スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



サイト繁栄のために1日1クリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ
サイト繁栄のために1日1クリックお願いします

サイト繁栄のために1日1クリックお願いします


サッカーのユニフォーム作成。便利な簡単カスタマイズシュミレータで自分好みに自由自在に作成可能。 全品20%OFF以上の特別サービス!!
戦術を鍛えろ!練習方法や指導方法に的を絞った実技・解説のDVD。


--/--/-- --:-- | スポンサー広告  

【オランダvsオーストラリア】

fc2_2014-06-18_05-56-35-105.jpg




これも同じ、軽く。



○前半

オランダは変わらず酷い。

中盤の謎プレスにより、スカスカの中盤。

そこを埋めようとしないCB。

なぜかスペイン戦で絶賛されていたが、やはり酷い。

ラインが高くても、中盤のスペースをカバーしなければ意味がない。

常に背走しているCBで守れるわけがない。

ラインを高くするのは、中盤のスペースを消すため。そんなことも分からない監督なのである。

もちろん、CBが良くない、中盤が良くないというのもある。

また、3412は時代遅れの戦術であり、それも大きい。




○時代遅れの説明、攻撃面

現代サッカーでは、中盤の真ん中、トップ下のところは最も狭い。

そんなところにトップ下を置いたところで、意味がない。

これが、4231や4411や4312なら、トップ下は流動的に動けるため、問題はない。

しかし、3412のトップ下は、スペースがないため、流動的に動けない。(横にはWB、前には2トップ、後ろには2ボランチがいるため。)

流動的に動く必要もなく、今より狭くなく、トップ下に絶対的な選手がいた昔のサッカーなら、3412は流行ったし、強かった。(しかも、それはドン引き守備だから。スペースがある。)

現代でも機能のさせようはあるが、このオランダ、スナイデルのような選手では厳しい。(ラインが高くてスペースがないから。ボランチが追い越そうとしないから。スナイデルは動く選手じゃないから。)





○守備面

これは、かつての記事で書いたから省略。343とほぼ同じだと思えば良い。



要は、3412をやるなら、

ラインが高いならトップ下を流動的な選手にするか、ボランチを追い越させるか。守備ではCBに中盤をカバーさせる。

ラインを低くするなら、トップ下にキープ力があり、推進力もある選手を。


ちなみに、352にすれば全部解決。





つまり、このオランダが機能するわけもなければ、ファンハールには扱えない戦術。

最悪、2トップは驚異のため、トップ下を無視して、ドン引きでカウンターしてれば良いが。





また、オランダは守備だけではなく、デ・ヨング、デ・グズマン、前述のようにスナイデルが酷すぎるため、全くパスを回せない。(動かない、ポジショニングが酷い、ボランチが横並び、パスを出すのが遅い、パスの判断も酷い。)

ペルシーとロッベンも動く選手じゃないため、ポストプレーや裏抜けがなく、完全に終わっている攻撃となっている。、


デヨング、デグズマン、スナイデル、ブリント、インディが攻守においてやばすぎる。

中央と左全員がやばいのだから、崩壊は当たり前。

そして、その崩壊しているオランダにぼろ負けしたスペインというチーム。


評価できるところが、3バックにしたということだけである。

433ならもっと酷いものが見れたと思うと、胸熱である。







オーストラリアは、前回は低いラインなのに、立ってるだけで誰も動かない、選手間広い、とゆるゆるの守備で酷かったが、今回は前から積極的にプレス。

人数をかけた攻撃で、非常に好感が持てる。

どっちが格上なのか分からない。


オランダ得点。GKやばい。

オーストラリアは個人がなさすぎるのがかわいそう。


同点。

ケーヒルすごすぎる。

インディけが。

ものすごい不謹慎だが、そのまま「けがの功名」か。

控えの実力を知らないが。


オランダは、根本的に酷いし、監督があれだから、改善点がありすぎて何とも言えない。

レンス入れて3トップとかで良いんじゃないでしょうか。

オーストラリアは、スタミナが持つかがカギか。






○後半

オランダは4231に。

この状況、オーストラリア相手ならこれが正解だろう。

ただし、守備はやばそうだし、ボランチもやばいことに変わりはない。

スナイデルはこのほうが活きる。

PK。

1-2。

ペルシ同点。

2-2。

GK。(笑)

スナイデルの動きが全く違う。

スペースがあり、自由に動けるから、前を向けるため。

3-2。

GK(笑)

避けてどうする。

オーストラリアのGKと左サイドの選手がもっと良い選手なら、試合はオーストラリアのものだっただろう。

オランダは4231にしても守備が不味いし、攻撃も3412よりは良いだけで、他の国相手ならそこまで良くならないだろう。

あくまで、相手は今大会最弱チームの一つである、オーストラリアだということを忘れてはいけない。

オーストラリアはかわいそうなくらい人材がいない。






関連記事



サイト繁栄のために1日1クリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ
サイト繁栄のために1日1クリックお願いします

サイト繁栄のために1日1クリックお願いします


サッカーのユニフォーム作成。便利な簡単カスタマイズシュミレータで自分好みに自由自在に作成可能。 全品20%OFF以上の特別サービス!!
戦術を鍛えろ!練習方法や指導方法に的を絞った実技・解説のDVD。


2014/06/19 19:42 | W杯特集COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。