スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



サイト繁栄のために1日1クリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ
サイト繁栄のために1日1クリックお願いします

サイト繁栄のために1日1クリックお願いします


サッカーのユニフォーム作成。便利な簡単カスタマイズシュミレータで自分好みに自由自在に作成可能。 全品20%OFF以上の特別サービス!!
戦術を鍛えろ!練習方法や指導方法に的を絞った実技・解説のDVD。


--/--/-- --:-- | スポンサー広告  

ASローマ解体新書 -監督編-





*編集は10月


それでは、最後にルディ・ガルシア監督について。

まずは、分かりやすいように、かつての監督名鑑のやつ引っ張ってきました。







○ルディ・ガルシア
年齢:49
国籍:フランス
前所属:リール
攻撃組織★★★★★
守備組織★★★★★
采配ーー★★★★★
育成ーー★★★★★
選手起用★★★★☆
人望ーー★★★★★★
経験ーー★★★★☆
総合ーー★★★★★
特殊能力:流動的な前線、堅固なブロック
欠点:1年目だし、今の所目には付かない。

*注:育成は若手選手の使い方の上手さや、(若手でもなんでも)選手を成長させるのが上手いかです。若手とは限りません。
*注:采配は、試合中の(選手交代も含めた)戦術修正。
*注:特殊能力とかかっこつけてますが、要は得意な戦術です。笑



リールを率いて、リーグ制覇、国内カップ制覇という快挙を成し遂げた。

そして、今年、イタリアの地で伝説となろうとしている。

間違いなく、現在ヨーロッパで一番美しいサッカーを披露しているし、仮にチャンピオンズリーグに出ていたら、圧倒的な優勝候補だろう(日程による怪我やコンディションを無視するならば。考慮したら少し厳しい。)。

そんなチームを就任1年目から築きあげた、最高の監督である。

超破壊的な攻撃、圧倒的な守備、優れた采配、戦術の虫、最高の人身掌握術。





現在、コンテ、グイドリン、マッツァーリ、モンテッラと並んで、セリエA最高の監督となっている。

今後とか実績とか無視するなら、ただいま絶賛NO.1。

その下にプランデッリ、ピオリ、スパレッティ辺りが。

もう少し下辺りに、カペッロ、マンチーニ、ラニエリ、デリオ・ロッシ辺りが。

もはや、アッレグリの評価は地に落ちた。

あとは、リッピが中国で凄い。

あの外国人3人にリッピは、アジアじゃ卑怯すぎる。

レッズやレイソルがボコられたが、少しだけ嬉しさがあった不思議。

やはり、イタリア人監督は本当にずば抜けている。



さて、ガルシアについて一つずつ説明していこう。


1.流動的な攻撃

ジェルビーニョ、フロレンツィ、トッティ、リャイッチと、自分の戦術に当てはめながらも、選手の特徴を活かすことも、その両方を行っている。

出るメンバー、相手、状況によって、戦術も選手の使い方も変えている。

つまり、素晴しい組織を作れるし、柔軟な采配と選手起用が出来ているということである。

ここまで、この両方のことを行えている監督は、中々お目にかかれない。

世界的にも、現在これ(自分の戦術を体現し、しかも選手の特徴も活かす。)が出来ている、出来る監督は数えるぐらいしかいない。





2.堅固な守備

ベナティアを4バックで見事に使いこなし、カスタンの使い方も上手く、デ・ロッシ、ストロートマンにも完璧な仕事をさせている。

ライン作り、ディレイかプレスか、ポジショニング、選手の使い方、相手の特徴を抑えた守備、全てが完璧。

リールでも信じられないくらいの堅守を築いていただけある。ちなみに攻撃もリーグ・アンで一番だった。




3.優れた采配

若手も使うし、選手の使い方が上手い。

一人たりとも使い方を間違っていない。

選手の「組み合わせ」が非常によく、「分かっている」監督である。

攻撃のところで説明したとおり、簡単なようで、中々実践できている監督はかなり少ない。

試合中の采配、選手起用、選手の育て方、選手への指示、戦術修正、全てが素晴しい。

組織作り、戦術もかなり素晴しいが、彼の元で育った無名選手達は、アザール、ジェルビーニョ、ムサ・ソウ、ミシェウ・バストス、ラミ、カバイェ等々、枚挙に暇がない。

身体能力の高いアフリカ系の選手を使いこなすのが上手い。もちろん、リールというのもあるが。

今年のローマでの組織作りや、選手の使い方を見る限り、どんな選手の使い方も上手い。

例えば、ジェルビーニョ(スピード)、ストロートマン(頭とテク)、トッティ(頭とテク)、カスタン(頭)、ベナティア(身体能力)、デ・ロッシ(テクと守備)等、様々なタイプの選手たちを見事に使いこなしている。

今年も、彼のおかげで復活、成長した選手達は、マイコン、ベナティア、デ・ロッシ、ジェルビーニョとなっている。

勿論、トッティやストロートマン、リャイッチ、カスタンも活き活きとしている。





4.戦術の虫

相手をひたすらにDVDで研究しているらしい。

日に8時間とか。

相手への対策、相手の弱点を突く、その戦術指導、試合中の修正・指示、全てが完璧、プラン通り。

「わざと後半に得点している」と言った時はびっくりしたが(もちろん冗談。)、本当にわざとなのである。

コメントの端々から、人柄の良さ、頭のよさが窺い知れる。

アッレグリにも見習って欲しいぐらいである。

1年目だけだった。

どうしたら失点しないか、どうやったら得点できるか、どのようにすれば試合に勝てるか、それを知っているし、実際に体現できている。

「机上の空論」をそのまま実践してくれているし、私がかなり好きなタイプの、「機能」させられるし「勝てる」し、「知っている」監督。




5.人身掌握

やんちゃで、自分勝手で、気まぐれで、情熱的で、短気。

そして、ボスがいる。

世界的に見ても、かなりのレベルで監督泣かせのチーム。

それがASローマ。

かのスパレッティやカペッロでも内部崩壊し、ラニエリやゼーマンは瞬殺であった。

そのチームを完璧にまとめている。

選手からは不満が出てこないどころか、絶賛の声しかあがらない。

トッティ、デ・ロッシがここまで褒めちぎる監督は早々いない。

トッティが本心で褒めたのは、リッピとマッツォーネ(人柄に対して)ぐらいである。

デ・ロッシは聞いたことがない。

それは、ガルシアの実力に対しても勿論そうだが、何よりも人柄に対してである。

ガルシアが監督じゃなければ、デ・ロッシとピヤニッチは確実に移籍し、ストロートマン、ジェルビーニョがくることも98%なかった。

彼は、就任して早々にデ・ロッシを直接口説きに行き、ストロートマンも絶対に補強しろ、と命令して直接口説き落とし、ジェルビーニョも同じ。ピヤニッチは知らないけど、たぶん。

また、サンクティス、マイコン、ベナティアもフロントの力と半々だろう。

フロントもかなり優秀だが、やはりガルシアの力は相当大きい。

非常に誠実で、熱心で、研究家で、戦術家で、天才なのである。

オズワルド、ラメラ、マルキーニョス、ゴイゴエチェア、ピリスと、使いどころのない、もしくは過大評価の不良債権も、しっかりと見極めて放出している。

フロント関係の仕事も、コンテやモウリーニョ並に良いのである。

まだ一年目だから早計かも知れないが。











Q1:現在、世界最高の代表監督は?

A1:フェリポン、デルボスケで良いんじゃね。(てきとー)




Q2:現在、世界最高の監督は?

A1:モウリーニョ、ペップ、グイドリン。即答だよ。ただ、旬を入れ、ただいま現在なら、ガルシア一択。コンテ、モンテッラも良いけど、モンテッラは補強面、コンテは「好み」がかなり入ってきたから少し落ちるかな。



まだ1年目だから、この評価は確定ではないが、リールで良かったことも考えれば、このくらいの評価で良いだろう。

とにかく現時点では世界でもトップクラス。






さぁ、イタリアの王子、ローマの王子、いや王様に、今一度王冠を、盾を掲げさせてあげてください。


あなたたちは強い。イタリア1強い。ヨーロッパ、世界で一番美しい。

魅せてくれ。

老貴婦人を蹴散らしてくれ。

13年ぶりの栄冠は指先まで来ている。

二つのアフリカの矢、イタリアの若王子、オランダの巨頭頭脳、ボスニアとセルビアの二人のジュニオ、サッカー王国の2人、金狼、世界最高のGK、そして王子様がついている。

率いるのは、ルディ・ガルシア。

フランス人。49歳。


There is a will. There is a way!

Dreams come true!!
































トッティ。。。。

怪我。。。。







*編集は10月


トッティが離脱し、少し醜態を見せた。

しかし、トッティがあまりにも偉大すぎるだけで、仕方ない面もある。

トッティがいなくとも、もう少しできると思っていただけに残念ではある。

トッティが再び離脱しないことを願おう。
関連記事



サイト繁栄のために1日1クリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ
サイト繁栄のために1日1クリックお願いします

サイト繁栄のために1日1クリックお願いします


サッカーのユニフォーム作成。便利な簡単カスタマイズシュミレータで自分好みに自由自在に作成可能。 全品20%OFF以上の特別サービス!!
戦術を鍛えろ!練習方法や指導方法に的を絞った実技・解説のDVD。


2013/12/28 21:47 | コラムCOMMENT(2)TRACKBACK(0)  

コメント

subject

 少し怖さすら覚えるほどのチーム掌握能力ですよね。無論補強に積極的になり始めたフロントの努力も称えられて然るべきだと思いますが、それにしても素晴らしい成績と内容のサッカーをしていると思います。

No:20 2013/12/28 23:44 | トム #- URL編集 ]


Re: subject


トムさん

フロントも頑張りましたよね。
ローマは素晴らしいんですが、ユヴェントスがさらに凄いですからねー。
ローマにはこれからも頑張ってほしいですね。

No:21 2013/12/29 23:03 | カハ編集員 #CrS0LqOg URL編集 ]




管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。