スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



サイト繁栄のために1日1クリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ
サイト繁栄のために1日1クリックお願いします

サイト繁栄のために1日1クリックお願いします


サッカーのユニフォーム作成。便利な簡単カスタマイズシュミレータで自分好みに自由自在に作成可能。 全品20%OFF以上の特別サービス!!
戦術を鍛えろ!練習方法や指導方法に的を絞った実技・解説のDVD。


--/--/-- --:-- | スポンサー広告  

セリエA月間賞




calcio3.png




*編集は10月





9月のセリエA月間MVPと月間ベストイレブンと月間優秀監督。

パフッパフッパフッ。







さっそくいってみよーかどー。








月間ベストイレブン


GK1
DF4
MF3
FW3
でいきます。

最初がベストイレブン、()書きの人が次点です。

○GK

バルディ
バルディは、リヴォルノで獅子奮迅の活躍を見せ、昇格組みのリヴォルノを軌道に乗せることに成功。

(ハンダノヴィッチ)
ハンダノヴィッチは、インテルの堅守に貢献。

サンクティス、ラファエウも有力候補だったが、この二人を選出。







○CB

ベナティア
ローマの堅守に貢献。4バックへの適応に多少不安もあったが、なんのその。圧倒的な対人戦と、ライン取りと空中戦で、見事な活躍を見せた。

ラノッキア
インテルの堅守を演出して見せている。やっと本来の彼が戻ってきた。というかストラマッチョーニが酷すぎた。

(カスタン)
ローマの堅守に貢献。非常に地味だが、かなり素晴らしい貢献をした。

(カンパニャーロ)
圧倒的な対人戦と、ゲーム作りで貢献。教え子だけあり、マッツァーリの戦術を完璧に体現している。


ここまで、バルディ以外、インテルとローマ。

堅守を披露した2チームから多くなるのは必然か。

ボヌッチ、ゴンサロ、エメルソン(リヴォルノ)、チェッケリーニ(リヴォルノ)も候補。




○SB

マイコン
圧倒的な攻撃力と守備。首位のローマにとって不可欠な存在。ゲーム作りにおいて甚大な貢献をしている。

ジョナタン
サイド攻撃が全てのマッツァーリの戦術を見事に体現。インテルの攻撃の中核になっている。

(バルツァレッティ)
マイコンよりは地味だが、攻守において絶大な貢献。

(リヒトシュタイナー)
今年も元気に走り回ります。

他にも、長友、スニガ、ヴルサリコ(ジェノア)、ダンブロージオ(トリノ)は候補。



○MF

カンビアッソ
インテルで守備でも攻撃でも重要な役割を担っている。戦術のキーマンがサイドなら、カンビアッソはチームの心臓。彼がチームの屋台骨を支えている。

ストロートマン
ローマの堅守に貢献。高い戦術理解度で、チームのバランスを取っている。

ビダル
走り回り、ゴールも決め、攻守で馬車馬のように活躍。

(デ・ロッシ)
守備面での貢献が大きい。今年は、戦術のおかげもあり、安定している。

(ボルハ・バレーロ)
ピサロ不在が多い中、フィオレンティーナの中盤で獅子奮迅の活躍。様々なフォーメーションにも適応し、チームの中心選手であることを証明して見せた。ただ、個人としては良くても、チームへの貢献が良かったわけではない。そこはモンテッラも悪い。

(A・ルーチ)
リヴォルノで攻守に貢献。守備に駆けずり回る、10番でテクニシャンだ。


他にも、ハムシク、インレル、ポーリ、アンブロジーニ、ビアジャンティ(リヴォルノ)、グレーコ(リヴォルノ)は候補。

インレルはチームの守備が不安定だったこともあり、候補止まりに。

ポーリは不甲斐ないチームで一人気を吐く唯一の良心。

フィオは、アンブロジーニもかなり良いけど、ピサロが偉大すぎてチームががらりと変わるから、ピサロは絶対に必要という問題がある。




○アタッカー

トッティ
文句なしの出来。彼がチームの全て。ガルシアの戦術を見事なまでに体現。ガルシアは彼がいて非常に幸運だった。

イグアイン
ナポリの攻撃を牽引。ナポリの他のメンバーや戦術とも合わさり、これは卑怯だ。

テベス
早くもユーヴェの攻撃の核に。無難に最高の活躍を見せた。

(リッキー・アルバレス)
インテルの前線で孤軍奮闘。彼がいなければ攻撃が成り立たないほどの貢献。素晴らしいキープ力、パス、守備を見せてくれている。

(ジュゼッペ・ロッシ)
ヨヴェティッチの抜けた悲しみを彼が吹き飛ばした。新たなアイドルの誕生である。彼の復活は嬉しい限りである。ただ、ゴメスという相棒が離脱し、物理的にFWがロッシだけとなってしまったため、これからがチームにとってもロッシにとっても正念場。

(ジェルビーニョ)
ローマで素晴らしい活躍を見せる。彼がいることにより、カウンターが何倍もの破壊力に。

他にも、パラシオ、リャイッチ、パンデフ、ディアマンティ、チェルチ(トリノ)、パウリーニョ(リヴォルノ)は候補。






続いて、月間優秀監督の表彰に移ります。








最優秀賞は、、、








ルディ・ガルシア

ぱぱぱーん。

おめっとー。



説明の必要なし。文句なしの受賞。後半にしか得点しないのも、「わざとだよ」と、言い放つ名将。


禁止のベンチでの携帯や、退席処分、インタビューもウェットに富んでいて、非常に面白い監督だということも見せ付けてくれた。

試合を見ても、インタビューを聞いても、非常に賢く、高度な戦術眼を持っている知将であり、これからも楽しみである。









次点

ワルテル・マッツァーリ
ダヴィデ・ニコラ(リヴォルノ)












さぁーーーーー。

それではいよいよ月間MVPの発表だよん。






どぅぅぅるるるるるるるるる。




みんなも考えてね。







ベストイレブンには入ってないよ。





大体分かるでしょ。








そんな君はカルチョマニアだ。












どぅるるるるるるる。






ぱっぱぱーーーん。









03.jpg



ホセ・マリア・カジェホン




高度な戦術理解度を持ち、ベニテスの戦術を完璧に理解し、実践して見せた。

気の利いたポジショニング、パス、ランニング。

素晴らしい戦術眼と判断力を持っている。

また、圧倒的な走力。

素晴らしい決定力。

献身的で、見事な守備。

その上、テクニックもずば抜けているのだから、卑怯にもほどがある。

圧倒的にディマリアよりよくね?という。(あくまでセリエA。私のディ・マリアの評価はめちゃくちゃ高いので悪しからず。)

GKのレイナを除き、イグアインだろうがインレルだろうがCBだろうが容赦なくターンオーバーする中、流石のベニテスもカジェホンだけは外さなかった、外せなかった。

それだけ超重要選手ということである。



マドリーブランドにハズレはないことをまた今年も全世界に証明。

イグアイン、カジェホン、アルビオルと全員が素晴らしい活躍。

トッティとカンビアッソとも3秒ぐらい悩んだが、やはり個人的にはカジェホンが圧倒的だった。






月間最悪バケツ賞はダントツでペリン。

一瞬でも良いから彼をネクスト・ブッフォンと言った、思った記者とかファンはブッフォンに百回ぐらい土下座しないといけない。

ジェノアもチーム状況が良くなってきているが、彼のせいで失った勝ち点はやばすぎる。

元々勝ち点をあまり取れないジェノアの中、彼一人で潜在勝ち点-20は固い。

伸び代もあまりないから、速やかに変えましょう、リヴェラーニさん。






ではでは。

今後も週間カルチョをごひいきに!

まいど!

関連記事



サイト繁栄のために1日1クリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ
サイト繁栄のために1日1クリックお願いします

サイト繁栄のために1日1クリックお願いします


サッカーのユニフォーム作成。便利な簡単カスタマイズシュミレータで自分好みに自由自在に作成可能。 全品20%OFF以上の特別サービス!!
戦術を鍛えろ!練習方法や指導方法に的を絞った実技・解説のDVD。


2013/12/30 11:26 | コラムCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。