スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



サイト繁栄のために1日1クリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ
サイト繁栄のために1日1クリックお願いします

サイト繁栄のために1日1クリックお願いします


サッカーのユニフォーム作成。便利な簡単カスタマイズシュミレータで自分好みに自由自在に作成可能。 全品20%OFF以上の特別サービス!!
戦術を鍛えろ!練習方法や指導方法に的を絞った実技・解説のDVD。


--/--/-- --:-- | スポンサー広告  

【ブラジルvsメキシコ】LIVE解説・展望・分析・感想






ブラジルは怪我のフッキに代わりラミレス。あとは同じ。

メキシコは同じ。

フッキに代えてラミレスは良くなるだろうが、なぜウィリアンじゃない。

何のために呼んだ。

相性は圧倒的にメキシコ。

なぜなら、ブラジルの攻撃を352は防ぎやすい。

そして、メキシコは繋げるしボールを運べるため、ブラジルの引く守備を崩せる。

また、メキシコは攻撃のセットプレーがかなり強く、ブラジルは弱い。

しかし、勝つのはブラジルだろう。

メキシコがいつもよりも決定力を見せ、ブラジルが思った以上にメキシコの守備に苦しむなら、メキシコにもチャンスはある。

メキシコはカウンターに注意したい。

危ないロストは厳禁。

カウンターさえ許さなければ、ブラジルはかなり苦しむ。

いくらブラジルでも352を普通に崩すのは苦しむ。






○前半

審判はまたブラジル人らしい。

メキシコの守備が予想以上に良く、ブラジルの作りが予想以上に不味い。

メキシコが押してる。

ただし、疲れてきたり、間延びしたら、カウンターを喰らってメキシコは不味いため、集中力は欠かせない。

メキシコが最後までノーミスなら、勝てる。

しかし、それには集中し続けなければいけないし、ブラジルに修正されたら駄目だし、不利なことに変わりはない。

戦術上の相性では完璧に勝っているのに、勝てる気がしないというブラジルの卑怯具合。

しかも今日はフッキがいない。

可哀想だ、メキシコ。

メキシコは単純なボールロストが増えてきたため、かなり危険。

また、メキシコの352は完全な352ではないため(中盤の守備能力とフィジカル、CBの守備能力とフィジカルが足りない。中盤の推進力、攻撃能力が高くないから。)、ブラジルを押さえられない。

ブラジルはパスではなく、「中盤無理やり抜けば問題ないじゃん。」というやり方に修正してきたため、上述のように完璧な352ではないメキシコの守備が崩され始めてきた。

ブラジルは、フレッジ、フッキ(フッキだけは元々も最悪。)、パウリーニョ、アウヴェス、ルイス、セーザルが明らかに劣化しており、しかもフッキ、ルイス、セーザルに至っては救いようがない(どうしようもない。アウヴェスとパウリーニョとフレッジはなんとかなる。)ため、明らかに1年前よりは弱くなっているし、不安要素は大きい。

ネイマールとオスカルとマルセロは成長。

その不安要素の1つであるフッキが怪我の巧妙でいないのは良いことだが、優勝まで行くとなると、不安は大きい。

ただし、メキシコ相手にはたぶん大丈夫だろう。

だが、ここらへんで問題が表面化したほうが(スコラーリに修正を決断させる。)、トーナメントにこのまま全勝で行くよりも良いかもしれない。

そのため、むしろメキシコに引き分けくらいのほうが良いのかもしれない。

メキシコは引きすぎてしまっている。

352はミドルブロック+プレスの戦術であり、決して引きこもり戦術てはない。

また、メキシコは前述のようにフィジカルと守備能力がないため、引くと余計不味い。

これが昔から352を使うこともあったメキシコがイタリアの352と一緒にされない理由。(メキシコは戦術的な352ではなく、ただ引く3バック。)

マルセロ、オスカルが自由になりすぎて来た。

それでもなんだかんだ守れてしまうのがメキシコなのだが。

オチョアが神がかっている。

メキシコは毎回GKが良い。

メキシコはセットプレーで点が欲しい。


前半終了。


かなり良い試合。

素晴らしい。


ブラジルはバイタルで仕事ができる、一人で抜けるベルナルジやウィリアンやエルナネスが欲しい。

メキシコはもう少しラインを上げたいし、もっと自信を持って攻めたほうが良い。

ただし、上がりすぎは禁物。




○後半

ベルナルジ投入。流石スコラーリ、分かってる。

ただ、ウィリアンのほうが良いよ?

メキシコもラインを上げてるし、ちゃんと自信を持って攻めて行く。

素晴らしい采配、素晴らしい対戦である。

こういう分かってる監督、間違えない監督は素晴らしい。

しかも両チーム。これは、かなり珍しいし、感激。

メキシコが完全に押してる。

アウヴェス、マルセロの弊害、そしてルイス及びドン引きのラインの弱点。

ルイス(ラインの破壊者)をダンテに変えれば良いのに。


何もできていなかったフレッジに代えてジョー。

裏抜けや動きが欲しかったので、これも良い采配。

フレッジはどうやら駄目らしい。

走れもしない。

ジョーの投入をきっかけに、今度はブラジルが押し込む。

ジョーの裏抜けや動きに引っ張られてメキシコの守備ラインが崩れた。

この対戦は押し込んでるほうが一方的に押し込める対戦。

なぜなら、ブラジルはラインがかなり低いため、ボールを繋げるメキシコは押し込め、そしてブラジルは押し込められると収めどころがないため、押し込め続けられる。

逆にブラジルは相手に関係なく押し込め、クリアに対してはラインはまだ引いていないため、奪えるから押し込め続けられる。

しかし、ジョー投入で収めどころができたため(ジョーは裏抜けでDFを引っ張れるから、他が空く。また、動いて自分でももらえるから。メキシコの疲れもある。)、ブラジルが押し込むことが多く。

ラスト10分、流石に間延びし始めたメキシコのため、撃ち合いに。


オチョア素晴らしい。

風貌含め、マルケッティにかなり似てる。

マルケッティ(全盛期)に似てるということは、無条件に素晴らしいGK。

そのマルケッティ(全盛期)より敏捷性がある。(リーチとおそらくキャッチングはマルケッティが上。足元はオチョア。)

マルケッティと入れ替わってても、誰も気付かないだろう。利き足が違うが。笑

これはビッグクラブ行くか?

セリエAなら嬉しい。




試合は引き分け。

非常に素晴らしい試合だった。

ブラジルは相変わらず良くなかったが。

ブラジルはオチョアのせいで、メキシコは決定力を欠き、スコアレス。

ガーナvsアメリカのベストバウトがあったかと思ったら、すぐさまこの試合。

これだからW杯は面白い。




関連記事



サイト繁栄のために1日1クリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ
サイト繁栄のために1日1クリックお願いします

サイト繁栄のために1日1クリックお願いします


サッカーのユニフォーム作成。便利な簡単カスタマイズシュミレータで自分好みに自由自在に作成可能。 全品20%OFF以上の特別サービス!!
戦術を鍛えろ!練習方法や指導方法に的を絞った実技・解説のDVD。


2014/06/18 03:58 | W杯特集COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。