スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



サイト繁栄のために1日1クリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ
サイト繁栄のために1日1クリックお願いします

サイト繁栄のために1日1クリックお願いします


サッカーのユニフォーム作成。便利な簡単カスタマイズシュミレータで自分好みに自由自在に作成可能。 全品20%OFF以上の特別サービス!!
戦術を鍛えろ!練習方法や指導方法に的を絞った実技・解説のDVD。


--/--/-- --:-- | スポンサー広告  

2010年 アッズーリは4312






国際親善試合
ルーマニア1-1イタリア
Inオーストリア
GOAL
34マリカ
82オウンゴール

試合は見てないんですが。

まずは、招集メンバーと軽くコメントです。

まず、なんと言っても若い・・・!!

30超えはピルロとマウリのみ(たぶん)。

では。

GK
1 エミリアーノ・ヴィヴィアーノ(ボローニャ)
15 アントニオ・ミランテ(パルマ)
23 サルヴァトーレ・シリグ(パレルモ)

アッビアーティが招集されていないこと以外に不満はないです(笑)

全員若いながら素晴らしい選手。

親善試合だし、若手しかいないいんで、全く必要ないですね。

DF
2 ダヴィデ・サントン(インテル)右、左SB
3 ドメニコ・クリッシト(ジェノア)左SB
7 フェデリコ・バルザレッティ(パレルモ)左SB、初招集
13 ダニエレ・ガスタルデッロ(サンプドリア)CB
16 マッティア・カッサーニ(パレルモ)右SB
17 アンドレア・ラノッキア(ジェノア)CB、初招集
19 レオナルド・ボヌッチ(ユヴェントス)CB
20 ダヴィデ・アストーリ(カリアリ)CB

今まで何度も言っているが、プランデッリは本当にセンスあると思う。

今までの2前任者がろくな招集しなかったから、嬉しいです。

CBは背が高くて、技術もあり、スピードもまぁある選手がずらり。

やっぱイタリアはなんだかんだDFすごい。

ここ10年、CBはネスタとカンナヴァーロに頼りすぎていたから、CBがろくなのでてこないって言われてましたが、それも終わりますかね。


MF
4 クリスティアン・レデスマ(ラツィオ)DH、CH、初招集
5 ダニエレ・デ・ロッシ(ローマ)DH、CH
6 ステーファノ・マウリ(ラツィオ)CH、SH
8 アレッサンドロ・ディアマンティ(ブレシア)CH、OH、初招集
14 アルベルト・アクイラーニ(ユヴェントス)CH、OH
21 アンドレア・ピルロ(ミラン)DH、CH、OH

アルゼンチン人のレデスマが初招集。バロテッリとともに、極右のウルトラスが人種差別の横断幕やったらしいですね。

中盤はなんと言っても、アクイラーニの復調が大きい。

彼はアッズーリの中盤の核になれる選手です。

ディアマンティも面白い。個人的にローマがやられてるからあまり良い印象はないですが。笑


FW
9 ジャンピエロ・パッツィーニ(サンプドリア)
10 マリオ・バロテッリ(マンチェスター・C)
11 アルベルト・ジラルディーノ(フィオレンティーナ)
18 ファビオ・クアリアレッラ(ユヴェントス)
22 ジュゼッペ・ロッシ(ビジャレアル)

フッロカーリがいない・・・。

しかし、他の選手も皆活躍してるから仕方ないか。

若くないですしね。

カッサーノが招集できないのは痛いですね。


こう、見ると、全体的にかなり希望の見えるメンバーです。

かなり若手主体で臨んでいるのも良いですね。

若手主体と言っても、全員素晴らしい選手たちです。

では、スタメン。

ヴィヴィアーノ
サントン ボヌッチ ラノッキア バルザレッティ
レデスマ
アクイラーニ マウリ
ディアマンティ
バロテッリ ロッシ

4312です。

試合前からスタメン発表されてたんですが、どういうフォーメーションでやるか悩みました。

4312だとは思いましたが、このメンバー、433も451も442もできます。

招集選手のところで、わざわざできるポジションを書いたわけは、このためです。

あっ、でもトレクアルティスタを置いた、って書いてあっただけなので451かもしれないですね。

プランデッリは451好きなので。

まぁ、そのあたりはメンバー的に、おそらく流動的でしょう。(そうであってほしい)

試合・・・見たかったです。




では監督のコメントです。

チェーザレ・プランデッリ
「もうちょっと期待していた」

イタリア代表は17日、国際親善試合でルーマニア代表と対戦し、1-1で引き分けている。ドローに持ち込みはしたものの、苦戦したチェーザレ・プランデッリ監督は、試合後のイタリア『RAIスポーツ』のインタビューで、次のように語った。

「相手はとてもアグレッシブだった。我々がよりうまくパスできるようになったのは、後半になってからだったね。チームが後半に見せたキャラクターは気に入ったよ。それは失いたくない」

「デビュー戦となった選手たちは、パーソナリティーの点で良くなかった。もう少し期待していたんだけどね。(マリオ・)バロテッリ? 彼はとてもうまくやったよ。交代するまで力を尽くそうとしていた。人種差別? 何か特別なことをしたいけど、こういうことの前には我々は無力だ」

戦術面について、再びトレクアルティスタ(トップ下)を用いた戦い方をするかと問われると、プランデッリ監督は「おそらくはそうなるだろうね。ただ、私はいろいろな動きを見たいと思っている」とコメントしている。
関連記事



サイト繁栄のために1日1クリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ
サイト繁栄のために1日1クリックお願いします

サイト繁栄のために1日1クリックお願いします


サッカーのユニフォーム作成。便利な簡単カスタマイズシュミレータで自分好みに自由自在に作成可能。 全品20%OFF以上の特別サービス!!
戦術を鍛えろ!練習方法や指導方法に的を絞った実技・解説のDVD。


2013/11/22 23:34 | 過去記事COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。