スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



サイト繁栄のために1日1クリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ
サイト繁栄のために1日1クリックお願いします

サイト繁栄のために1日1クリックお願いします


サッカーのユニフォーム作成。便利な簡単カスタマイズシュミレータで自分好みに自由自在に作成可能。 全品20%OFF以上の特別サービス!!
戦術を鍛えろ!練習方法や指導方法に的を絞った実技・解説のDVD。


--/--/-- --:-- | スポンサー広告  

ラファエル・ベニテス







リクエストがありましたので。

遅くなって申し訳ありません。



○ラファエル・ベニテス
所属チーム:ナポリ
年齢:53
その他主に指揮したチーム:バレンシア、リヴァプール、インテル、チェルシー
攻撃組織:★★★☆☆
守備組織:★★☆☆☆
ーー采配:★★★☆☆
選手起用:★★★☆☆
ーー育成:★★★☆☆
ー柔軟性:★☆☆☆☆
ーー人望:★★★☆☆
ーー補強:★★☆☆☆
ーー経験:★★★★☆
ーー総合:★★★☆☆
特殊能力:カップ戦の鬼

*注:育成は若手選手の使い方の上手さや、(若手でもなんでも)選手を成長させるのが上手いかです。若手とは限りません。
*注:采配は、試合中の(選手交代も含めた)戦術修正。
*注:特殊能力とかかっこつけてますが、要は得意な戦術です。笑




攻撃戦術はショートカウンターが得意であり、カウンターもする。

しかし、何が不味いかというと、ポゼッションも中途半端にするし、相手によってや、選手によってチームの戦術を変えるということをしないことである。

ポゼッションをすることは悪くはないし、中々良いポゼッションをする場合もあるが、予めこの相手にはポゼッション、カウンター等を決めずに、成り行き任せの攻撃をするため、相手の策にハマると何もできないで無様に負ける。

つまり相手が柔軟に戦術を変えるチームに弱い。

選手の個人の力に頼った攻撃(「個人技」ではない。)ではあるが、ハマれば(上手く補強できれば)中々良い組織を作る。



守備戦術はラインを高くしたプレス戦術。

しかし、ブロックの作り方が下手なため、プレスを掻い潜られると空き放題のスペースを使われる。

1対1が強い選手が揃うプレミアリーグ(さらに他のチームも同じ守備組織だから目立たないし、中央も崩してこない、同じ理由で欧州カップ戦も。)ならそれで良いが、セリエAでは通用しない。

セリエAは中央を崩してくるし、カウンターも得意なチームばかりである。

つまり、ベニテスのようなバイタルがら空きの守備はイタリアのチームにとってはお手の物なのである。

攻撃戦術と同じで、この守備のやり方も相手や自チームの選手によって変えない。

プレミアのように1対1に強い、スペースがあっても守れるCBがいるなら良いが、ナポリの時もインテルの時もCBはポジショニングや読みで勝負するCBであり、スペースが大量にあってはお手上げである。



長所を挙げるならば、補強が上手く行った時や(良い選手がいる時)、守備的に行き、カウンターに徹した時は強いこと、柔軟性が欠片もないだけで、基本的な攻撃組織と守備組織の作り方、特にポジショニング指導(パスを繋ぐ時、プレスの時。ブロックの時やラインの上げ下げ等は×。)は良いことである。

繋ぐ志向はあり、ポジショニングやパスの指導は良いため、相手がベニテス対策をしてこない場合や、攻撃的に来た場合は、ポゼッションで綺麗に崩せたり、ショートカウンターで崩せたりする。


要は、CBに強い選手がいて(スペースがある、さらされるから。)、中盤にゲームメイクできる選手と守備が上手い選手がいて(選手任せだから、スペースが広いから。)、前線に速い選手や個人技のある選手がいて(カウンターで勝手に決めてくれるから。)、全体的に上手くて(ショートパスをかなり繋ぐから。)運動量があり、柔軟に対応しなくても良い相手、もしくは守備的に行くカップ戦なら、強いということである。


あまりにも限定的すぎるし、守備組織の構築、戦術の柔軟性、相手の研究ができることが良い監督の条件であるセリエAにおいては、残念ながら良い監督とは言えない。

プレミア(守備組織はあまり関係ない。ただし攻撃面で上手い選手がいないと駄目。)とリーガ(上手い選手が揃うし、リーガなら守備的なほうだし、勝手にカウンターできる。)なら良い監督なのだろうが、他のリーグでは駄目だろう。

リーガでお金があってカップ戦を頑張りたいチームが一番合うだろう。

具体的には、バルセロナ以外のリーガのチーム、CBとボランチとFWを取るならアーセナル、ゲームメイカーとFWを取るならトッテナム、ゲームメイカーを取るならシティ、エヴァートン、PSG等が合うと思われる。




前述のような理由+ターンオーバーをかなりするため、カップ戦は強い。


ナポリでは、会長がかなり頑張ってベニテスに合わせて大量に補強してくれたからまだ良かったが、それでもあの戦力ならスクデットを取らなければ行けないレベルである。

ユーヴェがいるから、スクデットを取ることは義務とは言わないが、せめてスクデットを争って然るべきだし、あの勝ち点とサッカーの内容は酷い。

仮に、スパレッティやモンテッラが就任するなら、来期のナポリは優勝候補となる。
関連記事



サイト繁栄のために1日1クリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ
サイト繁栄のために1日1クリックお願いします

サイト繁栄のために1日1クリックお願いします


サッカーのユニフォーム作成。便利な簡単カスタマイズシュミレータで自分好みに自由自在に作成可能。 全品20%OFF以上の特別サービス!!
戦術を鍛えろ!練習方法や指導方法に的を絞った実技・解説のDVD。


2014/03/11 22:03 | 監督名鑑COMMENT(2)TRACKBACK(0)  

コメント

ありがとうございます

リクエストに答えて頂いて感謝です。
ベニテスは評価があまりにも両極端すぎるのでぜひ見てみたいなと思ったのですが、ああそういうことかと(笑)
カップ戦での不気味な強さの謎が解けました。
プレミアもロジャースのような監督が評価されるようになってきているので、金もタレントもせっかく豊富なんだから今後に期待したいです。
モウのも楽しみにしてます。

No:86 2014/03/12 18:10 | 名無し #- URL [ 編集 ]


Re: ありがとうございます

名無しさん

モウのは割と先なんでもう少し待ってください(^^)

ベニテスは、あまり評価はできないけどタイトルけっこう取っちゃってますからねー。
カップ戦に全力を注ぐし、カップ戦でしか勝てないやり方ですよね。

No:87 2014/03/13 20:48 | カハ編集員 #CrS0LqOg URL編集 ]




管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。