スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



サイト繁栄のために1日1クリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ
サイト繁栄のために1日1クリックお願いします

サイト繁栄のために1日1クリックお願いします


サッカーのユニフォーム作成。便利な簡単カスタマイズシュミレータで自分好みに自由自在に作成可能。 全品20%OFF以上の特別サービス!!
戦術を鍛えろ!練習方法や指導方法に的を絞った実技・解説のDVD。


--/--/-- --:-- | スポンサー広告  

アッズリーニの戦い









#編集は2013/6。




U21欧州選手権(23歳以下)


決勝の組み合わせは、最多優勝を誇り、欧州の育成年代で圧倒的な強さを誇るイタリアと、前回覇者のスペインに。

順当な2チームが上がってきたと言える。

イタリアはタレント集団の力を見せ、スペインもタレント集団で、「得意の堅守」で無失点で上がってきた。

試合のレポートもやるつもりだが、まずはu21イタリアの紹介から始めよう。

イタリアは1978年から隔年開催されているこの大会で、92、94、96、00、04年に優勝を飾り、その他の大会でも毎回上位に行くほど、圧倒的な実力を持っている。

トッティやネスタやカンナヴァーロ、ブッフォン等の黄金世代の時期に最も強く、3連覇という偉業も果たしている。

近年も、メンバーだけで言えば圧倒的なのだが、例のごとくいかんせんやる気がない。

前監督フェラーラ、現監督マンジャという時点でご察しであろう。

また、クラブも選手本人も、協会、A代表も全く協力的じゃない。

たびたび抗争が起きているほど非協力的である。

監督だけでも、チェーザレ・マルディーニやクラウディオ・ジェンティーレが監督だった昔とは大違いである。

今回もバロテッリやエル・シャーラウィ、デ・シーリオ等はもちろんいない。

他にも、ファッブリーニ、ファラオーニ、ベッルッシ、カンポレーゼ、ヴェッレ、アリアウド、サンピリージ、ダルミアン、サントン、ポーリ辺りもなぜだか呼ばれていない。(ポーリはA代表予備に呼ばれていたからまだ分かる。)

ちなみにペリンはもちろん呼ばれていない。

今回はコンフェデがあるからA代表3人は良いとして、クラブで活躍している選手は拒否されることが多く、毎回不満満載のメンバーとなる。

しかし、今回はまだマシなほう。

ただ、やはり監督がマンジャ・・・

この年代のイタリアは、ものすごく豊富な才能が集まっている。

G・ロッシやジョヴィンコ、マルキージオ、チガリーニ、モントリーヴォ、アクイラーニらの年代を超える逸材揃いと言っても良い。

とにかく前線の人材が豊富で、セリエでもすでに主力となっている選手が多い。

ただし、DFは上記の選手たちをなぜか呼んでいないため、小粒。



では、紹介していこう。

選手名、所属チーム、現在の実力、将来性の順番。


○GK

バルディ(ノヴァーラ)、B、B
ノヴァーラの守護神。確かな技術で安定したセービングを見せる。

コロンビ(モデナ)
知りません。

レアーリ(ランチャーノ)
ユーヴェからのレンタル。


コンシーリやシリグやヴィヴィアーノがいた前の世代と比べると、やや小粒に感じるが、彼らも当時はBだったわけで。

実力が高いのは変わらない。




○CB

カルディローラ(ブレッシャ)C,C
長身のCB。キャプテン。足元も上手い。

ビアンケッティ(エラス)C、B
インテルユースの長身CB。ハードマークとエアバトルが得意。

マルコ・カプアーノ(ペスカーラ)D、C
ペスカーラということでご察しの通り。


○SB

G・ドナーティ(グロッセート)C、ー
あまり見たことないが、運動量と守備力を売りにしている選手だと思われる。たぶん。

ヴァスコ・レッジーニ(エンポリ)D、-
エンポリの左SB!!

ビラギ(チッタデッラ)
予選では左のレギュラーだった気がする。



SBもCBも酷いです。

カルディローラとビアンケッティはまだマシだとして、他が。

ダルミアン、アリアウド、サンピリージ、ベッルッシ、サントン、(カンポレーゼ)とこの年代のセリエAで活躍する選手を呼んでいない。

この5人を呼ばない意味は皆目検討がつかない。

どう考えてもこの5人がスタメンになるから、クラブとの兼ね合いだろう。今までやってきたメンバー優先ということで。(シーズン中はさらに呼べないから。この本大会のメンバーはまだマシなのである。シーズン中はもっと酷かった。)



○中盤

ヴェラッティ(PSG)A、A
ご存知PSGの司令塔。すでに卓越したパスセンスを備えている。

ファウスト・ロッシ(ブレッシャ)B、B
ユーヴェユース。ユーヴェユースらしく、豊富な運動量とまぁまぁの足元を持つ。

マッローネ(ユーヴェ)B、B
CBもこなせる。というかこのメンバーならCBのスタメンで使って欲しかった。カバーリングとポジショニングに優れ、足元もまぁまぁ。逸材である。

フロレンツィ(ローマ)A、A
ローマのダイナモ。ゼーマンのもとブレイクを果たした。鬼畜な運動量でガンガンゴール前に飛び出す。ローマユースらしく、テクニックもある。

クリミ(グロッセート)C、B
CBもこなせるらしい。守備力が高く、パスもさばける選手。

サポナーラ(エンポリ)C、B
タヴァーノとともにエンポリを引っ張る攻撃的MF。ミランに移籍した。テクニックに優れる。

ベルトラッチ(ジェノア)B、C
ジェノアのスタメントップ下。テクニックまぁまぁ、動きも中々良い。得点能力も割りとある。


超強力な選手たちが揃う。

マッローネ、ヴェラッティ、フロレンツィの中盤とか涎が出てきてたまらないだろう。

しかし、監督が監督であった。




○FW

インシーニェ(ナポリ)C、B
過大評価の塊。確かにテクニックはあるし、将来は分からない。しかし、今のところ全く良い選手ではない。3トップかつ右で使えば良い選手。

インモービレ(ジェノア)S、A
この年代のNO1。圧倒的なスピードとフィジカル、そしてテクニックを持つ。セリエBで化け物のようなプレーを見せたその力は本物。ジェノアでも序盤戦に大活躍。しかしその後はなぜか出場機会が減るとともに、ジェノアも落ちていった。

ニコラ・サンソーネ(パルマ)A、A
圧倒的なドリブル技術を持つパルマのウィング。

デストロ(ローマ)B、B
ローマの点取り屋。裏抜けマシーン。

ボリーニ(リヴァプール)B、B
ポジショニングに優れた点取り屋。

パロスキ(キエーヴォ)B、C
キエーヴォの裏抜けマシーン。

ガッビアディーニ(ボローニャ)C、C
過大評価2。ユーヴェからのレンタル。ポストプレーが得意。体の強さとまぁまぁのスピードを持つ。現時点ではかなり酷い。



非常に豪華な攻撃陣。エル・シャーラウィとバロテッリは仕方ないから良いとして、他はベストメンバー。

DFライン以外はやっとベストなメンバーを呼べた。(予選はさらに酷かった。)DFは意味不明。

DFだから連携を重視したのかもしれないが、連携も酷かった。

上記したDFの選手たちを予選で呼ばせてくれなかったクラブは万死に値する。

ただし、それでも決勝までは一応堅守を誇れていた(個人面でも、特に組織面で良くはなかった)から、イタリアというのはすごい。




ユーヴェ関連の選手とペスカーラ関連の選手が圧倒的に多い。

ミランはAとなぜか呼べれていない選手が多いからいないだけなんだからね!

カルチョでユースが強いのはミラン、アタランタ、ローマ、エンポリです。4強です。

サンプとジェノアもけっこう。

最近はユーヴェとインテルも強い。

でも一番強いのはミラン!




とまぁ、そんなわけで、A代表のミラン3人を除いたベストな布陣が、

433
バルディ
ダルミアン ベッルッシ アリアウド サントン
マッローネ
ヴェラッティ フロレンンツィ
インシーニェ インモービレ
ボリーニ

というペスカーラ万歳!、な超強力布陣、メンバーになるわけです。

ヴェラッティ底にするのももちろんあり。

控えにベルトラッチ、サンソーネ、デストロとか豪華にもほどがある。

どう考えても優勝できるメンバー、しなくてはいけないメンバー。これならスペインとか赤子の手をひねるも同然ぐらい強い。

これにバロテッリとシャーラウィとシーリオが加わったら無敵ですね。もう。どうしようもないくらい。けど現実はもちろん違う。


最悪、現メンバーだとしても、

DFを
ビアンケッティ マッローネ カルディローラ カプアーノ

にしてボランチにロッシあたり入れてあげれば良い訳でして、どう考えても強いのです。

まぁ、もう試合は終わったわけですが、これだったら圧倒していたでしょうね。間違いなく。断言できます。

 
結果として決勝までその強さを見せ付けて進んでいったわけですが、本当はもっともっと強いんです、ということ。

確かにセリエAは出してくれないですからね、、、

DFの選手でセリエAで活躍する選手はことごとく振られています。

一部でレギュラーなのに召集に成功したのは、ベルトラッチ、フロレンツィ、サンソーネ、ヴェラッティ、パロスキのみ。

準レギュラーがインモービレ、デストロ、ボリーニ。

ローマ、ジェノア、パルマ、PSG、キエーヴォ、リヴァプールを褒めましょう。

確かにジェノア以外フロントや監督が良い人たちのクラブ。

流石です。

先にあげたなぜかいない選手たちは、これらのクラブにはいない。

これらのチームはえらい!笑

特にサンソーネとヴェラッティを出してくれたのはすごい。

サンソーネ使われてないですけどね!




では次は試合についてのレポートでも書きたいと思います。



では。




関連記事



サイト繁栄のために1日1クリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ
サイト繁栄のために1日1クリックお願いします

サイト繁栄のために1日1クリックお願いします


サッカーのユニフォーム作成。便利な簡単カスタマイズシュミレータで自分好みに自由自在に作成可能。 全品20%OFF以上の特別サービス!!
戦術を鍛えろ!練習方法や指導方法に的を絞った実技・解説のDVD。


2014/06/07 23:26 | 過去記事COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。