スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



サイト繁栄のために1日1クリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ
サイト繁栄のために1日1クリックお願いします

サイト繁栄のために1日1クリックお願いします


サッカーのユニフォーム作成。便利な簡単カスタマイズシュミレータで自分好みに自由自在に作成可能。 全品20%OFF以上の特別サービス!!
戦術を鍛えろ!練習方法や指導方法に的を絞った実技・解説のDVD。


--/--/-- --:-- | スポンサー広告  

トリノvsボローニャ




カウンターの強いトリノと、同じくカウンターが得意のボローニャの対戦。

さらに、ボローニャはディアマンティがいなくなったことにより、ビアンキのポストプレーからの飛び出しという良いチームになっていくだろう。

カウンター、選手がドンドン飛び出す素早い攻撃、ロングボールを落として飛び出し、ということができるようになったボローニャ。

ディアマンティ様様である。



試合開始直後から、ボローニャがプレスをしていたため、逆にトリノがカウンターで切り裂く。

5分、カウンターからインモービレが見事に決めた。

しかし、ここからトリノの悪い癖である、ホームだとグダグダのポゼッションをし始める。

トリノの脆弱なDF陣(ポゼッションをしたら。引いていれば強い。 )相手なら、ボローニャのカウンターがトリノを優るため、今度はボローニャがカウンターで優勢に。

さらに、ボローニャにはカウンターが潰れても、ビアンキ(高い、強い。上手さもあるポストプレーヤー。ロングボールのポストプレーは絶品。)が潰れてクリスタルド(エース。速く、ドリブルが上手く、ゴールへの嗅覚も鋭い。飛び出しやこぼれ球を押し込む、ドリブルに特徴がある。かなり良い選手。)が押し込むという強い武器がある。

ディアマンティがいたらできないことなので、やはり戦術的に考えたらいなくなって良かった。

11分、その黄金パターンで、ビアンキが潰れてクリスタルドが押し込む。同点。

トリノのDF陣は、高さや強さ、ポジショニングが良いため、引いたら強いが、スピードがなく、1対1にかなり弱いため、ポゼッションしてカウンターを受けると、かなり弱い。

中盤が全く繋げなく、ツートップもカウンター専門の選手なのだから、ポゼッションをする意味は皆無なのだが、ホームだとひたすらに無意味なポゼッションを繰り返すトリノ。

クルティッチ(高さ、強さ、足元の上手さ、両足を使える。貰いかたも良く、素晴らしいリンクマン。)が入ったことにより、(この試合はベンチスタート。)多少はマシになるだろうが、やはりあのポゼッションはしてはいけない。

完全にトリノが持つが、ただのDF陣のパス練習。

ボローニャがカウンターで引き裂きまくる。

24分、クルヒン(パスが上手いボランチ。)のミドルをパデッリ(相当レベルの低いGK。)が最悪のファンブル、クリスタルドが決める。1ー2。


後半に入っても同じ展開。

トリノはバシャ、クルティッチ、ラロンドと早々に攻撃のカードを切り、343にもするが、あまり変わらず。

逆にカウンターでボローニャが攻める。

クリスタルドが完全にドリブルで無双する。

試合はトリノの最後のパワープレーも実らず、ボローニャが逃げ切った。



トリノはアウェーや強いチーム相手で、カウンターをする時はかなり強いのだが、ホームであまり強くない相手とやる時は最悪である。

完全なカウンターにならなくても速い攻撃をすれば強いのだから、理解に苦しむ。

ただ、かなり強いチームだからこのまま中位はキープできるだろう。

ボローニャは、ディアマンティがいなくなったことにより、戦術の幅が広がるし、戦術自体良くなるし、クリスタルドとビアンキを使えるし、このまま残留に向かう可能性は高い。

元々降格するような戦力ではない。
関連記事



サイト繁栄のために1日1クリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ
サイト繁栄のために1日1クリックお願いします

サイト繁栄のために1日1クリックお願いします


サッカーのユニフォーム作成。便利な簡単カスタマイズシュミレータで自分好みに自由自在に作成可能。 全品20%OFF以上の特別サービス!!
戦術を鍛えろ!練習方法や指導方法に的を絞った実技・解説のDVD。


2014/02/11 10:44 | ピックアップマッチCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。