかし、「組織の核」は絶対に作らなければ、その組織は強くない。

大変ですね。

まぁ、これは仕方がないこと。離脱したらあきらめるしかない。

離脱したら、監督の腕の見せ所です。

なんとか組織を変えなければいけません。急造組織ですね。離脱から戻ってくるまでの。

これもまたイタリア人監督は上手い。選手を見てから組織を作りますからね。

イブラをチームの1ピースとして扱える監督が存在しますからね。

この「急造組織」には監督の戦術の幅が試されます。




「組織の核」ってのは、絶対に必要です。つまり、「依存」することは絶対に必要です。アーセナルやユーヴェは、前者はそれをパスワーク、後者はハードワーク(守備)で、なんとかしようとしているチームですね。伝統的に。まぁ、だから微妙な強さの時がかなりあるんですが。ジダン(昔のデル・ピエロ)やヴィエラ(調子良かったセスク)がいた時は(依存していた時は)絶対的な強さでしたからね。




「依存」しないことは不可能です。なぜなら、「組織の核」を作らなければ、その組織は強くないのだから。







しかし、「組織の核」を毎試合変えるありえないチームが存在します。












Calico Udinese。






フランチェスコ・グイドリンです。





異端な監督、異端なチームがそこに存在する。



次回に乞うご期待。


















格好良い感じで締めたけど、めちゃくちゃ主観の入った内容です。(笑)
焼くなり煮るなりなんなりとどうぞ。

関連記事



サイト繁栄のために1日1クリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ
サイト繁栄のために1日1クリックお願いします

サイト繁栄のために1日1クリックお願いします


サッカーのユニフォーム作成。便利な簡単カスタマイズシュミレータで自分好みに自由自在に作成可能。 全品20%OFF以上の特別サービス!!
戦術を鍛えろ!練習方法や指導方法に的を絞った実技・解説のDVD。


2014/12/30 09:46 | 過去記事COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。