スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



サイト繁栄のために1日1クリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ
サイト繁栄のために1日1クリックお願いします

サイト繁栄のために1日1クリックお願いします


サッカーのユニフォーム作成。便利な簡単カスタマイズシュミレータで自分好みに自由自在に作成可能。 全品20%OFF以上の特別サービス!!
戦術を鍛えろ!練習方法や指導方法に的を絞った実技・解説のDVD。


--/--/-- --:-- | スポンサー広告  

審判操作








バルセロナは18 日、チャンピオン ズリーグ決勝トー ナメント1回戦 ファーストレグで マンチェスター・ シティと対戦し、 敵地で2−0と勝 利した。ヘラル ド・マルティーノ監督は、先制点となっ たPKの判定が騒がれたことについて、バ ルサに不利な判定もあったと指摘してい る。

バルサは54分、FWリオネル・メッシが DFマルティン・デミチェリスに倒されて PKを獲得。これをメッシが自ら沈めて先 制すると、さらにデミチェリスの一発退 場で数的アドバンテージも手にする。1 0人のシティを相手に、バルサは終盤に D・アウベスが加点し、2点差でホームで のセカンドレグを迎えられることとなっ た。

デミチェリスのメッシに対するファウル はペナルティーエリアの外だったと指摘 する声に対し、マルティーノ監督は試合 後の会見で次のように話している。スペ イン『アス』が伝えた。

「メッシが(倒されたのが)エリアの外 だったかもしれないと言われた。だが、 セスク(・ファブレガス)がオンサイド だったのに我々の得点が取り消された場 面があったのも事実だ。私は審判につい て話さない。少なくとも、なるべく話さ ないようにする。どうしようもないから だ。私はチームに満足している。そし て、改善すべき点に集中しているよ」

また、マルティーノ監督はパフォーマン スへの満足感を表している。

「シティはボールを持つことをプランの 土台としている。だが、彼らは我々より もっとダイレクトでもあるんだ。だか ら、彼らからボールを奪えば大きいと分 かっていた。前後半に10分間、あまり 良いプレーができない時間帯があった が、それを除けば試合をコントロールし たと思う」

ーGoal.comー









現地時間18日に 行なわれたチャン ピオンズリーグ (以下CL)・決勝 トーナメント1回 戦ファーストレグ で、ホームでバル セロナ(スペイ ン)に0対2で敗 れたマンチェス ターC(イングランド)。同クラブのマ ヌエル・ペリェグリーニ監督は試合後、 この試合を担当した主審のジャッジに不 満を表し、「主審が試合を決めた」と痛 烈に批判した。ロイター通信が報じてい る。

得意のホームにバルサを迎えたマンC だったが、この日は0対2で黒星。大き なターニングポイントとなったのはスコ アレスで迎えた53分だった。スルーパス に抜け出したバルサFWリオネル・メッシ に対し、マンCのDFマルティン・デミ チェリスは後ろからのスライディングで 倒し、ヨナス・エリクソン主審はデミ チェリスにレッドカードを提示するとと もにPKを宣告。決定機阻止による退場は 妥当だったが、ファウルがあった位置は エリア外だったようにも見えた。

試合後の記者会見で、ペリェグリーニ 監督は「試合が終了した時、私は彼(エ リクソン主審)に、“自分が試合を決める ことができてとても満足しているだろ う”と言ったよ。あのPKが与えられるま で、バルセロナに得点機はなかった」 と、怒りをあらわにした。

同監督はさらに「審判は公平ではな かったし、試合をまったくコントロール できていなかった。こんな大事な試合 に、スウェーデンの審判を担当させるの はいいアイディアではないと私は思う」 「最初のミスは(FWヘスス・)ナバスに 対するファウルがあったのにPKが与えら れなかったことだ。そしてPKではない シーンでPKを与える決断を下した。それ だけではない。彼は初めからミスを犯し 続けていた。そのせいで、この試合を分 析することは非常に困難だ」と、エリク ソン主審を批判している。

ペリェグリーニ監督はまた、エリクソ ン主審は2012年のCL準々決勝、ミラン (イタリア)対バルサの試合でもミス ジャッジがあったとし、「過去にバルセ ロナの試合でミスを犯している主審を、 この試合で担当させたのは間違いだと思 う」と語り、「もう一度言いたい。今日 は審判が試合を決めた」と、不満を抑え 切れない様子だった。


ーISMー




審判操作・・・八百長かどうか、賄賂を渡したかどうか、圧力をかけたかどうかなどは関係なく、自分達に有利な審判を選定するように政治的な圧力をかけたり、勝手にかかること。また、そのチームがビッグクラブなために審判が精神的な圧力を受けて、一方に有利な判定をしてしまうということも多々ある。直接的に審判に圧力をかけるわけではないため、取り締まるのが厳しく、おそらく世界中で蔓延している。

ー珍賞書房ー



デミチェリスの退場は妥当であろう。

決定機阻止であり、ボールに全く当たっていない。

ただ、確かにPKかどうかは怪しいし、退場までさせたならPKの判定は厳しく思われる。

さらに、メッシは明らかに自分から当たりに行っているが、これはメッシが巧妙だったため、気付かなくても責任はあまりないだろう。

デミチェリスが不用意すぎたし、遅すぎた。




セスクのほうは微妙であるが、確かにオンサイド。

しかし、それも退場の後や点が入った後であり、それを言い出すのは少し釣り合わなく思われる。

2012年のミラン戦も明らかに不当、わざととしか思えない判定でミランから勝ち抜けがすり抜けた。

ペジェグリーニの言うように、いくらなんでもあの審判を再びバルセロナ戦で使うのは、やりすぎである。

ちなみに2006年もミランは明らかに不当な判定でバルセロナに破れている。

2006年から毎年のように、ひたすらに続くバルセロナ優遇のふざけた誤審はいつまで続くのだろうか?

審判操作があるかないかは置いておいて、バルセロナ戦を判定する審判にバルセロナファンが異常に多いことは確かである。





しかし、忘れてはいけないことがあり、この試合においては、ミラン戦やアーセナル戦と違い、シティはバルセロナに遠く及んでいなく、敗退に追い込むことはおそらくできていなかったということである。


デミチェリス、ナバス、コラロフ、ネグレド、ハート、選手選考がまずおかしい。

アグエロがいない時点でかなり厳しいが、せめてジェコを使おう。

2失点目や、得点にはならずとも他にもあり、ハートはお粗末であった。

また、「いつも通りやる」??????であった。

だが、ミランやインテル式の「メッシから奪ってカウンターしてやろうぜ」の守備は素晴らしかった。

そのあとの攻撃がネグレド、ナバス、コラロフのアタッカー陣によってカウンターと呼べる代物ではなかったが。。。

メッシの不調はいつまで続くのだろうか。

それとも、もう全く走らない選手になってしまったのだろうか。

後者なら非常に残念である。

関連記事



サイト繁栄のために1日1クリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ
サイト繁栄のために1日1クリックお願いします

サイト繁栄のために1日1クリックお願いします


サッカーのユニフォーム作成。便利な簡単カスタマイズシュミレータで自分好みに自由自在に作成可能。 全品20%OFF以上の特別サービス!!
戦術を鍛えろ!練習方法や指導方法に的を絞った実技・解説のDVD。


2014/02/19 12:35 | コラムCOMMENT(2)TRACKBACK(0)  

コメント

私もセリエAのファンなので、国際大会での判定にはいつも不愉快な思いをさせられます…やたら審判を取り囲む例のクラブの選手にも。

ただ巧妙にファールをもらったり、政治的かはともかく試合中も含め審判に圧力かけるのもスペイン人らしい上手さと言われればそうかもしれません…

が、バルサ戦でいつも対戦相手が煮え湯を飲まされる今の状況は正常とは言えないですよね。何とかバルサファンでない審判をつける方法はないのでしょうか笑

No:51 2014/02/19 13:07 | ヒポクラテス #cfI9jxjQ URL [ 編集 ]


Re:


ヒポクラテスさん

流石に毎年のように、しかも試合を決定づける所か敗退寸前だったのを逆転させるような、さらにさらにわざととしか思えないような判定が出るのではやってられないですよね。

前にも誤審(?)をした審判を平気で使って、また有利な判定をする、ということがバルセロナ戦は今まで何回もありましたからねー。
問題になった審判は流石にそのチームの試合で使っちゃ駄目でしょう。

ただ、難しい問題ですよね。
プラティニが辞めれば解決するんじゃないですかね。笑

No:52 2014/02/20 07:10 | カハ編集員 #CrS0LqOg URL編集 ]




管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。