スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



サイト繁栄のために1日1クリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ
サイト繁栄のために1日1クリックお願いします

サイト繁栄のために1日1クリックお願いします


サッカーのユニフォーム作成。便利な簡単カスタマイズシュミレータで自分好みに自由自在に作成可能。 全品20%OFF以上の特別サービス!!
戦術を鍛えろ!練習方法や指導方法に的を絞った実技・解説のDVD。


--/--/-- --:-- | スポンサー広告  

凄く端的にまとめた決勝戦







○前半

アルゼンチンは4411で引いて守る。メンバー含め、「これまでや、メッシを使う現状を考えたら」最善の選択。

ドイツはケディラがいなく、あまり良くない。いてもベストではないが。

ドイツのミス等もあり、チャンスの数はドイツだが、決定機は若干アルゼンチンか、という印象。

ドイツはケディラのアクシデントも痛いが、さらにクラマーも下がり、4231を選択。さらに不味くなった。







○後半

アルゼンチンが433に変更。しかもラベッシを変える。

意図も分からなくはないが(もっと持ちたい、サイドを使ってドイツを下げたい、SBとCBの間を突く。)、守備面を考えたら全く良くない。また、なぜラベッシか。

しかも、攻撃面もなぜか放り込み始めて、攻守で最悪なことに。

さらに、途中でペレス→ガゴ。意味が分からない。



また、GKの差はかなり大きかった。

ロメロもそこまで悪くはなかったが、あくまで今シーズンを考えたらであって、イタリアにいた時には遠く及ばないし、良くはなかった。(大会を通して。)




ドイツが慌てた後半開始直後は除き、あとは延長も含めて、ずっとドイツペース。

ドイツは全く良くなかったが、アルゼンチンが自滅した形。








○まとめ


本当に、アルゼンチンは組合せが良かっただけ。(南米開催と気候も味方。)

オランダ対ドイツが見たかった。

オランダならドイツに勝っていた可能性は高いし、オランダ対アルゼンチンもオランダが勝って然るべき内容であった。(この試合のファンハールの責任は大きいが。)




ドイツは良かったし、オランダと並んで今大会で一番良いチームであった。(タレント力含む。)

しかし、W杯優勝レベルかと言われればそうではなく、2010年の時とそこまでは変わらないだろう。

強豪国の相次ぐ自滅や酷い戦術により(具体的にはイタリア、スペイン、ブラジル、アルゼンチン、ポルトガル、フランス、ベルギー。)、「消去法のNo.1」と言わざるを得ない。

あくまでベスト4レベルだろう。(毎度の組合せの良さもある。ベスト4レベルということは十分強いのだが。)

2010年のスペイン、2006年のイタリア、2002年のブラジル、1998年のフランスと見て、これらのチームは真に強かったし、優勝して然るべき圧倒的な力があった。

これらのチームと比較してみて、今回のドイツが何段階もレベルが下がって見えるのは私だけではないはずである。


戦術レベルが高いチームがメキシコ、コロンビア、アメリカだけとは、何とも不甲斐ない大会だろうか。

(オランダのあれは、元来やって当然のことであるし、良くない試合も多い。ドイツはそこまで良いわけでもない。)






ドイツは良いチームである。

しかし、「良いチーム」としか言えない。

つまらなかったわけではないが、個人的には非常に残念な大会であった。

ブラジルという過酷な地での大会ということも大いに関係があるだろうから、これからはもう少し考えて開催して欲しい。

あらゆる所で開催したい、開催するならばその国のあらゆる地方で開催するという、「W杯でその国のサッカーを盛り上げる」ということを否定する気はないし、良い面もあるが、大会のレベルを下げることになるし、選手やチームが難しくなることは間違いない。

高温多湿、かなりの温度差、信じられない移動距離、組合せのあり得なさ、チーム間の環境の格差、相次ぐ事故や治安の悪さ。

それによる、最低レベルのチームの多さ、良いチームの圧倒的な少なさ、目に見えるコンディションの狂い。

「ずさんな大会」と言われても仕方がないだろう。






興行を取るか、サッカーのレベルを取るか。

カタールW杯は少しずつ迫ってきている。

関連記事



サイト繁栄のために1日1クリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ
サイト繁栄のために1日1クリックお願いします

サイト繁栄のために1日1クリックお願いします


サッカーのユニフォーム作成。便利な簡単カスタマイズシュミレータで自分好みに自由自在に作成可能。 全品20%OFF以上の特別サービス!!
戦術を鍛えろ!練習方法や指導方法に的を絞った実技・解説のDVD。


2014/07/16 22:03 | W杯特集COMMENT(2)TRACKBACK(0)  

コメント

マンUが好きなのですが、今更ですがファンハールの就任はどうみますか?
またファンペルシーのダメなとこを教えてください。

No:167 2014/07/17 00:11 | #- URL [ 編集 ]


Re:


名無しさん

ファンハールの就任は、そこまで良くもないけど、ある程度理解はできる、って感じですかね。
ファンハールは特別良い監督だとは思いませんが、基礎作りは上手いこと、リーグ戦は上手くやるという特長があります。

非常に強いチームが出来上がる、面白いサッカーをする、ということはほぼないと思いますが、ある程度は保証できますし、モイーズよりはマシですし、モイーズが壊した組織を建て直すことはできると思います。
要は、次の監督までの基板整備ですね。
ファーガソンやラニエリみたいな監督だと思えば良いんじゃないでしょうか。
良くはないし、非常につまらないサッカーだけど、組織は作れるし、堅いからある程度は保証できる、と。
ファンハールは442でグダグダに持って、最後は個人技、ってなると思いますが、ユナイテッドは今までもそうだったため、良くも悪くも合ってるんじゃないでしょうか。

ペルシーですが、とても良い選手だと思いますよ。特に問題もないと思います。W杯が酷かっただけです。ファンハールとコンディションのせいです。
細かく言うなら、彼はポストプレーやサイドに流れる動き、運動量が問題なのですが、アーセナルではそれができていました。ヴェンゲルはFWの動きの指導に関しては素晴らしい監督ですから。
コンディションや年齢的な問題もありますが、あまり頭は良くないんでしょうね。指示されなければやらない、みたいな。出来ますし、上手いのですが。
オランダ代表では昔から彼の動きは酷いです。
今回で言えば、カウンターですから、彼のやるべき仕事はロッベンのためにスペースを空けること、ポストプレー、フィニッシュ、つまり流動的に動くことです。そうすれば、カウンターがスムーズになりますし、彼自身も得点が取れます。
全て、一切やっていませんでしたね。ただ立っていただけです。簡単に言うならポジショニングが最悪でした。
彼の判断部分も相当悪いですが、一番悪いのは監督ですね。
指示さえすれば彼はそれらができる選手ですから。

No:169 2014/07/17 08:23 | カハ編集員 #CrS0LqOg URL編集 ]




管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。