スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



サイト繁栄のために1日1クリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ
サイト繁栄のために1日1クリックお願いします

サイト繁栄のために1日1クリックお願いします


サッカーのユニフォーム作成。便利な簡単カスタマイズシュミレータで自分好みに自由自在に作成可能。 全品20%OFF以上の特別サービス!!
戦術を鍛えろ!練習方法や指導方法に的を絞った実技・解説のDVD。


--/--/-- --:-- | スポンサー広告  

「GKのセーブはFWの一点と同じ価値がある」 【W杯決勝トーナメント展望】







(7) 7月1日 アルゼンチン(F組1位) 対 スイス(E組2位)

65%、35%

○総評
予想が難しい。

アルゼンチンが良くないことは明白だが、スイスも微妙。(ホンジュラスと並んで唯一1試合しか見ていないことも関係。)

スイスは、堅守速攻なら可能性はあるが、堅守速攻をやるかも微妙だし、やったとしてもいつものスイスと違い、堅守速攻向きのチームではない。

守備が固くないことと、カウンターもそこまで強力ではないからである。

ただし、ポゼッションでじっくり崩す攻撃でも、アルゼンチンは崩せる。

今のスイスなら、アルゼンチンの攻撃を最大限防ぎつつ、カウンターができればカウンター、できなければゆっくり攻めるのが良しか。

具体的には4141でブロックを作って、突っ掛けてきたら囲いこんで奪い、サイドに出したシャキリ等でキープして、中盤の押し上げで崩す。




○注目ポイント
スイスはポゼッションかカウンターか。

アルゼンチンに有効な守備ができるか。(ブロックで守りつつ、ドリブルしてきたら囲む。)

アルゼンチンは修正があるか。



○相性
お互いに攻撃の相性が良い。

スイスはサイドで持ちつつ、アルゼンチンのバイタルを崩せば良いし、アルゼンチンは個でスイスの緩いバイタル部分や、個に弱いCB部分を崩せば良い。

撃ち合いか一方的な試合かの可能性もある。(タレント力の関係上、スイスが一方的に勝つ可能性は低いが。)

スイスが最大限に守備を意識するなら、しょっぱい試合になる可能性もある。(アルゼンチンが崩せなく、スイスもアルゼンチンの個の守備を中々崩せず。)

アルゼンチンが352なら、一瞬で片は付く。





○キープレーヤー
シャキリ、マスチェラーノ、ラベッシ、ディ・マリア

シャキリとマスチェラーノの対決は見物。

マスチェラーノがシャキリを徹底的に潰せるならば、スイスは厳しい。

スイスは、変則4141でシャキリをフリーにすることをお薦めするが、4231なら守備部分(囲みづらいし、バイタルも空く。)も心配だし、シャキリ部分も心配。(トップ下ならマスチェラーノに付かれる、サイドならシャキリの守備が。)。

ラベッシとディ・マリアはアルゼンチンで唯一(予想のスタメンと戦術での話。本当は非常に多い。)、スイスの苦手な高速ドリブルと流動的な動き(スペースへの動き。)ができる選手なため、彼らがどこまでできるか。

ディ・マリアはポジション上勝手にそれをやってくれるだろうが、ラベッシはそのタスクが与えられるか、スタメンで出るかが注目。

433でもメッシを出しても良いから、
メッシ
パラシオ、ラベッシ
にしてあげれば流動的な攻撃になるし、ハイラインハイプレス+リトリートにすれば守備も問題ないのだが。


スイスは、アルゼンチン対ナイジェリアという格好のアルゼンチン対策がしやすい試合があったが、それを分析できているか。

4141(囲みやすい、ブロックしやすい、カウンターしやすい。)にするなら、戦術上かなり有利になる。

ヒッツフェルトが無策なら、アルゼンチンの勝ちは堅いだろう。







(8) 7月1日 ベルギー(H組1位) 対 アメリカ(G組2位)

35%、65%

○総評
タレント力ならベルギー、チームとしては明らかにアメリカ。

総合的には、アメリカにかなり怪我と疲労があり、アメリカの苦手な守備の固いチームなため、ベルギー有利か互角かもしれないが、アメリカがしっかり自分達のサッカーができ、終盤にもつれ込まずに早目に片を付けられるなら、アメリカが普通に勝てる。

ベルギーの、のらりくらり(わざとやってるわけではない。)から拮抗したまま終盤に行き、結局パワープレーというなんとも言えない展開に付き合わされると、アメリカは嫌。


○注目ポイント
アメリカの戦術。

4141か、4411か。


○相性
お互いに守備の相性が良い。

ベルギーのガッチガチの守備はアメリカは苦手であるし、ベルギーもアメリカの引いた守備(+高い)は苦手。

戦術上はアメリカが圧倒的に優勢だが、アメリカには怪我や疲労がある。

また、ベルギーには守備の個がある。



○キープレーヤー
ブラッドリー、ビーズリー、ジョンソン、クルトワ

ブラッドリーは戦術のキーマンなため。

ビーズリーはメルテンス(おそらく)にやられないか、ジョンソンはアザールをしっかり潰せるか。

クルトワは、決定力(最後の個)があるとは言い難いアメリカの攻撃を抑えられるか。



関連記事



サイト繁栄のために1日1クリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ
サイト繁栄のために1日1クリックお願いします

サイト繁栄のために1日1クリックお願いします


サッカーのユニフォーム作成。便利な簡単カスタマイズシュミレータで自分好みに自由自在に作成可能。 全品20%OFF以上の特別サービス!!
戦術を鍛えろ!練習方法や指導方法に的を絞った実技・解説のDVD。


2014/07/01 13:07 | W杯特集COMMENT(4)TRACKBACK(0)  

コメント

subject

3-5-2推しwww
フォーメーションを表す数字は電話番号のようなもの

No:151 2014/07/01 15:42 | #- URL [ 編集 ]


Re: subject


名無しさん

確かに、フォーメーションはただ単純に選手の配置を表しただけの時もあり、選手の役割や戦術も含めなければ、そのチームを表しはしません。
しかし、明らかにフォーメーションだけでも違う時もあります。
アルゼンチンはその代表例です。
失礼ですが、貴方はアルゼンチンの352を見たことがあるのでしょうか?
勿論、メッシ抜きのです。

今とは比較にならないほど強かったのですが。

まず、私はフォーメーションをただの記号として書いているのではなく、選手の役割、戦術も含めて書いています。
その「含み」も理解できなかったですかね?
申し訳ありません。
フォーメーションをただの記号として書いている方もおられますが、私は記号としてではなく、戦術や役割も含めて毎回書いていますし、大半の方は理解してくれています。

オランダやメキシコやコスタリカやチリが、あのメンバーにも関わらず、なぜ強いかも理解できないですか?
もう少し考えてから、勉強し直してから人に意見したほうが宜しいかと思います。

No:152 2014/07/01 16:29 | カハ編集員 #CrS0LqOg URL編集 ]


subject

すいませんでした
煽ったような感じになってしまい申し訳ないです
自分アルゼンチン応援してるんでこれまでの戦い方などでモヤモヤしてたとこもあったんでキツくなってしまいました
これからは気をつけたいと思うので許してもらえるとうれしいです

No:153 2014/07/02 15:23 | コメントしたものです #- URL [ 編集 ]


Re: subject


名無しさん

いえいえ。
煽られてたのかと思ってましたが、違ったのですね。
こちらこそきつく言ってしまって申し訳ありません。

アルゼンチンは強いんだから勿体無いですよね。

No:154 2014/07/02 20:16 | カハ編集員 #CrS0LqOg URL編集 ]




管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。