スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



サイト繁栄のために1日1クリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ
サイト繁栄のために1日1クリックお願いします

サイト繁栄のために1日1クリックお願いします


サッカーのユニフォーム作成。便利な簡単カスタマイズシュミレータで自分好みに自由自在に作成可能。 全品20%OFF以上の特別サービス!!
戦術を鍛えろ!練習方法や指導方法に的を絞った実技・解説のDVD。


--/--/-- --:-- | スポンサー広告  

新境地を開けるか ーカウンターを磨くためにー




コメントにて、ポーリが攻撃的な位置(トップ下やサイド。)に合っている選手だと思っていましたか?という趣旨の質問があったので、それへの返答です。

長くなったため、こちらで。




いやー、ポーリは全く思ってませんでしたよ笑
正確には、基本的には今でも適しているとは思いません。

まず、トップ下やサイドに適した選手じゃないですし、かつてトップ下をやった時も酷かったですし。サイドは言うまでもなく。

元々、ペロッタやフロレンツィ等がポーリと同じような選手ではありますが、ポーリはよりリンクマンに近いし、ペロッタやフロレンツィのような飛び出しや得点力はない選手です。一番近いのはマルキージオですが、彼もトップ下には適していません。

そのペロッタやフロレンツィですらトップ下は適していないわけですから(ペロッタは特別。0トップでパサーのトッティ、ドリブラーのマンシーニとタッディがいたため、また、ピサーロとデロッシが二人でゲームを作れたため、飛び出しだけやっていれば良かった。ドリブルでの崩しもゲームメイクもラストパスも受け所になることも要らなかった。)、飛び出しや得点力で劣るポーリなら尚更です。

しかし、そのペロッタと同じで、今のミランにはその時と同じような状況、つまりパスやドリブルや受け所やラストパスを担保してくれるバロテッリ、カカー、ターラブ(ロビーニョ)がいます。また、デヨングやモントリーヴォもデロッシ、ピサーロには遠く及ばないものの、います。(そのこと、つまりゲームメイクがあまり良くないことを考えても、ペロッタよりリンクマンに近いポーリがいることでバランスを取れる。)

要するに、
4231
トッティ(バロテッリ)
マンシーニ(カカー)、ペロッタ(ポーリ)、タッディ(ターラブ)
ピサーロ(モントリーヴォ)、デヨング(デロッシ)

という、0トップローマと同じようなことができるわけです。

まぁ、トッティの所とピサーロの所がやばすぎますが、そこはポーリの受けられる能力と、DF陣が当時のローマよりは少し良いことで補えば。

何よりの問題点は、セードルフがポゼッション志向の監督で、どちらかと言えばカウンター寄りのこの戦術はおそらく使わない、ってことです。

ポーリは良い選手だから潰れないで欲しいので、できればやって欲しいんですけどね。

今のミランも、戦術的にもメンバー的にもポゼッションに寄りすぎていて、カウンターができないですから、この戦術は非常に良いと考えます。

本田とポーリを併用すれば、ポゼッションとカウンターの両方を使いこなせるわけですし。




果たしてセードルフはこの戦術を昇華できるか、続けるのか。

たぶんアトレティコ戦のあれはタソッティがほとんどやっただろうから、たぶんもう見れないだろう。

別に、左からターラブ、本田、カカーで流動的なポゼッションで崩す戦術でも良いとは思う。

関連記事



サイト繁栄のために1日1クリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ
サイト繁栄のために1日1クリックお願いします

サイト繁栄のために1日1クリックお願いします


サッカーのユニフォーム作成。便利な簡単カスタマイズシュミレータで自分好みに自由自在に作成可能。 全品20%OFF以上の特別サービス!!
戦術を鍛えろ!練習方法や指導方法に的を絞った実技・解説のDVD。


2014/02/20 20:34 | コラムCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。