スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



サイト繁栄のために1日1クリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ
サイト繁栄のために1日1クリックお願いします

サイト繁栄のために1日1クリックお願いします


サッカーのユニフォーム作成。便利な簡単カスタマイズシュミレータで自分好みに自由自在に作成可能。 全品20%OFF以上の特別サービス!!
戦術を鍛えろ!練習方法や指導方法に的を絞った実技・解説のDVD。


--/--/-- --:-- | スポンサー広告  

パルマからUEFAライセンス剥奪 トリノがELへ






CONI(イタリア 国際オリンピック 委員会)最高裁判 所は29日、パルマ が求めていた来 シーズンのUEFAラ イセンスに関する 訴えを却下した。 この判決を受け、来シーズンのヨーロッ パリーグ(EL)出場権が、パルマからト リノに移っている。

本来であれば、2013−14シーズンのセ リエAを6位で終えたパルマには来シーズ ンのEL出場権が与えられるはずだった が、同クラブが約30万ユーロ(約4150万 円)の所得税を公表しなかったため、 FIGC(イタリアサッカー連盟)から来 シーズンのUEFAライセンスを剥奪されて いた。

この件に関して、パルマはCONI最高裁 判所に訴えを申し出ていたが、判決が却 下された格好だ。この結果、2013−14 シーズンのセリエAを7位で終えていたト リノが来シーズンのEL出場権を獲得して いる。

最終節までもつれた2013−14シーズン のEL出場権争いは、トリノが試合終盤に 得たPKのチャンスをイタリア代表FWア レッシオ・チェルチが外してドローで終 了。勝利したパルマが逆転でEL出場権を 獲得していた。

ーSOCCER KINGー




勿体ない。

屈辱の降格からセリエAに昇格し、積極的かつ有効な補強でヨーロッパの舞台に立つために前進していた。

今年、ようやく手に入れたと思っていたEL出場権がすり抜ける形となってしまった。





ざっとここ数年の略歴を書くと、

90年から2003年までほぼ全て5位以内、2位も2回、UEFAカップも2度制覇、「セッテ・ソレッレ」の一角であった。

しかし、オーナーの会社のパルマラットが破産し、パルマも弱体化してしまい、2008年に降格してしまう。


2008-09 セリエB 2位昇格
2009-10 セリエA 8位
2010-11 セリエA 12位
2011-12 セリエA 8位
2012-13 セリエA 10位
2013-14 セリエA 6位


降格した後、グイドリンが監督となり、弱々しい戦力の中、セリエAで上位に食い込んだ。

2007年にオーナーになったギラルディ会長は、グイドリンの躍進後、積極的な補強により、セリエAでも屈指の戦力を揃えた。

しかし、ここ数年は監督のドナドーニがその豊富な戦力を扱いきれずに、順位はそこまで振るわなかった。

しかし、今シーズンはドナドーニが多少改善されたこと、他チームがあまり良くなかった(主に、直接のライバルだったミランとラツィオ。)ことにより、なんとかEL出場権を確保。

しかし、まさかこんな形でEL出場権を失うとは思いもしなかっただろう。

頑張った選手達が可哀想でならない。



ちなみに、現在のセリエAで、単純に戦力(監督の力を除く、層も考える。冬の移籍前も考える。)だけで比べるなら、


ユーヴェ
ローマ、ナポリ
ミラン
パルマ
フィオレンティーナ、ラツィオ
トリノ、ヴェローナ、サッスオーロ
ジェノア
その他

となる。

大体である。

インテルは特殊だから除いた。

パルマの前後。



つまり、別にドナドーニが凄いわけではない。

パルマは凄い戦力、モンテッラ辺りに率いさせたら3位に行ける戦力があるため、中位に沈んでいるのは勿体ない。



関連記事



サイト繁栄のために1日1クリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ
サイト繁栄のために1日1クリックお願いします

サイト繁栄のために1日1クリックお願いします


サッカーのユニフォーム作成。便利な簡単カスタマイズシュミレータで自分好みに自由自在に作成可能。 全品20%OFF以上の特別サービス!!
戦術を鍛えろ!練習方法や指導方法に的を絞った実技・解説のDVD。


2014/05/30 12:48 | 最新ニュースCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。