スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



サイト繁栄のために1日1クリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ
サイト繁栄のために1日1クリックお願いします

サイト繁栄のために1日1クリックお願いします


サッカーのユニフォーム作成。便利な簡単カスタマイズシュミレータで自分好みに自由自在に作成可能。 全品20%OFF以上の特別サービス!!
戦術を鍛えろ!練習方法や指導方法に的を絞った実技・解説のDVD。


--/--/-- --:-- | スポンサー広告  

【オランダvsチリ】LIVE解説・展望・分析・感想









オランダは4231。

この4231なら、今までのオランダと同じく、あまり強くない。433よりはマシだが。

前回4231のほうが良かったのは、それはオーストラリア相手だからであり、チリ相手なら352が良いと思うのだが。


チリは352。

普通にチリが勝つと思われるが、オランダがカウンター特化や、特殊なフォーメーションなら、一応まだ分からない。

ビダルはコンディション問題か、代わりにグティエレス。





○前半

オランダは3412。ブリントをCB、カイトをWB。

これならまだ戦える。

むしろ、ペルシーがいないほうが、レンスで相手を広げられて良いのではないだろうか。

試合を見てみないと分からないが、良い試合になりそう。




チリは、ボールは持つが、オランダのブロック内でボールを持てないため、ボールが運べない。

チリはカウンターに持ち込みたいところだが、オランダが引いているため、ボールを持ってしまっている。

引いたもん勝ちである。




チリは早くオランダのブロック内(真ん中、中盤とDFの間)で回せるように慣れたい。

チリはロングボールも頻繁に使っているし、良い。


チリはブロック内で回すことに慣れてきた。

そこさえ使えてしまえば、オランダはかなり脆い。

しかし、チリもオランダのようなスピーディな個人技のカウンターには弱く、また、セットプレーも弱いため、オランダにもチャンスはある。



○20分~



チリは、オランダのラインが下がったのを見て(ロングボールとポゼッションで下げさせた。)、マークが着かないCBが持ち上がり、中盤の3人は全員前に上がる。

ショートカウンターは非常に不安だが、かなり良い判断。

オランダはチリのこの戦術により、ラインはさらに下がる。(オランダの中盤がチリの中盤に吊られて下がるから。)

よって、チリはオランダのブロック内で持てる。

しかし、中盤が全員上がるということは、相手のショートカウンターを止める術が全くないということであり(カウンターは前線の選手や上がった中盤が防げる。)、そこは危険である。

流動的にするのは良いが、流石に一人は残したほうが良いのでは。

流石にやばいと思ったか、ディアスが残る、下がるようになる。

オランダはインディがいないため、守備はその部分がかなり良い影響。

また、無駄な謎プレスもなくなっており、大分良くなっている。

オランダの守備が酷かったのは、謎のライン設定(高いのに、DFが中盤をカバーせずにすぐ背走。また、43412であの守りかたは最悪。)、謎のプレス(ボランチが中盤をぽっかり空ける。)、そして個人(特にインディ)が酷かったからであった。

しかし、インディが怪我をしたことによって普通に良くなるし、謎のライン設定とプレスもなくなっているため、全て解決。

ただし、別に個人個人の守備が良いわけではないし、まだまだ組織も甘い。



前半終了。

チリは今まで通り素晴らしい組織・戦術を見せているし、オランダも3戦目にしてやっと守備がまともになったため、良い試合に。

インディがいないことは間違いなくプラスであるし、カイトもブリントより良いし、決定力を除けばペルシーもいなくてプラスであるし(守備面、連携と相性面。)、デグズマンに代えてワイナルドゥムもプラスか。

怪我の功名。

このオランダはボールも無駄に持たないし、良い。




オランダは、スナイデルがいる意味があまりないため、FW(守備をする)を入れたほうが良いと思われる。

チリは、バルディビアはいたほうが良い。

バルディビアは中で受けられるし、そこからパスを出せる。





○後半

グティエレスに代えてボーセジュール。

オランダはより攻撃に人数をかけるように。

ただし、ポゼッションをするわけではなく、すぐにゴール前に入れるため、良い。

オランダが持つ展開に。

チリは343にしたが、それによってボールが持てなくなった。

オランダに有効なのは中央のスペースで持つことのため、ボーセジュールを入れる、343にするのは良くない。

シウバに代えてバルディビア。

4231か?

バルディビア投入は良いことだが、4バックだと守備は不安。

クロスからオランダが先制。

デパイ、フェーと効果的な采配(レンズがあまり良くなかったし、テクニックはデパイ、スナイデルはいる意味があまりなかった。)を行ったオランダ、ボーセジュール投入で343、そしてその酷さをなんとかするために4バックと、最悪の采配をしてしまったチリ。

その差。

ただし、チリは勝たなければいけなかったわけだし、そこは考慮しなければいけない。

カウンターでオランダが追加点。






試合終了。





オランダはかなり良くなっている。

プレスを少なくした、ラインを低めにした、攻撃を持たなくした、メンバーが良いから、である。

このままやるなら、オランダは強いが、戦術を変えたり、インディやペルシーが復帰してしまったならば分からない。

チリは勝たなければいけなかったわけだし、仕方ない。





オランダはおそらくメキシコと。

微妙だが、このままやるならほぼ互角か。

オランダが変に変えてきて悪くなるなら、メキシコ有利。




チリはおそらくブラジルと。

かなり厳しいが、上手くブロックで守れるなら、チャンスがないわけでもない。



関連記事



サイト繁栄のために1日1クリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ
サイト繁栄のために1日1クリックお願いします

サイト繁栄のために1日1クリックお願いします


サッカーのユニフォーム作成。便利な簡単カスタマイズシュミレータで自分好みに自由自在に作成可能。 全品20%OFF以上の特別サービス!!
戦術を鍛えろ!練習方法や指導方法に的を絞った実技・解説のDVD。


2014/06/24 00:55 | W杯特集COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。