スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



サイト繁栄のために1日1クリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ
サイト繁栄のために1日1クリックお願いします

サイト繁栄のために1日1クリックお願いします


サッカーのユニフォーム作成。便利な簡単カスタマイズシュミレータで自分好みに自由自在に作成可能。 全品20%OFF以上の特別サービス!!
戦術を鍛えろ!練習方法や指導方法に的を絞った実技・解説のDVD。


--/--/-- --:-- | スポンサー広告  

フィオレンティーナvsブレッシャ【2010-2011】





*編集は2011年1月。




セリエA第19節

フィオレンティーナ3-2ブレッシャ
INアルテミオ・フランキ(=良いスタジアムなんだけど今日はガラガラ)
主審:パッツァンティーニ?だったような

GOAL
フィオ:71ジラルディーノ、85サンターナ、87リャイッチ
ブレッッシャ:30ディアマンティ、45コルドバ


両チームスタメンです。

フィオレンティーナ
4222
―――――――ボルツ
シルベストリ カンポレーゼ ガンベリーニ パスクアル
―――――ドナデル モントリーヴォ
――チェルチ        サンターナ
―――――ジラルディーノ ババカル

ブレッシャ
4141とも433とも。状況によって変えてた感じ。
――――――セレーニ
ベラルディ ゼビナ ゾボリ ダッラ・マーノ
――――――コルドバ
――――コーネ A・フィリッピーニ 
ディアマンティ         エデル
――――――カラッチョロ



今年のフィオとブレッシャの試合とか見るわけないんですが、ブレッシャの監督がイアキーニ(=あまりにもひどい監督)からベレッタ(=残留請負人だけどそこまで良い監督ではない。てか去年シエナ降格させてる)になったし、ローマ、ミランの流れからリーガまでヒマだったんで見ました。



フィオレンティーナは最近カテナチオから脱却して、けっこう攻めの姿勢を見せてます。

ババカル(=背が高い。17歳のセネガル人。ゴールゲッター的な感じだけどまだまだ若い。)も使うようになってきたし、好感は持てます。

しかし、守備は未だにカテナチオ。しかも人数の少ないカテナチオです。ちょっとまずい守備です。

序盤で、無様な攻撃を披露したミハイロヴィッチは、6節(たぶん)ぐらいからサイドに逆足の選手を置いたサイド攻撃を使い始めました。

今日はチェルチ(=レフティ。ローマにいたよ。ドリブル良いもの持ってるよ。)を右に、サンターナ(=右利き。アルゼンチンのドリブラー。細かいドリブルが上手い)を左に置いた布陣。

だから、最近はバルガス(=レフティ。クロスが上手い。突進するようなドリブルを使う。)が全く使われてないんです。

右がチェルチで決定で、左はサンターナとマルキオンニ(=サイドを駆け抜ける、ドリブラー。縦に抜く力があるけど、左でもできることが今年判明。)が使われてます。バルガスは右は無理そうですからね。戦術的に左で使われることもない。

バルガス怪我だったらすんません。でも確かしてない。

まぁ、そういうわけで、カテナチオからテキトーにサイドの二人のドリブルに任せるフィオ。

ブレッシャの守備があまりにもひどいから、そんな攻撃でも押し込むフィオ。

ドリブルからのクロスやセットプレーからチャンスを量産します。

ジラルディーノ(=生粋のヴァイオリニスト)ひゃっほー状態です。しかし、オフサイドだったり、コースが甘かったりで入らない。セレーニ(=背が低い。186とかうそだろ。素晴らしいキーパーではあるが、なんでもないシュートをビッグセーブに見せるため必要以上に評価が高い。キャッチしとけお。)が得意のなんでもないシュートをビッグセーブに見せる技術でけっこう盛り上がる。

攻撃が随分良くなってるフィオですが、そのぶん守備の人数が足りなくなって、悲惨な守備に。まぁ、メンバー見ただけでも良く分かりますね。

何がひどいかって守備の人数少ないのにカテナチオ(ライン低くして、頑張って体投げ出して守る)するから。

どんだけ中盤間延びしてるんだって話です。

そこをだんだんとブレッシャが付け込んでいきます。

ディアマンティ(=ドリブラー&パサー&シューター&フリーキッカー。職業はファンタジスタ)がフィーバーしだします。

もうあれですね。サンターナ対ディアマンティのドリブル対決です、この試合。

ブレッシャは、守備は相変わらずお粗末だけど、攻撃は格段に良くなってます。

ディアマンティ様がんばってですけどね。

しかし、イアキーニ前監督の時はそれすらできてなかった。なぜならひたすらカラッチョロ(=バッジォとやってた。背が高い人。元アッズーリ。キャプテン。)に放り込んでただけだから。そんなんじゃファンタジスタが活きるわけないですからね。ディアマンティ様を左で使うのもどうかという話でしたしね。

しかし、ベレッタになってから変りました。守備は相変わらずですが。

ディアマンティ様がイキイキとします。

パスクアル(=めちゃくちゃクロスの上手い左SB。)さんはもっと頑張りましょう。ゴッビ(=現パルマ、元フィオ。中盤だったのにいつのまにか左SBのレギュラーになってた変人。フィジカルが強くてスタミナがある)を放出したからこういうことになる。

まぁ、そんなこんなでディアマンティ様が右サイドを突破して角度のないとこから決めます。

前半終盤にもコルドバ(=パスが上手い。守備もやる、というかほぼ守備)が決めて0-2。

しかし、フィオも前半はかなりチャンス作ってたから後半も期待。

という感じで後半終盤に3点一気に決めて3-2でフィオが逆転しました。

チーム状況の変遷を伝えたかっただけなので、試合経過はものすごい簡略にしました。誰もこんな試合興味ないでしょうしね。笑

一番は途中でめんどくなったからです。笑


フィオレンティーナは守備陣の離脱がけっこうすごいのだかなんだか知らないけど、守備が脆くなってきた。あんま離脱具合知らないんですけど、ナターリ使ったりフェリペ使ったり、CBは固定しましょうか。あと攻撃的に行くならラインドン引きはやめよう。

ブレッシャは・・・ホームならもうちょっとマシになっていくかな、って感じですかね。最低でもイアキーニの時よりは良いです。

関連記事



サイト繁栄のために1日1クリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ
サイト繁栄のために1日1クリックお願いします

サイト繁栄のために1日1クリックお願いします


サッカーのユニフォーム作成。便利な簡単カスタマイズシュミレータで自分好みに自由自在に作成可能。 全品20%OFF以上の特別サービス!!
戦術を鍛えろ!練習方法や指導方法に的を絞った実技・解説のDVD。


2014/03/13 08:51 | 過去記事COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。