スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



サイト繁栄のために1日1クリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ
サイト繁栄のために1日1クリックお願いします

サイト繁栄のために1日1クリックお願いします


サッカーのユニフォーム作成。便利な簡単カスタマイズシュミレータで自分好みに自由自在に作成可能。 全品20%OFF以上の特別サービス!!
戦術を鍛えろ!練習方法や指導方法に的を絞った実技・解説のDVD。


--/--/-- --:-- | スポンサー広告  

世界一のレジスタが褒める異質なイングランドのプレーヤー





ユヴェントスMFア ンドレア・ピルロ が、リヴァプール MFスティーブン・ ジェラードを称賛 している。

2011年夏にミ ランからユヴェン トスに移籍したピ ルロは、欧州の舞台でリヴァプールと対 戦した際に度々ジェラードと対峙してい る。また、イタリア代表とイングランド 代表の中心として活躍する両者は、代表 戦でも幾度となく顔を合わせてきた。

ピルロのジェラードに対するコメント を、イギリス『スカイ・スポーツ』が伝 えている。

「インテリジェンス溢れるプレーヤー は、いつでも適応していける。ジェラー ドは、そういった能力を備えた選手だ よ。彼は素晴らしいパサーであり、サッ カーにおける知的な脳を持っている。そ れに、偉大なビジョンを兼ね備えている ね」

「欧州のトップクラブは、常にピッチ外 の働きによって成長してきた。練習は技 術的な部分を向上させてくれるが、今の 僕たちは以前より栄養に関する知識をよ り受けられるようになっている」

ピルロは、ジェラードが今後数年活躍し 続けられると太鼓判を押した。

「自分自身のケアをして、適応しようと 努力すれば、30代後半までトップレベ ルでプレーできる。そうできない理由が 見当たらないよ。ジェラードはトッププ ロだ。リヴァプールとイングランド代表 で、今後も長い間新しい役割を担ってい くことも可能だろう」

6月に行われるワールドカップでグルー プDに属するイタリアとイングランドは、 同月14日に対戦する。

ーGoal.comー




ここ最近、プレーに円熟味が帯びてきたジェラード。

ロジャース(+リヴァプール)のイタリア的なサッカー(+クラブのビジョン)により、戦術的に良くなっていて、ジェラードもその恩恵を受けている。

イングランドにゲームメイカーや司令塔の選手が産まれることは数少なく、ジェラードも完璧な司令塔とは言えないが、その匂いはあるし、良い意味で異質である。

守備的なMFの役割も務めることがあった今シーズン、ジェラードの成長は止まらない。

イングランドは良くも悪くもフィジカルやスピードが全てで、身体能力の衰えた選手はポジションがどこだろうが厳しくなり、あまり長くはトップレベルでプレーできない。

やはり、ジェラードも身体能力が衰えてきた4、5年前から評価が落ちてきた。

イタリアは30~32歳辺りがピークの選手が多いが、イングランドは24~28歳辺りがピークの選手が多い。

ランパード等も良い例である。

トップレベルの選手ですら、身体能力が衰えてきたら、プレミアではプレーしづらくなる。

しかし、ジェラードは適応してみせた。

一番はロジャースがイタリア的な監督だから、というのが理由だが、ジェラード自体の適応力も流石である。

他のプレミアの選手と違い、ジェラードだけは、他国(イタリアやスペイン等。)のような選手であった。

テクニックがあり、視野も取れ、ポジショニングも気が利いている。

身体能力以外の見えづらい面の能力である。

ランパード等にはないものである。

もちろん、昔はもっとダイナミックな選手で、それも良かったし、プレミア的であった。

しかし、やはり素質はあった。

これからのイングランドに、イタリアやスペインのように、長くプレーできる選手、つまりはポジショニングや気の利かせ方、判断力などの「目に見えない能力」が高い選手が出てくるなら、国際大会で結果を残せる日が来るかもしれない。

プレミア、代表の監督に海外の力を入れ、育成段階からも、戦術、選手の育て方を変えなければいけないのだが、ジェラードのような選手、リヴァプールのようなチームが出てきたのは良い傾向である。




関連記事



サイト繁栄のために1日1クリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ
サイト繁栄のために1日1クリックお願いします

サイト繁栄のために1日1クリックお願いします


サッカーのユニフォーム作成。便利な簡単カスタマイズシュミレータで自分好みに自由自在に作成可能。 全品20%OFF以上の特別サービス!!
戦術を鍛えろ!練習方法や指導方法に的を絞った実技・解説のDVD。


2014/02/27 08:25 | コラムCOMMENT(2)TRACKBACK(0)  

コメント

ジェラードはイタリアのファンが親近感を覚えるプレースタイルを持つ素晴らしい選手ですよね。最近の彼の復活は個人的には意外でしたが、この記事を読んで納得しました。

イングランドには異質な選手、イタリアっぽいインテリジェンスを持つ選手としては数年前のミルナーやバリーが思い浮かびます。
ただ当然ジェラードのように長く一流の活躍を見せているわけではなく、やはりフィジカル面で優れていることがプレミアで活躍する第一条件なんでしょうね。

No:65 2014/02/28 04:07 | 名無し #cfI9jxjQ URL [ 編集 ]


Re:


名無しさん

バリーやミルナーは良かったですね。
バリーなんかはまだ活躍してますよね。

しかし、やはりプレミアでは広大なスペースがあるから身体能力がないとプレーできない環境が多いですよね。

No:67 2014/03/01 00:34 | カハ編集員 #CrS0LqOg URL編集 ]




管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。