スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



サイト繁栄のために1日1クリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ
サイト繁栄のために1日1クリックお願いします

サイト繁栄のために1日1クリックお願いします


サッカーのユニフォーム作成。便利な簡単カスタマイズシュミレータで自分好みに自由自在に作成可能。 全品20%OFF以上の特別サービス!!
戦術を鍛えろ!練習方法や指導方法に的を絞った実技・解説のDVD。


--/--/-- --:-- | スポンサー広告  

リカルド・モントリーヴォ





ミランMFリッカル ド・モントリー ヴォは、クラレン ス・セードルフ監 督の就任でクラブ が新しい時代に突 入することを予感 しているようだ。

ミランは12日、サッスオーロ戦で3−4 と敗戦した後、マッシミリアーノ・アッ レグリ前監督を解任した。後任指揮官に セードルフ監督を招へいしている。

セードルフ監督就任後、リーグ戦では2 連勝中のミラン。モントリーヴォは、新 監督が到着してからの変化を感じ取って いる。

「セードルフがチームを率いるように なって、新しい時代が始まったばかり。 すべてが順調に進んで行くことを願って いるよ。選手層は厚く競争的だ。クラレ ンスのインパクトは、素晴らしかったん じゃないかな。僕たちは、より上位に進 出したいと思っている」

「リーグ戦では問題を抱えてしまった。 だけど、チャンピオンズリーグでは本当 にうまくやれている。ベスト16に残 り、次はアトレティコ・マドリーとの対 戦だ。そこでもうまくやりたい」

ーGoal.comー




モントリーヴォは、現在高いパフォーマンスを見せている。

セードルフ効果である。

モントリーヴォは、パス自体は上手いが、パスの判断やタイミングが最悪で、ひたすらに攻撃を遅らせる選手であった。

ロングボールもなく、縦パスもない、ただひたすらボールをコネコネしてサイドバックに横パス、というのが今シーズンの今までと去年の一時期を除き、そしてフィオレンティーナラスト3、4年の彼だった。

そして守備も最悪(最近はまずまず、戦術による)、運動量もあるわけではなく、前線にも飛び出せない、得点力もない、スピード、フィジカルが足りない、という最低最悪の過大評価選手であった。

攻守においてチームを機能させなくする名人であったのである。

しかし、それは意識次第なのである。

デビュー数年の若い時は、チャレンジのパスは出すし、ガンガン前に飛び出すし、とにかく動き回る素晴らしい選手であった。

しかし、フィオレンティーナで数年がたつと(2007か2008くらいから?)今の最低最悪のプレースタイルとなった。

ただパスが上手いだけでレジスタになれるわけではなく、レジスタとはチームを動かせる選手、つまり長短のパスを操れ、パスの判断とタイミングが良い選手でなくてはいけない。

むしろ、単純にパスが上手くなくても、後者の能力があればレジスタは務まる。

モントリーヴォは簡単に言えばビビりで、能力はあるのに縦パスやロングボールを使わなかった選手。

フィオレンティーナ時代も良い時期は良かったし、ミランでもバロテッリが来てパスコースが増えて(指示もあっただろう)去年数試合良かった。(アンカーの位置では及第点。)

アッズーリでも同じ、幸い中盤が豊富なこともあり、プランデッリはほぼトップ下でしか使っていない。(CHで使った試合は最悪な試合がほとんど。少し指示するだけで良いのだが、プランデッリはフィオレンティーナ時代に彼を駄目にした張本人。)


つまり、監督がしっかりと指示をしてあげて(早く離せ、前でもらえ、縦パスを入れなさい。)、パスコースも確保できる戦術ならば、とても良い選手になるのである。

パスが上手く、単純な視野もまずまず、テクニックもあるからである。

本当に勿体ない選手だったし、一人でチームを終わらせてた選手だったが、セードルフになって変わる。

デヨングとのツーボランチで4231は相性がかなり良いし(後ろにいても良い、前に気がねなく行ける、前に行かなければいけない、パスコースが多い。)、モントリーヴォは生き生きとしている。

アッレグリ時代の4321の右CHはそのどの要素もなく、最悪だった。

まず右で使う意味が分からないし、デヨングとムンタリが相棒ってどうやってボールを運ぶんだ、と。


セードルフの4231はロビーニョもちゃんと使っているし、現状ベストである。

あとは本田のフィットとカカーがコンディションを戻す、バロテッリがもう少し慣れてくれる、守備組織(もしくはラミがフィット)をもう少し良くすれば、最高のものとなる。

全てが最悪だったアッレグリ時代よりは現時点で大分良い。

選手選考と戦術が間違っていないからである。

モントリーヴォにはこのまま成長していってもらいたいし、セードルフもモントリーヴォのプレースタイルが戻らないように注意してもらいたい。

そうすれば、モントリーヴォはワールドクラスの仲間入りとなれる。
関連記事



サイト繁栄のために1日1クリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ
サイト繁栄のために1日1クリックお願いします

サイト繁栄のために1日1クリックお願いします


サッカーのユニフォーム作成。便利な簡単カスタマイズシュミレータで自分好みに自由自在に作成可能。 全品20%OFF以上の特別サービス!!
戦術を鍛えろ!練習方法や指導方法に的を絞った実技・解説のDVD。


2014/01/29 22:47 | 選手名鑑COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。