スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



サイト繁栄のために1日1クリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ
サイト繁栄のために1日1クリックお願いします

サイト繁栄のために1日1クリックお願いします


サッカーのユニフォーム作成。便利な簡単カスタマイズシュミレータで自分好みに自由自在に作成可能。 全品20%OFF以上の特別サービス!!
戦術を鍛えろ!練習方法や指導方法に的を絞った実技・解説のDVD。


--/--/-- --:-- | スポンサー広告  

ついに破産、トスカーナのzebra






2013−14シーズ ン、セリエBに在 籍したシエナとパ ドヴァが、新シー ズンの開幕を前に 破産したようだ。 イタリアメディア

『FootballITALIA』が15日に報じている。

イタリアでは、新シーズンのリーグ戦 にチームを登録するために、財政面にお ける安定性の証明が必要となる。シエナ とパドヴァの両クラブは、それを証明す るに足る資金の準備に失敗し、破産に 至った模様だ。

シエナは、2013−14シーズンのセリエB を9位で終了。メインスポンサーであるモ ンテパスキ銀行の経営不振によって、こ こ数年は破産危機に直面していたが、モ ンテパスキ銀行がチームへの融資から撤 退したことで、セリエBへの登録資金を調 達することができなくなったと伝えられ ている。今後は、新オーナーがクラブを 買い取ることができるが、その場合はセ リエDからのスタートとなるようだ。

シエナはクラブ公式HPで声明を発表。 「新シーズンのリーグ戦にチームを登録 するために、複数かつ迅速な試みをして きたが、目標を達成できなかった」と、 明かし、「ACシエナ株式会社のメンバー を臨時に緊急招集する」といった今後の 対応を説明している。

一方のパドヴァは、2013−2014シーズ ンのセリエBを20位で終了し、降格が決 定。こちらも財政面での負担によって、 プロリーグへの登録が不可能となり、破 産に至った模様だ。こちらは、新オー ナーの買い取りがあった場合、アマチュ アリーグからの復帰となると見られてい る。

パドヴァもクラブ公式HPで声明を発表 し、「最終局面で、出資を得られないこ ととなり、プロリーグに加盟できなく なった。少なくとも、当面はユース年代 に集中していく」と、述べている。

今回、破産となってしまった両クラブ は、ともにセリエAへの昇格経験を持って いる。最近では、シエナは2012−2013 シーズン、パドヴァは1995−1996シーズ ンにセリエAへの参戦を果たしている。

ーSOCCER KINGー






イタリアの経済危機の影響もあり、深刻な経済難に陥っていたシエナ。

ついに破産となってしまった。

昨シーズンにセリエBに降格し、1年でのセリエA復帰を目指していたシエナだが、八百長疑惑による勝ち点減点と終盤の失速が響き、まさかのプレーオフにすら進出できないという形となってしまった。

おそらく、1年でのセリエA復帰を念頭に置いた経営戦略をしていたため、破産となってしまったのだろう。(元から、セリエAにいた時から、ここ数年かなり不味い経営状況だった。)

実際、セリエAに復帰できていれば、破産とはならなかっただろう。


シエナは、1年でのセリエA復帰を目指し、主力も多く残留していた。






イタリアはこういう楽観的、計画的ではない経営のチームが多く、「どうせ1年で復帰できるから」と高額選手を残し、昇格できずに経営難というチームが多い。

また、セリエAに上がったのを良いことに、補強しすぎた上に1年で落ち、経営難というチームも多い。




イタリアでは、有名ではないチーム(資金力のないチーム)が中々セリエAに上がれない、上がってもすぐに落ちるのは、こういうことが多いからである。

セリエAで戦えるチームではないにも関わらず昇格してしまい、資金を多く使った上に降格し、そして経営難。

まず、補強しすぎて選手が多く入れ替わるとあまり機能しなくなるし、こういうチームはレンタル選手が多いため、降格したら選手もいなくなる。

補強でお金を使い、選手はかなり入れ替わり、そして降格し、選手は去っていく。

つまり、資金がなくなった上に、チームは機能しなくなるし、降格するし、選手が去っていってまた機能しなくなる。

最悪である。

最近では、レッジーナやノヴァーラやペスカーラやチェゼーナ(今年昇格)他多数がこの「セリエB監獄」パターンに嵌まっていた。

セリエBは過酷なため、昇格するのも難しいし、昇格したとしてもセリエBとセリエAのレベル差が激しくて、残留するのも難しい。

セリエBは日程も多いし、戦術的に嫌らしいチームが多いし、セリエAに上がったら上がったで、強豪チームが多いし、残留のプロ達もいる。

実質、セリエAの残留枠は他国と比べてかなり少ないのである。

ユーヴェ、ミラン、インテル、ローマ、ラツィオ、ナポリ、フィオレンティーナは降格するわけがないし、ウディネーゼ、トリノ、パルマ、ジェノア、サンプ、カリアリ、キエーヴォ、エラス、アタンタも降格する可能性は非常に低い。

さらに、そこにパレルモ、ボローニャ、バーリ、レッチェ、エンポリ、カターニャ、シエナ、リヴォルノ等の老舗が控えている。(レッチェとシエナは破産。)

セリエAはこういう老舗、地盤があるチーム、要は潜在的な資金力があるチームが強い。

長年セリエAでやっている戦術レベルの高いチーム、ブランド力の高いチームが多く、セリエBから上がってきた新参チームはかなり厳しいのである。(例えばプロヴィンチャでも、ウディネーゼやキエーヴォやカリアリが降格する所は想像できないであろう。)

今年も、エンポリ(エンポリは老舗だが。)とチェゼーナは厳しい戦いが予想される。




セリエAに残るためには、セリエBで圧倒的な力を持ち、そこから引き抜かれないこと、その戦力を維持できることが必要である。

そこから、さらに良い補強(数会わせではない。つまりレンタル祭は駄目。)が必要になってくる。

先に挙げたペスカーラやノヴァーラやチェゼーナのように、その場しのぎのレンタル祭の酷い補強では勝ち残れない。

運良く勝ち残ったとしても、次のシーズンには落ちてしまう。

このように、セリエAに残留するには、補強が必須であるし、ある程度引き抜かれないことも必要。

つまり、老舗の資金力やブランド力のあるチームでないと駄目ということである。

老舗のチームは、例え資金力がなくても、優秀な下部組織や優秀な監督との繋がり、海外のコネクションやセリエAのチームとのコネクション等の地盤があるため、勝ち残れるのである。

ナポリ、ボローニャ、アタランタ、トリノ、ジェノア等が昇格してからずっとセリエAにいるのも必然なのである。

彼らには地盤がある。

その「地盤」があるシエナが破産したことは残念でならない。

また、「地盤」があるリヴォルノやパレルモ(上がってきた)、カターニャ、ボローニャ、レッジーナ、レッチェ等が降格や破産(レッチェとシエナ)したのは嘆かわしい。



次は、今シーズン降格した、深刻な経営難のボローニャがシエナと同じ道を辿らないか心配で仕方ない。

関連記事



サイト繁栄のために1日1クリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ
サイト繁栄のために1日1クリックお願いします

サイト繁栄のために1日1クリックお願いします


サッカーのユニフォーム作成。便利な簡単カスタマイズシュミレータで自分好みに自由自在に作成可能。 全品20%OFF以上の特別サービス!!
戦術を鍛えろ!練習方法や指導方法に的を絞った実技・解説のDVD。


2014/07/17 08:46 | コラムCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。