スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



サイト繁栄のために1日1クリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ
サイト繁栄のために1日1クリックお願いします

サイト繁栄のために1日1クリックお願いします


サッカーのユニフォーム作成。便利な簡単カスタマイズシュミレータで自分好みに自由自在に作成可能。 全品20%OFF以上の特別サービス!!
戦術を鍛えろ!練習方法や指導方法に的を絞った実技・解説のDVD。


--/--/-- --:-- | スポンサー広告  

セッテ・ソレッレ




*編集は2010年




セッテ・ソレッレ:直訳すると七姉妹。いわゆるビッグセブン。イタリアの90年代から2000年代初頭のミラン、ユーヴェ、インテル、ローマ、ラツィオ、フィオレンティーナ、パルマのことを指す。
出典:広辞苑




あらかじめ言っておきますが、セッテ・ソレッレの話ではございません。

まず、プレミア、セリエ、リーガのそれぞれのファンが言うことが、「自分のリーグは中堅が強い。下位も強い。」

まぁ、自分の応援してるリーグが好きですからね。

私もセリエの魅力は中堅・下位(今年は下3,4つは弱い)の強さだと思いますし。

すごい個人的な見解ですが、客観的にみるとこんな感じだと思います。


○広義のビッグチーム
優勝を狙えるクラブ(開幕時点の予想で10%ぐらいは優勝の確率があるチーム)
プレミア:ユナイテッド、チェルシー、アーセナル、トッテナム、シティ、リヴァプール
セリエ:インテル、ミラン、ユーヴェ、ローマ
リーガ:マドリー、バルサ

○狭義のビッグチーム
優勝争いに加われるクラブ(ここ数年実際に加わったクラブ)
プレミア:ユナイテッド、チェルシー、アーセナル、リヴァプール
セリエ:インテル、ミラン、ユーヴェ、ローマ
リーガ:マドリー、バルサ

○中堅
優勝争いするクラブに高確率で「黒星」を付けることが計算できるチーム
プレミア:トッテナム、シティ、ヴィラ、エヴァートン
セリエ:ラツィオ、パレルモ、ナポリ、フィオレンティーナ、サンプドリア、ジェノア
リーガ:なし



ほんとに私的な見解ですけどね。

このデータ(?)から分かることは、
プレミアは上位陣が強い。
セリエは中堅が強い。
リーガは2強が相当強い。

リーガはあれですね、私はスーペルデポルやラファバレンシアの時代がすごい好きでした。

だからと言って2強時代がおもしろくないわけじゃない。

あの2チームが飛びぬけてるだけですからね。



要は、セリエが最も均衡してるリーグだと。中堅や下位が1番強いと。セッテ・ソレッレの時は「7強」でしたしね。

プレミアも相当強いと思いますけどね。

リーガはちょっと・・・ですね。2強から勝ち点1すら取れませんからね。

では、ここからはセリエの弁解。笑

まずこういう話になって必ず出されるのが、EL(UEFA CUP)の話。

セリエの中堅結果出してないじゃん、と。弱いじゃん、と。

はい、そうです。ELでめちゃくちゃ弱いです。

なぜか?やる気ないからです。笑

ほんとにビックリするぐらいやる気ないですよ。

だってかなり強かったミランやローマ、ジェノア、サンプ、パレルモとかが早期に敗退してますからね。

今年も例外なく、かなり強いユーヴェとパレルモ、サンプが早期敗退です。ナポリはあと1試合で2位と勝ち点差2の3位です。最後はホームで直接対決。たしかに、ナポリだけはある程度まじめにやってくれていた印象ですね。やはりターンオーバーしてましたけど。


なぜか?完全なるリーグ優先思考ですね。

一昔前まではCLですらスクデットより価値ない的な考えでしたからね。

セリエのチームは完全にふざけたターンオーバー採用します。

他のリーグはリーグで休ませてELで本気メンバーとかですよね。大会の進み具合にもよるでしょうが。セリエも3年前?のフィオは途中からはガチで行きましたからね。ただ、それはリーグがどうでもいい感じの順位だったからだと思います。たしか。しかも、ガチで行ったのは途中から。

大体のチームが主力温存でサブとかプリマの選手普通に使ってきますよ。コッパほどじゃないですけど。

コッパなんかプリマの選手を大量に見れますからね。やる気ないにもほどがあります。

つまり、イタリア人の思考が、CL以外のトーナメントはどうでも良いってことです。



また、やっぱりカップ戦に力使うとリーグがボロボロになるってこともありますね。

他のリーグもボロボロになる場合もありますが、セリエほどじゃないし、ヨーロッパのカップ戦のほうが優先って感じですよね。

セリエの中堅はELで勝ち進むと、残留争いに巻き込まれるほどリーグに支障出るんですよ。

残留争いまでは行かなくても、次の年のカップ戦出場権は無理ですね。

今までの歴史がそう示してます。

強いんですよ。他のチーム。下位も。

強いというか、確実に勝ち点削ってきますからね。

例えば、CLでも勝ち進んだらスクデットとか確実に無理ですよ。2冠は黄金期ミラン(94年)とグランデインテル(60年代)、3冠は去年のインテルだけです。

その他(プレミア、リーガ、ブンデス、リーグアン、エールデヴィジ等)とは全く異質なんですね。カルチョは2足のわらじが無理なリーグなんです。

ELがんばりたいけど、がんばったら確実に次の年のEL出場権(もしくはCL出場権)は取れない。だからELがんばるのやめよう、って感じです。

なんだこの負の連鎖(笑)

リーグポイント稼いでほしい私としては、ほんとにがんばってほしいんですけどね。

でもどこのチームもリーグ優先ですからね。

選手や監督・オーナーの話からもリーグ優先なのは明らかです。

だからヨーロッパのカップ戦優先のブンデスに抜かれそうなんですよ。

正直、順位通りにガチの総当たり戦でもやったら確実にセリエがボコボコにできますよ。ブンデスを。

だってインテルvsバイエルン、ローマvsシャルケ、ミランvsブレーメン、ユーヴェvsレヴァークーゼンとかですよ?負けるわけない。

中堅たちは本気出せばELも取れますよ。パレルモ、ナポリ、フィオ、サンプ(今年で言うとユーヴェ、ナポリ、サンプ、パレルモ)辺りは他のリーグみたいにちゃんとやれば優勝できる力あります。最低でもどっかはベスト4にはいける力があります。


でも、結果がね・・・

しかし、昔は勝ってたじゃん、と。そうです。勝ってました。セッテ・ソレッレの頃ですね。

じゃあ単に弱くなっただけでは?違います。

たしかに、あの頃よりは弱くなりましたよ。でも、あの時とは全く事情が違う。まずチーム数が違いますからね。あの頃は18チームです。カップ戦がんばってもそこまで過密日程にならない。選手層もばかみたいに厚かったし(ターンオーバー全盛期です)。

そして、大体セッテ・ソレッレのどっかは中途半端な順位(スクデットは無理ぽだけどCL出場権は確実とか、CL出場権は無理ぽだけどUEFA杯出場権確実みたいな)にいましたからね。そりゃがんばる。他にないから。





まとめると、チームとして勝ち進む気がないってことです。
負けていいよって感じです。
他のリーグとはまるでやる気が違うんです。
これはもう国民性?ですかね。
イタリア人はやる気ない時ほんとにやる気ないですからね。
親善試合とか鬼のように弱い。

とにかくUEFAランキング3位の座は死守ですね。もう、無理ぽですけどね。

ほんとにELがんばってほしいんだけどなぁ・・・




*編集は2010年


確かに中堅や下位が単純に強いのはプレミアかもしれない。

下位や中堅でも相当お金があるからである。

ただ、勝ち点をいかに削れるか、ということを考えたら、明らかにセリエAが一番困難なリーグである。

モウリーニョやベニテスも、「セリエAは下位でも気が抜けない」、「下手したら負ける」、「(優勝争いでは)プレミアでは1チームがライバル、セリエAは全てのチームがライバル」、「最も難しいリーグ」、などと語っている。

今年もミランはリーグでは低迷しているが、CLはトーナメントに行けた。

アッレグリやベニテスは「ヨーロッパでは上手くいくが、セリエAは守備を固めてくるため難しい。」と語っている。

他国でも下位チームは上位チームには守備を固めるのが普通である。

そこで差が現れる。

戦術、守備で言えば間違いなくセリエAは世界一で、下位チームでも崩すのは難しい。

そして、カウンターでやられるのである。

ジャイアントキリングが非常に多いリーグ。

弱いチームが戦術だけで強いチームを薙ぎ倒していく。

それがセリエAの面白さで醍醐味である。

皆さんも是非セリエAを御覧になってみてください。


ちなみに今セリエAの強豪はユヴェントス、ミラン、インテルの北のビッグ3、ローマ、フィオレンティーナ、ナポリの6強。

そこにウディネーゼが去年まで加わっていて、ちょうどセッテソレッレの再現の7強であった。

本当はここにラツィオとパルマも加わるのだが、監督が。。。

カルチョバブル崩壊後、力を失っていた、ラツィオ、パルマ、フィオレンティーナ、ナポリが復活し、カルチョスキャンダルからユヴェントスも帰ってきた。

まだユヴェントスが抜けているが、紛れもなく戦国時代になりつつある。
関連記事



サイト繁栄のために1日1クリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ
サイト繁栄のために1日1クリックお願いします

サイト繁栄のために1日1クリックお願いします


サッカーのユニフォーム作成。便利な簡単カスタマイズシュミレータで自分好みに自由自在に作成可能。 全品20%OFF以上の特別サービス!!
戦術を鍛えろ!練習方法や指導方法に的を絞った実技・解説のDVD。


2013/12/19 19:46 | 過去記事COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。