スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



サイト繁栄のために1日1クリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ
サイト繁栄のために1日1クリックお願いします

サイト繁栄のために1日1クリックお願いします


サッカーのユニフォーム作成。便利な簡単カスタマイズシュミレータで自分好みに自由自在に作成可能。 全品20%OFF以上の特別サービス!!
戦術を鍛えろ!練習方法や指導方法に的を絞った実技・解説のDVD。


--/--/-- --:-- | スポンサー広告  

【アルゼンチンvsボスニア】









アルゼンチンは352。

素晴らしい。

ただし、メッシはかなり邪魔だし、メッシがいなければ80%がた優勝。

433(メッシ)→優勝候補。組合わせが良いから。
352(メッシ)→組合わせに関係なく優勝候補。
352→圧倒的な優勝候補。




それくらい352はチート戦術であるし、アルゼンチンも明らかに3バック、352が合っている。

というか、3バック以外あり得ない。

3バックでしか守れない守備陣、中盤の構成力が酷いから3バックとWBがいないとボールが運べない、少ない人数でも、というかむしろ少ない人数のほうが良い攻撃をする、カウンターが強い。

つまり、3バック以外あり得なく、ここ何十年もアルゼンチンが酷かったのはそのため。

ボスニアじゃアルゼンチンには引き分けすら100%無理。




○前半

メッシ。笑

攻守で全く走らない、ポジショニング酷い、持ったら無意味なボールキープやパス、もしくは取られる。

酷すぎる。

アグエロとパラシオかラベッシかイグアインを使えば、圧倒的な世界最強のチームなのに。

攻守でいないほうが、10人のほうがまだ良いという残念具合。

ボスニアは前回の対戦と違い、かなり守備に気を使っている。

前回、裏抜け祭でボコボコにやられたため、かなりラインは低め。

守備も待ちかまえる守備に。

また、前回と違い、メッシがいるため裏抜けがなく、アルゼンチンも前回より弱い。

よって、このアルゼンチンの酷い攻撃。

前回の対戦と分析はこちら。
最強で最恐だったアルビセレステス

また、アルゼンチンは昔からリードしたら、引きすぎるし、攻撃も時間稼ぎの無意味なセーフティな攻撃にするという、最悪の癖もあり、普通にボスニアが押している。

早くメッシを下げよう。






○後半

メッシを変えないどころか、433に。

確かにメッシを活かしたいなら、メッシがいるならこのほうが良い。攻撃は。

ただし、守備が終わる。

43で守れるわけがない。

ボスニアだから守れるかもだし、点は取れるが。

メッシを活かしたいなら433、優勝したいなら352でメッシを外す。

もしくは352で徹底的にメッシに裏抜けをやらせる。

追加点。

メッシ半端ない。

しかし、弊害として守備が終わる。

強豪に通じるとは思えない。

ただし、強豪に当たるのはベスト4からであるし、433でも守備の良くない中堅国は蹴散らせるため、ベスト4は堅い。

スイスやポルトガルと当たるなら、分からない。

メッシを活かすか、チームを活かすか。

アグエロという世界No.1のストライカーがいるのだし、アグエロ活かそうぜ。

ボスニア得点。

前3人は一切守備をしない気か。

アグエロもイグアインもかなり守備をする選手だし、メッシがいなければかなりする選手達。メッシがいない352は守備してた。




ボスニアが守備対策をしてきたとはいえ(逆に言えばむしろ点は取られるわけがないはず。)、メッシのいない352→2ー0(ベゴヴィッチが頑張らなければ5ー0くらい。)、今回、メッシいる352と433→2ー1。

この圧倒的な差。

433ならマラドーナと何も変わらないよ。






関連記事



サイト繁栄のために1日1クリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ
サイト繁栄のために1日1クリックお願いします

サイト繁栄のために1日1クリックお願いします


サッカーのユニフォーム作成。便利な簡単カスタマイズシュミレータで自分好みに自由自在に作成可能。 全品20%OFF以上の特別サービス!!
戦術を鍛えろ!練習方法や指導方法に的を絞った実技・解説のDVD。


2014/06/16 21:48 | W杯特集COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。