スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



サイト繁栄のために1日1クリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ
サイト繁栄のために1日1クリックお願いします

サイト繁栄のために1日1クリックお願いします


サッカーのユニフォーム作成。便利な簡単カスタマイズシュミレータで自分好みに自由自在に作成可能。 全品20%OFF以上の特別サービス!!
戦術を鍛えろ!練習方法や指導方法に的を絞った実技・解説のDVD。


--/--/-- --:-- | スポンサー広告  

フィオレンティーナ 評価



セリエAは前半戦が終了し、ウィンターブレイクに入った。

そこで、各チームの前半戦までの評価をしたいと思う。

星★5が最高点。



フィオレンティーナ
順位:4位
勝ち点33
攻撃:★★★▲☆(3.5)
守備:★★★▲☆(3.5)
監督:★★★★★

長所:堅実に勝ち点を稼げる。大崩れはない。

短所:相性が悪い、崩せない試合・相手は崩せなく、負けや引き分けになる。それが打開できない。
カウンターの鋭い相手には特に弱い。また、アウェーでもあまり強くない。

改善ポイント:カウンターをもっと鋭くする、押し込めてない時(押し込まれているとき)の守備をもう少し整備する。


ベストプレイヤー:ジュゼッペ・ロッシ

得点ランキングトップの14得点。

ゴメスがいなく、あまり良いとは言えなかった攻撃陣を一人で引っ張った。

ただ、クアドラードが完全に復帰して、433を多用し始めてからは、チームとしても良くなった。




○概要

どのフォーメーションだろうが、中盤のバレーロを中心としたパス回しでボールを運び、ロッシ、クアドラードの個人技で最後を崩して仕留める。

守備はプレスで奪う。奪えなかったらリトリート。


ゴメスが離脱する前は、基本的には352、しかしゴメスが離脱してFWがロッシしかいなくなると、343、352、4312、433、4231など、とにかく試合ごとに戦術やメンバーやフォーメーションを変えていった。

毎回変えていたら、駄目なように思われるが、モンテッラの場合は、全てが機能していた。

ただし、中盤でのボール運びは上手くいくが、攻撃の最後は迫力が足らず、ロッシしかエリア付近にいないことも多くあった。

ゴメスの復帰が待望されたが、再び離脱。

しかし、クアドラードとバルガスを両翼にする433にしてからは、安定した戦いを見せられるようになった。

ただ、CBの関係上、3バックの時よりは守備は良くはない。

後半戦は、352でロッシとゴメスの2トップにするか、433でロッシ、ゴメス、クアドラードで組むかになるのではないだろうか。

ちなみに、モンテッラは3年連続で序盤3バック、中盤から433としている。

おそらく今年もこれから433が多くなるのではないだろうか。




○補強ポイント

CB、FWが必要である。

CBも悪くはないのだが、やはりゴンサロ以外は少し小粒感は否めない。

FWは単純に層が薄すぎるから。

あとは、できればGKも欲しい所である。

ただ、モンテッラの唯一の弱点でもある、補強があまり良くない、という部分もあり、冬に即戦力を獲得するかどうかは微妙なところである。(特にCBに関しては、あまり無頓着。上手いCBというのは要求しているだろうが。)
関連記事



サイト繁栄のために1日1クリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ
サイト繁栄のために1日1クリックお願いします

サイト繁栄のために1日1クリックお願いします


サッカーのユニフォーム作成。便利な簡単カスタマイズシュミレータで自分好みに自由自在に作成可能。 全品20%OFF以上の特別サービス!!
戦術を鍛えろ!練習方法や指導方法に的を絞った実技・解説のDVD。


2013/12/27 09:47 | クラブチームデータCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。