スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



サイト繁栄のために1日1クリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ
サイト繁栄のために1日1クリックお願いします

サイト繁栄のために1日1クリックお願いします


サッカーのユニフォーム作成。便利な簡単カスタマイズシュミレータで自分好みに自由自在に作成可能。 全品20%OFF以上の特別サービス!!
戦術を鍛えろ!練習方法や指導方法に的を絞った実技・解説のDVD。


--/--/-- --:-- | スポンサー広告  

W杯各国分析 【グループC】








注:突破の%は200%がMAX。2チーム突破するため。

注:△は0,5。つまり★★★★△は4,5の意味。

注:紹介順は組合せ順であり、強い順番ではない。








○コロンビア

ランク:C
グループ突破:65%
GL勝ち点期待値:5
簡易予想順位:ベスト16
攻撃:★★★★☆
守備:★★☆☆☆
戦術:★★★★☆
長所:監督が良い。攻撃が強い。
弱点:エース不在。守備が脆い。
攻略法:脆弱な守備陣を切り裂くカウンター。

コメント
1年前までは強かった。

しかし、特に上積みがないどころか、劣化してしまっているのが問題。

ファルカオ不在、CBコンビのサパタは試合に出れていなくコンディションが問題、ジェペスはかなり衰えている。

攻撃的でスペースが空くコロンビアの戦術にも関わらず、二人ともスピードに弱いし、1対1も強くない。

また、両SBのアルメロとスニガもコンディションに問題を抱えており、DF陣は誰もクラブでまともに試合に出れていなかった。

セリエAの4人でDF陣が固まっているから強かったのだが、全員がクラブでスタメンから落ちたのは(スニガだけは怪我。)、かなりの痛手である。

しかし、ペケルマンの442から3313に変化する戦術は、攻撃と守備に流動性をもたらし、攻撃ではポゼッションでもカウンターでも相手を流動的に破壊でき、守備ではプレスと球際での粘りで相手を苦しめる、非常に優秀な戦術である。

しかし、その南米特有の球際での粘りが、前述の守備陣の不安であまり期待できないのは、かなりのマイナスポイント。

また、最も重要な3313のトップのエースが不在というのも辛いところである。

ただ、南米開催であること、かなりグループに恵まれたことは大きい。

コートジボワール、日本との相性は良い。

ただし、守備仕様で来たギリシャには苦しむことが予想され、そのギリシャと最初に当たるのは少し不利。

初戦で負けるようなら、グループ敗退も大いにあり得る。






○ギリシャ

ランク:D
グループ突破:45%
GL勝ち点期待値:3
簡易予想順位:グループ敗退
攻撃:★★☆☆☆
守備:★★★☆☆
戦術:★☆☆☆☆
長所:まともにやれば、かなり強い。
弱点:監督が微妙。相手が弱いと、攻撃的に行ってしまい、負ける。
攻略法:ボールを持たせる。引きこもらせない、カウンターをさせない。

コメント
まともにやれば相当強い。

堅い守備に、豊富な前線のタレント。

しかし、まったく役に立たないサマラスを使うこと(しかもウィング。)、433という攻撃的な布陣を敷いていること、DFの人選、守備の人選、全てが酷い。

素直に343で引きこもってカウンターや裏抜けをしまくっていれば相当強いにもかかわらず、無駄にボールを持とうとする。

ただし、相手が強ければ、(サマラスを使うことに目をつぶれば)守備的で機能する戦術を使うときもあり、良いサッカーをする。

つまり、コロンビアとは相性が良い。

日本とコートジボワール相手には、勝ち点状況にもよるが、相性は良くない。(日本とは、日本の戦術にもよる。)

つまり、初戦のコロンビアに勝てればグループ突破の可能性は高く、負ければ敗退が濃厚。

引き分けた場合は、日本が負けていれば突破の可能性が高く(日本が攻めてくるから。)、日本が勝っていると、突破の可能性は少し低くなる。

ギリシャもだが、このグループは相当初戦が重要なグループとなっており、他国の状況に非常に左右される難しいグループといえるだろう。

相手に関係なく、引いてカウンターに徹すれば、グループ突破は間違いないが、サントス監督だからそれはないだろう。








○コートジボワール

ランク:C
グループ突破:50%
GL勝ち点期待値:3
簡易予想順位:ベスト16、グループ敗退
攻撃:★★★☆☆
守備:★★☆☆☆
戦術:★★☆☆☆
長所:個人能力は抜群。
弱点:組織力がない。
攻略法:無駄にパスを回させてのカウンター。もしくは押し切る。

コメント
監督が監督ならベスト8、4の実力を持つタレント集団。

しかし、組織は全くもって良くなく、攻撃も守備も機能しているとは言い難い。

ただ、グループには恵まれたため、突破の可能性はまずまず。











○日本

ランク:D
グループ突破:40%
GL勝ち点期待値:2
簡易予想順位:グループ敗退、ベスト16
攻撃:★★△☆☆
守備:★△☆☆☆
戦術:★★★☆☆
長所:攻撃組織は良い。
弱点:守備が脆い。
攻略法:カウンター。

コメント
攻撃は良い、しかし、相手に引かれた場合は、その攻撃も得点能力は低い。

守備は確実・簡単に1、2失点はするような守備であり、強いかどうかと言われたら、決してそんなことはない。

しかし、日本目線なら、全チームと相性が良いため(相互に相性が良いとも言えるが。ギリシャは引いてこなかった場合。)、突破の可能性はまずまず。

引いてこないようなチームばかりであり(ギリシャは相手があまり強くないと、自分たちで持ち出す。)、しかも足元が良くないチームばかりなので、日本のプレスにある程度苦しむだろう。

全てはコートジボワールとの初戦にかかっていて、そこで勝ち、なおかつギリシャが負けていれば、最高の状態。

しかし、コートジボワール相手に、簡単な何気ない場面で失点して負けるようなら、グループ突破はかなり厳しくなる。



ちなみに、全チーム、引きこもってカウンターしていれば楽に勝てる相手しかいない。

2010年の日本代表なら楽々と突破が決まっていただろう。










複雑なグループのため、全グループ中、最も読めないグループ。



関連記事



サイト繁栄のために1日1クリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ
サイト繁栄のために1日1クリックお願いします

サイト繁栄のために1日1クリックお願いします


サッカーのユニフォーム作成。便利な簡単カスタマイズシュミレータで自分好みに自由自在に作成可能。 全品20%OFF以上の特別サービス!!
戦術を鍛えろ!練習方法や指導方法に的を絞った実技・解説のDVD。


2014/06/06 19:57 | W杯特集COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。