スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



サイト繁栄のために1日1クリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ
サイト繁栄のために1日1クリックお願いします

サイト繁栄のために1日1クリックお願いします


サッカーのユニフォーム作成。便利な簡単カスタマイズシュミレータで自分好みに自由自在に作成可能。 全品20%OFF以上の特別サービス!!
戦術を鍛えろ!練習方法や指導方法に的を絞った実技・解説のDVD。


--/--/-- --:-- | スポンサー広告  

【コロンビアvsギリシャ】LIVE解説・展望・分析・感想






アルメロがゴール。

これがギリシャの真実で、全然守備は良くない。勿論攻撃も。

なんだ、堅守遅攻とは。

相変わらずの酷さ。

本当は強いのだから、早く監督交代を望む。

コロンビアも1年前とは違い、現在はタレント軍団のわけではない。

つまり、圧倒的な監督の実力の差。

コロンビアはやはり仕上げてきている。

流石である。

4231から、イバルボとアルメロが一つずつ上がり、3232になる流動的な形か。

守備はとっととリトリート。

ジェペスの遅さや、他の選手の守備の不味さも隠せるし、ギリシャに持たせる形となっていて、とても良い。

イバルボ(爆発的なスピードと柔らかいタッチを持ったセリエAの化け物。パスとシュートは下手。)をカリアリより使いこなすペケルマン。素晴らしい。

コロンビアはほとんど戦術は変えていないが、配置とメンバー(ファルカオがいないことにより。)が大きく変わっているため(ハメスが真ん中、イバルボ左。元々は442から3232に変化する。)、カウンターが上手く行かない。

ファルカオがいないし(大きな武器である裏抜けがあまりなくなる。)、ハメスが最初から真ん中にいる(マークにつかれやすい。)からである。

また、守備も、守備陣の不安と、ギリシャ対策からか、かなりリトリートしているため、それもカウンター阻害の原因となっている。

ピッチにセリエA所属選手は8人。

コロンビアのジェペス、サパタ、アルメロ、スニガ、クアドラード、イバルボ。

ギリシャのトロシディス、コネ。

コロンビアは控えにムリエル、グアリンといる。

ギリシャは控えにフェトファツィディス(この展開は出てくる可能性が高い。)、ラザロス、タヒツィディスもいる。

ソクラテス、カラグーニスもセリエA経験者。


あれです、フィオレンティーナ(引いたバージョン。システマチックな流動的な攻撃だが、良くない守備と攻撃のメンバーの都合上、攻撃があまり上手く行ってるわけではない。ただ、嵌まった攻撃をした時は綺麗に崩す。)vsボローニャ(高くて強い堅守遅攻。ただし、中盤と守備陣の個人の能力の低さにより、守備は良いわけではない。攻撃もテクニックがない選手達だから遅攻が上手く行くわけがない。)である。




○後半

アルメロとイバルボがフェトファツィディスを止められるわけがないので、この展開(楽に前までは行ける)は早くいれるべき。

フェトファツィディスはギリシャのメッシ。普通に凄い選手。

ギリシャがカウンターをできない理由は、監督が酷い+先制されている+コロンビアが引いているという基本的な理由があるが、コロンビアのジェペス以外の守備陣が尋常じゃないまでに速いということがある。

引くし、裏抜け一発が絶望的なコロンビア相手にカウンターは厳しい。

来た、フェトファツィディス。

これで試合が面白くなる。

ギリシャはこの4年、2年でGK、守備、中盤、前線、全てがかなりランクアップしている。

非常に素晴らしいメンバーが揃っている。

弱いのは100%監督の責任。

グティエレス、ゴール。

誰か私にサマラスの存在意義を教えてください。

コロンビアはこんなにカウンターに徹するなら、前線にキープできる選手が欲しい。

ジャクソンが欲しいか。



メヒア投入、メンバー交代で守備固めか。

ペケルマンの弱点は、戦術修正や選手交代が上手くないこと。

ギリシャ相手だから今回は何も問題ないが。

ちなみに、コロンビアは前半終盤良くなかったが、後半になっても何の修正もない。

ギリシャのサントスは、スタメンが酷いから、逆に修正は良いという面白さ。

ジャクソン投入。

ギリシャがどれどけタレント軍団かと言うと、明らかにクロアチア以上くらい、戦術面を考えればポルトガルレベルにある、と言えば分かっていただけるだろうか。

堅守を目指すべきチームなのに、433な意味も遅攻の意味も分からないし、常人ならスタメンは6人は違う。

この試合のMOMはトロシディスにあげたいくらい、物凄く頑張っているし、ピッチ上で、ハメスと並んで他の選手とレベルが違う。

トロシディスはマイコンという化け物がいるから控えだが、世界で10本、もしくは5本の指に入るSB。

非常に過小評価の選手である。

驚異的なスタミナ、献身的な守備、1対1に強くカバーリングも上手い、フィジカルもスピードもある、テクニックも高い、攻撃能力も相当高い、戦術理解度が高い。

攻守において世界トップクラスの実力で、献身的であり、安定感も非常にあり、性格も良く、左も無難にこなせる、こんなSBが控えにいるローマ。

3ー0。

ずっと言い続けてきたが、なぜか日本ではギリシャは不気味だ、守備が固いと言われていたが、これでギリシャが堅守でもなければ全く強くもないし、日本が普通に勝てる相手だということが分かっていただけたでしょうか。


関連記事



サイト繁栄のために1日1クリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ
サイト繁栄のために1日1クリックお願いします

サイト繁栄のために1日1クリックお願いします


サッカーのユニフォーム作成。便利な簡単カスタマイズシュミレータで自分好みに自由自在に作成可能。 全品20%OFF以上の特別サービス!!
戦術を鍛えろ!練習方法や指導方法に的を絞った実技・解説のDVD。


2014/06/15 01:08 | W杯特集COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。