スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



サイト繁栄のために1日1クリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ
サイト繁栄のために1日1クリックお願いします

サイト繁栄のために1日1クリックお願いします


サッカーのユニフォーム作成。便利な簡単カスタマイズシュミレータで自分好みに自由自在に作成可能。 全品20%OFF以上の特別サービス!!
戦術を鍛えろ!練習方法や指導方法に的を絞った実技・解説のDVD。


--/--/-- --:-- | スポンサー広告  

ヴェローナvsローマ -犬を喰らう狼-【最速更新】





*これは、試合をLIVEで見ながらそのまま思ったこと、予想される展開、実際の展開を分析しながら解説するものである。

*誤字脱字だったり、テキトーなことを言ってハズレても笑って許しましょう。


セリエA第21節
ヴェローナvsローマ
in:マルク・アントニオ・ベンティゴーディ


ヴェローナスタメン
4141
ラファエウ
Aゴンサレス、Rマルケス、マイエッタ、カッチャトーレ
ドナーティ
ロムロ、ハルフレッドソン
イトゥルベ、ファニート・ゴメス
トーニ

ヴェローナはワイドに開いた個人技のあるイトゥルベ(メッシ2世。レベルは置いておいて昔のメッシそのまま。セリエ屈指のドリブラー。)とファニート(テクニシャンのWG。)の逆足コンビがドリブルし、中盤が飛び出して崩す、中心にはトーニのポストプレーという戦術だが、ビッグクラブ相手だと押し込まれて4141になるため、攻撃があまり機能しなくなるという弱点がある。

足が速い選手はおらず、スピードに乗ったカウンターができないからである。

ローマは現在セリエAで最も押し込むチームなため、今回も引いて守ってひたすら押し込まれるというパターンだろう。


ローマスタメン
433
サンクティス
マイコン、ベナティア、カスタン、トロシディス
デロッシ
ナインゴラン、ストロートマン
ジェルビーニョ、リャイッチ
デストロ

トッティはベンチでお休み。




○前半

○0~15分

ローマが持つ展開。

ヴェローナは4141で思いっきり引いてローラインブロック。

前述の展開がそのまま。

ひたすらローマボール。

また、ヴェローナがホームということもあり、ヴェローナがいつもよりは持とうとするため、それを奪ったショートカウンターも散見されるようになってきた。

ヴェローナもドン引きしているだけあって、今のところあまり両チームにチャンスはない。

ローマは引いた相手も崩せてカウンターでも絶対的なトッティの投入が待たれる。

ヴェローナは流石に持ちすぎだから、もう少しカウンターをしたほうが良い。

ただ、攻撃を終わらせる悪魔の男、ドナーティがいるから厳しいが。。。





○15~30分

ローマは、
ショートカウンター→前線のポストがいないため、パスミスになる。
ポゼッション→ドン引きのヴェローナ相手にはデストロとジェルビーニョはあまり良くない。

ということで、どちらもしょっぱいものに。

デストロとジェルビーニョのポストが動きも足元で貰ってからも酷すぎる。

まぁ、デストロとジェルビーニョは一発があるし、トッティも投入予定だろうから、ローマ優勢に変わりはない。

しかし、デストロとジェルビーニョがひたすらポストを失敗するから、ヴェローナにもけっこう持たれる展開になってきた。

しかし、ジョルジーニョがおらず、DFラインと中盤にクオリティがなく、ボールを運べないヴェローナにはローマのハイラインハイプレスは効果抜群であり、ヴェローナは全く前にボールを運べない。

つまり、今のところ両チーム手詰まり。

ただし、前述通りローマには一発があるし、ローマはカウンターではなければボールを運べているから、点を取るならローマ。

ヴェローナもイトゥルベまでなんとかボールを運べれば、いつものビッグクラブ戦よりは持ててるため、得意の形になるから、なんとか攻撃になる。

この手詰まりの試合を変えられる、ヴェローナはマルチーニョ、ローマはトッティが入ってからが本番か。





○30~45分

再びひたすらローマのターン。

ただ、やはり前線の受け所がなく、中盤から前にボールが行かない。

マイコンの個人技だけが頼り。
ヴェローナはイトゥルベがより中でプレーするようになり、ボールを運び始めたため、ボールは運べるように。

ただ、ローマはプレスだけでなくブロックも最強であるのが不幸。

これにより、ローマはショートカウンターができなくなり、逆にポスト失敗でロストがなくなったため、ひたすらローマのターン、しかし前線が受けられない、という両チームカウンターなしの遅い試合に。


ローマはマイコンが持った時以外何もない、というトッティ離脱時と同じ状況に。

ヴェローナもせっかくボールを運べるようになったのだから、いつものようにトーニへのクロスを上げまくれば良いのだが、今日はローマの高さを考えてか、ほとんどクロスを上げない。

勿体ない。

試合はずっとこのように、ぬるぬるで続く。

そんな中の前半ロスタイム、ジョルジーニョの裏抜けからの折り返しをリャイッチが決める。0ー1

ジェルビーニョの一発がここで来た。

トッティ離脱時と今が違うのは、例えトッティがいなくとも、このジェルビーニョとデストロという一発がある選手が2人いることであり、攻撃でなんの貢献もないフロレンツィが出なければいけない状態がなくなったことである。

トッティ、リャイッチ、デストロが復帰はかなり大きいのである。

そういうわけで、決して内容が良いとは言えなかったローマが先制して前半は終了。

ヴェローナはマルチーニョ投入、ローマは先制したからこのままでも良いが、やはりトッティは欲しい。

ヴェローナはかなり厳しい展開である。





ローマの勝ち決定なため、前半で視聴終了。

たぶんローマ勝ちでしょう。

結果は後日、もしくはご自分でお願い致します。


追記
1ー3でローマの勝ち。

これでユーヴェとは勝ち点差6に。

ヴェローナ未だに上位だが、元から厳しかったが、ジョルジーニョが抜けてEL圏内フィニッシュはかなり厳しくなった。
関連記事



サイト繁栄のために1日1クリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ
サイト繁栄のために1日1クリックお願いします

サイト繁栄のために1日1クリックお願いします


サッカーのユニフォーム作成。便利な簡単カスタマイズシュミレータで自分好みに自由自在に作成可能。 全品20%OFF以上の特別サービス!!
戦術を鍛えろ!練習方法や指導方法に的を絞った実技・解説のDVD。


2014/01/26 22:35 | ピックアップマッチCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。