スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



サイト繁栄のために1日1クリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ
サイト繁栄のために1日1クリックお願いします

サイト繁栄のために1日1クリックお願いします


サッカーのユニフォーム作成。便利な簡単カスタマイズシュミレータで自分好みに自由自在に作成可能。 全品20%OFF以上の特別サービス!!
戦術を鍛えろ!練習方法や指導方法に的を絞った実技・解説のDVD。


--/--/-- --:-- | スポンサー広告  

悪魔の心臓










心臓の位置を変えたらどうなるか?

心臓が機能しなくなったらどうなるか?

今日の悪魔は心臓の位置を変えて挑んだ。


Episode 21th 「intemperate heart」






セリエA第21節

ミランvsチェゼーナ
INスタディオ・サン・シーロ
主審:アンドレア・ロメロさん


今回も相手がふぁっく4なのでシカトで、ミランだけです。最近ふぁっく4多いな・・・(笑)

ミランのスタメンと個人的評価点(平均点6.0)とコメントです。



ミラン4312

GK
・アッビアーティ6.5
キックミスが目立ったかな。でも、他は素晴らしかった。
DF
・アバーテ6.0
可もなく不可もなく。
・ネスタ -
速攻で怪我。
→前半21分にソクラテス6.0
ラインぐちゃぐちゃだったけど、対人戦はまぁまぁ良かった。
・ジェペス6.5
安定してた。読みも良い。
・アントニーニ5.0
攻撃も守備も最悪。
MF
・シウバ5.0
これはない。もちろん彼は頑張ってたけど。監督が悪い。
・アンブロジーニ6.5
攻守に奮闘。中盤が悪かったのは決して彼のせいではない。良くやってた。
・メルケル6.0
良いプレーではなかったが、アンブロさんと同様に彼のせいではない。かわいそうだった。
・ロビーニョ8.0
決定機をはずしまくってた。ただし、素晴らしい動きとドリブルだった。
FW
・カッサーノ7.5
本気で素晴らしい。
→84分にパト -
特になし。アピールしたいのは分かるが、エゴすぎだしひどすぎだし。
・イブラヒモヴィッチ7.0
彼に入るパスが最悪な中、素晴らしいプレー。しかし、やはりシュートが下手すぎる。



○前半

○前半0~15分

ガッツが試合直前で怪我。急きょシウバをボランチにして、シウバの所にジェペス、アンブロを右インサイドハーフに。

これをやるぐらいなら、オッドでもソクラテスでもボネーラでもSBにして、アバーテを右インサイドハーフにしたら良かったのに。特にオッドさんでも。

そうしてれば、たぶん3-0か4-0でボコボコにしてたと思います。てか、断言できます。

確か、CLで前もシウバをボランチで使ってたけど、これはないぜアッレグリさん。

経験者の人なら分かると思いますが、CBがボランチをやった時のあの悲惨さと言ったらない。

ただの守備専で、チームが放り込むとかだったり、マルケスみたいな鬼畜人なら良いんですけど。

確かに、シウバはめちゃくちゃパスが上手い、足元のある選手。

でも、ボランチ、特にミランの中盤の底は、それだけじゃダメなんです。


1.流動的に動く中盤の中で、絶妙なポジショニングを見せる必要があります。攻撃でも守備でも。

攻撃時は、味方のパスコースを常に作らなければいけません。そして、素早くボールを叩く。

守備時も、流動的に攻めて空いた危険なスペースを埋めるポジショニング。

分かりやすく言うと、バルサやスペインでのブスケツの仕事。

これがミランでできるのは、アンブロさんとピルロのみ。

守備面はできてましたけどね。ある程度。アンブロさんも横にいたし。


2.そして、CBの選手にありがちなのが、パスの判断が悪いということ。

パスの選択肢も悪いし、ボールを離す速さも遅すぎる。こんな選手が中盤の底にいて、良い攻撃ができるわけがない。

ポゼの時もカウンターの時も彼の所でボールが止まります。

パスが上手いと言うだけでできるほど、ボランチというポジションは甘くない。

てか、ボランチは、パス精度とかクソでもいいから、何よりも重要なのがパスの判断が良いこと。

シウバはCBの選手です。





あ~~~~、なんで変えた!?アッレグリさん!?

アンブロさんをチームの中心にした「シェネジャットーレ・システム」(久しぶりに出たな。笑)

なぜアンブロさんを底からはずした。自分で彼を中心にチーム作っといて。

彼の変わりはピルロしかいない。それだけ重要。しかも、守備面を考えても、ピルロを活かすことを考えても、アンブロさんの底がベスト。

そんなにチェゼーナの攻撃が怖かったか!?いやいやいや。

前の試合で、アバーテのインサイハーフがけっこう機能してたんだから、それで良かったじゃないか。とにかく、なぜアンブロさんを底から変えた!?

確かにガッツの試合直前の怪我は予想外でしょう。当初のスタメンでやってれば何の問題もなかったわけですし。パトもちゃんとはずしてくれましたし。

しかし、シウバの底はない・・・。

あぁ、試合に戻ります。

グッダグダです。

ちょっと、・・・おい。

テキトーにイブラさんの足元に入れて、そこからゴール前グチャリーノしかない。

いやいやいや・・・。

ミドルの回数が尋常じゃなかったが、(最初は戦術かと思ったけどたぶん違う)アンブロさんやシウバが打ってもね・・・。

ミドルの回数が多いというのは、攻撃が全く上手くいっていない証拠。

パスコースがない。いや、自分達で消してる。シウバがボール離すの遅いし、選択も悪いから。

ミランはミドルが少ないチームなのに。


あ、メルケルは良くなかったです。なぜなら、何度も言うがシウバが底だから。

彼のプレーは、ボールの引き出しと、シンプルにボールを叩いてリズムを作ること。

いや、だって良いパス来ないし、シウバのサポートは最悪だし、アントニーニもひどいし。

彼自身は頑張ってた。というか、あの状況で良くあそこまでやってた。素晴らしいです。

天才ですね。あのボールの引き出し方はすごい。

私がここまで天才だと衝撃を受けたのは、トッティとサヴィチェヴィッチ以来。

彼は上手く育てればジダンになれる。上手く育ててくれアッレグリさん。

こんな1試合で見限らないでください。マジでこの選手はすごい。


○15~30分

ミランはグダグダながらも、けっこうチャンス作ります。

流石はふぁっく4といった感じか。

しかし、このチェゼーナ。攻撃の幅が最近広がってきましたね。1トップをブダンにしたあたりからですか。うん、けっこう良い攻撃。これならふぁっく4卒業でも良いかもしれませんね。まだまだですけどね。

ミランのことも良く研究してます。特に、選手個々については良く研究してる。イブラとかすごいやりづらそうでした。

イブラとカッサーノを抑えることに全力を尽くしてた、ってかんじです。

要は、ライン低くして、ミランの中盤はシカトって感じです。

しかし、ある程度バイタルあたりでラインは止める。まぁ、ブロック守備っちゃブロック守備だけど、ちょっと違います。めんどいんで説明はなしで。

つまり、ミランは中盤から良いパス入らないし、裏に出せる技術もないから、バイタルあたりでライン作れば何もできない、と。ピルロいませんしね。

3センター(チェゼーナは433)もラインに加わったりして、とにかくイブラとカッサーノに前を向かせない。

カウンターも、中盤はシカトで、とにかくイブラとカッサーノを切る。

良い戦術なんですけどね。まあ、シウバじゃなければそう上手くいってなかったから、ラッキーでしたね。

いつもだったら、中盤も前線も流動的に動くから、2トップがスペースなくても前向けます。中盤が飛び出して行って、マークをつり出しますからね。中盤自身もポジションチェンジでマークをはずして、前を向けます。

ロビーニョやメルケルも良い位置とタイミングでもらえれば、良いパス出せますからね。カッサーノも中盤がしっかりしてれば前向けるから、パス出せます。

つまり、この戦術は普段だったら全く通用しません。

何度も言いますが、このチームの核はピルロじゃない。

フィッカデンティは何を勘違いしたのか、この戦術。

ここ3試合を見たのかな?って感じです。

パトがいた時の試合ですね。

彼がいなくて、シウバも底じゃなければ、こんな戦術通用しませんからね。

まぁ、ガッツ離脱とアッレグリの血迷った采配で結果的にハマりましたが。



○30~45分

アンブロさんが底にいないせいで、守備もやばめです。

今回はネスタがいないからじゃないです。

ソクラテスもジェペスも良くやってました。

シウバはやっぱり潰すとこがちょっとおかしい。CBの選手ですからね。

しかし、決定機は、アントニーニがバックパスやらかして大ピンチ、ってやつぐらいでした。

序盤はもっとチャンスありましたけどね。ミランも試合直前のメンバー変更でかなりゴタゴタしてたんでしょう。

グダグダな攻撃の中、前半ロスタイム、今日も大活躍のカッサーノ君の素晴らしい浮き玉のパスにイブラが走り込んで、あわてたペジェグリーノがオウンゴール。

触ってなかったら、イブラが(たぶん)決めてたから、しょうがないですかね。

あれ、ペジェは確かローマ戦でもオウンゴ-ルしてたような?

センシーニ2世ですかね。(笑)





○後半


さっきも触れましたが、アントニーニが終ってました。守備でも攻撃でも。

ここまでひどいと流石に弁解できません。なんとかしてください。

ハーフタイムで、たぶん修正したのか、シウバを経由しない方向でいきます。

アンブロさんにボール集めとけ、みたいな。

シウバにはあまりパスを出さずに、アンブロさんが中央気味に。だったら、シウバ変えようよ。

まぁ、前半よりは良くなりましたが、アンブロさんの使い方はそんなんじゃないのでね。

前半よりは良いけど、やっぱりグダグダです。

しかし、チェゼーナの攻撃も守備もグダグダなので、チャンスは前半に引き続きけっこう作ります。

しかし、たびたび訪れた決定機もロビーニョとイブラがはずしまくる。

いやぁ、はずしすぎでしょ・・・。



70分あたりから(たぶん)ミランが余裕な感じでグダグダにパス回していきます。鳥かごみたいな。リスクを負わずに、グダグダかつテキトーに回します。ここで、私の試合への興味がなくなりました。笑

いや、だってチェゼーナもやる気ないし、決められるわけないし、ミランもグダグダだし。ミランじゃなかったら寝てましたね。

後半ロスタイム、最後の頃にやっと本気を出してきたチェゼーナのすきをついて、イブラがゴール。

試合終了です。



ミラン2-0チェゼーナ
45OG、90イブラ


(リーグでは)2試合連続で最低の選択をしたアッレグリさん。

勝ってくれたから良いんですけどね。格下だからって、色々試すのやめてください。

あなたは、良い監督なんだから分かってると思います。二度とやらないでください。以上。

あ、サンマルコお帰り。適度に頑張ってください。

関連記事



サイト繁栄のために1日1クリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ
サイト繁栄のために1日1クリックお願いします

サイト繁栄のために1日1クリックお願いします


サッカーのユニフォーム作成。便利な簡単カスタマイズシュミレータで自分好みに自由自在に作成可能。 全品20%OFF以上の特別サービス!!
戦術を鍛えろ!練習方法や指導方法に的を絞った実技・解説のDVD。


2014/09/20 21:20 | 過去記事COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。