スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



サイト繁栄のために1日1クリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ
サイト繁栄のために1日1クリックお願いします

サイト繁栄のために1日1クリックお願いします


サッカーのユニフォーム作成。便利な簡単カスタマイズシュミレータで自分好みに自由自在に作成可能。 全品20%OFF以上の特別サービス!!
戦術を鍛えろ!練習方法や指導方法に的を絞った実技・解説のDVD。


--/--/-- --:-- | スポンサー広告  

フランチェスコ・トッティ 【選手名鑑】









*編集は2011/05月。





えー、ぶっちゃけこの選手名鑑続けるつもりありませんでした(笑)

イブラのやつ半年前に作ったやつですし。

しかし、リクエストハンパないしやろうかなと。たくさんのリクエストありがとうございました。

まぁ、シーズンも終わりましたしね。

カルチョ?

まぁ、ウディネ頑張ってしかなし。今回ばかりはミラン負けていいよー(笑)

でもサンチェスいなくなるんですよねー。いくらグイドリンでも彼がいないのは厳しいでしょうね。


CL?そんな大会とっくに終わりました(笑)



では。

この人です。

ちなみに、リクエストに答える順番は私のきまぐれです。笑

ご了承ください。









○フランチェスコ・トッティ
国籍:イタリア
年齢:34(25ver)
身長:180
体重:80(78)
―――身体能力★★★★★★☆☆
――――個人技★★★★★★★☆
―ポストプレー★★★★★★★★
―――――パス★★★★★★★★
―――シュート★★★★★★★☆
―ディフェンス★★★★★☆☆☆
――/インテリジェンス★★★★★★★★
――――運動量★★★★★☆☆☆
―――総合能力★★★★★★★★

*注:FWとして見た場合です。例えば、ディフェンス能力はそのままのDFの実力じゃありません。その他の能力も同様です。
*注:個人技は一人でどうにかする力です。つまりドリブル、キープ等です。







今のトッティではなく全盛期のトッティということで、2000~2004あたりのトッティということで。





―――身体能力★★★★★★☆☆
特殊能力:筋肉の塊
圧倒的なボディバランスで、競り合いにきたDFを吹き飛ばす。

元々、彼は細身だったが、ゼーマンの調教によって、筋肉モリモリに生まれ変わり、危険なエリアで勝負できる選手となった。

エリア内では相手に競り勝ってゴールを決め、サイドではスピードで相手をぶち抜く。

しかし、このように身体能力もあるが、彼の真骨頂は身体能力ではない。

彼はDFと真っ向勝負をすることはほとんどない。

体で競り合うことなく、エリア内でマークをはずしてゴールをねじこみ、サイドでは相手DFの裏を鮮やかに取ってみせる。

スピードとパワーを合わせ持ちながらも、それに依存しないスーパーな選手である。





――――個人技★★★★★★★☆
特殊能力:足裏シュートフェイント

足から一切ボールが離れない吸い付くドリブルを使う。

ボールが足から一切離れないため、彼からボールを奪うのは不可能である。

体の使い方も非常に上手い。

ボールが離れない上に、パワーもスピードもあるため、目の前に何人いようが関係なく、相手を抜き去る。

細かいフェイントで相手を転ばせたかと思えば、豪快にスピードで抜くこともある。

また、キックフェイントが非常に得意である。

パスフェイントなら、トッティのパスの驚異を知らない選手はいないため、その威力はすさまじい。

シュートフェイントも大得意で、DFやキーパーを嘲笑うかのように転ばせて、無人のゴールにボールを流し込む。

彼を止めるためにはイエロー覚悟のファウルしかあり得なかった。






―ポストプレー★★★★★★★★
特殊能力:0の力


異常なまでにポストプレーが上手い。

彼がボールロストをすることはなかった。

ロストするのは、味方が感じられなかった時等の、チャレンジのパスの時に失うぐらいであった。

ボールキープでトッティがボールを失うことはまずありえなかったのである。

トッティは、彼の大好物であるダイレクトパスや、体の強さを駆使し、ポストプレーを確実に成功させる。

ローマの0トップを戦術的に語れば長くなるわけだが、一言で表すなら、「トッティにボール預けとけばなんとかなるだろう戦術」と言える。

それほどまでに驚異のポストプレーを彼は持っていた。





―――――パス★★★★★★★★
特殊能力:イーグル・アイ
彼ほどピッチの全てを把握していた選手はいない。

例えそれがダイレクトだろうが、後ろを向いていようが、どんなに遠かろうが、彼はピンポイントでそこに出す。

誰にも想像できない場所に、一番危険な場所に彼はパスを出す。

しかも、彼はダイレクトでパスを出す

。未来を見る目がなければとてもできない芸当である。

彼ほどゴールに直結するパスが上手い選手はいなかっただろう。







―――シュート★★★★★★★☆
特殊能力:100のシュートを持つ男

彼は非常に多彩なシュートを打てる。

ショートレンジもミドルレンジもロングレンジも全てに対応し、右足だろうが左足だろうが頭だろうが、全てで高い精度を誇る。

左足のダイレクトボレーですらも、易々と決めてしまうのである。

また、非常に強いシュートを持っているが、緩やかにカーブをかけて流し込むこともできる。

彼は、キーパーとの駆け引きが上手く、良く「見えている」。

そのため、数多くのシュートを扱えるのだろう。

インステップどっかん、インフロント・インサイドでサイドネット、アウトフロントでキーパーの頭上、インサイドで転がす、クッキアイオでキーパーをあざ笑う、ダイレクトでぶち込む。

これは、彼がトップ下のポジションであそこまでゴールを決められたことに、大きく関係しているだろう。






―ディフェンス★★★★★☆☆☆
特殊能力:効果的なDF


する気はそこまでないし、ガツガツ行くわけでもない。

しかし、守備は非常に上手い。危険なスペースを埋めている。

頭が良いからである。

危ない時はするし、監督によってはかなりする。







――/インテリジェンス★★★★★★★★
特殊能力:バカ王子はピッチ上ではアインシュタイン以上の天才

サッカーの面において、彼は天才である。

ピッチ上での彼の頭脳は、まさに芸術である。

セリエAにおいて、トッティへのマークの厳しさは異常だった。

しかし、彼はフリーになるし、ボールを受けられる。

彼は自分がどこにいけば良いのか、どうやったらマークを外せるのかを「本能的」に良く分かっていた。

それは、GKとの駆け引きでも同じである。

彼のシュート能力、パス能力、ポストプレー能力の高さは、全てここに起因していると言ってもいいだろう。

彼は、ピッチの誰よりも「天才的」に頭が良いのだ。

この、「天才的」「本能的」ということが重要で、頭で考えるよりも体がすでに動いているため、ピッチ上のどの選手よりも、早く動けるのである。

また、監督の戦術を完璧に体現する。

体現しすぎて、トッティ無しではどんな名将でもお手上げ状態になる。

アッズーリでもローマでもそうだったが、トッティ無しでは機能しないし、トッティがどんな戦術でも機能させてみせてきた。

また、試合中でも戦術を変えられることもトッティの強み。

状況や相手によって、トッティ自信が自分の判断で戦術を変えてしまうのである。

どんな戦術でも体現できて、試合中にどんな戦術なら機能するかがトッティには全て分かってしまうからできる芸当である。


ピッチ上の監督とは正にトッティのことであり、トッティほど天才という言葉が似合う選手も中々いない。




――――運動量★★★★★☆☆☆
特殊能力:全てはトッティのために

王子様は動かない。偉いから。しかし、権力が集まる。

そう、全てのボールは彼を経由する。

敵も多い。つまり、彼は相当動いている。

全ての攻撃は彼に任されていたからである。そのため、守備時は動かない。王子様だし。うん。攻撃時はバカみたいに相当走っていた。



―――総合能力★★★★★★★★

仮に、私一人に決定権があるなら、彼にバロンドールを3回は与えている。

まぁ、そんなことしたら、ほとんどネスタとトッティにバロンドールが渡ることになってしまうが。笑

ローマにいる限り仕方ないことではあるのだが。

バロンドールが個人賞と言うのもあるだろう。

トッティは、チーム全体を強くする選手である。

ローマはトッティのためにあり、トッティはローマのためにいる。

それは、アッズーリも同じで、アッズーリはトッティのためにあり、トッティはアッズーリのためにいた。

それほど彼の影響力は絶大なのである。

個人としてはバッジォのほうがすごいのかもしれないが、チームへの影響力でいったら、トッティのほうがすごかったであろう。

バッジォやヴィエリがいなくともチームは成り立つが、トッティがいなければチームは成り立たない。

ローマとアッズーリは彼がいなければ何もできないチームであったことがそれを良く示している。

彼ほどチームに絶大な影響力を持った選手は歴史上数えるほどしかいないだろう。




注意:編集は2011年5月。

関連記事



サイト繁栄のために1日1クリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ
サイト繁栄のために1日1クリックお願いします

サイト繁栄のために1日1クリックお願いします


サッカーのユニフォーム作成。便利な簡単カスタマイズシュミレータで自分好みに自由自在に作成可能。 全品20%OFF以上の特別サービス!!
戦術を鍛えろ!練習方法や指導方法に的を絞った実技・解説のDVD。


2014/09/12 22:54 | 選手名鑑COMMENT(9)TRACKBACK(0)  

コメント

トッティ大好きです。

彼のような選手はもうでてこないですかね?
もしでてくるならまたローマからでてきてほしいです

No:221 2014/09/12 23:58 | #- URL [ 編集 ]


Re:


名無しさん

トッティは歴史上でも類い稀な、言ってしまえばマラドーナとかその辺りと比べられるほどの選手だと思ってますので、中々出てこないでしょうね。

時代も違いますから。

育成方針が代わり、1対1に強い選手や個人技が凄い選手、ファンタジスタが異様に減ってきてますからね。

No:222 2014/09/13 18:52 | カハ編集員 #CrS0LqOg URL編集 ]


subject

ユナイテッドのCBに思い切り潰されてた印象がありますけど

No:225 2014/09/18 02:00 | #- URL [ 編集 ]


Re: subject


名無しさん

痛い所を突かれますね(^^)笑

確かにそうでしたね。

しかし、あれは完全にチームとして負けてましたし、あの時は怪我が重なってトッティのコンディションが最悪でした。
そりゃ駄目な試合、駄目な時期もありますよ。
ただでさえその頃は怪我がちでしたからね。
あと、この記事はトッティ全盛期の時の話です。

No:226 2014/09/18 09:06 | カハ編集員 #CrS0LqOg URL編集 ]


subject

ユベンティーノなのでデルピエロ押し
でしたが9798ごろの全盛期でようやくトッティに勝てるかどうかって印象です
20代後半からは贔屓目に見てもトッティの方が上なのでこの人がユーベの王様でなかったのが残念
一体何が違ったんでしょうかこの二人

No:227 2014/09/18 17:22 | #LkZag.iM URL [ 編集 ]


Re: subject


ユヴェンティーノさん

デル・ピエロは私も好きですよ。好きですが、正直トッティとは比べられないですね。
それくらいレベルが違うと思っています。
バッジョですら、トッティのほうが断然上だと思っています。

まず、バッジョにも言えることですが、パワー、フィジカルが全く違います。
あとは、スピードもですね。
デルピエロも全盛期はスピードがありましたが。(それでもトッティほどは無いんですが。)

簡単に例えるなら、トッティが普通のイブラヒモヴィッチ、デルピエロはフィジカルの無いイブラヒモヴィッチという感じでしょうか。
イブラヒモヴィッチのフィジカルがクラウチくらいだったら、全然良い選手じゃないですよね。そんな感じです。

あとは、ジダンがなぜあそこまで評価されたか、エジルがなぜ評価されないか(一部では評価はけっこう高いですけどね。)を見ても、フィジカルがとても重要だということは良く分かります。
本当に単純なことですよ。フィジカルやスピードの違いです。
フィジカルが強いと、狭い所、中央でプレーできます。サッカーにおいて中央でプレーできるということがどれだけ重要かは説明の必要がないと思います。
デルピエロはプレー範囲が狭いんですよね。
プレー範囲、プレーの選択肢の多さがトッティとは歴然たる差があるんです。

また、パスもですね。
デルピエロはパスの範囲が狭いです。トッティはどこにでも出せます。精度、判断も断然トッティが上です。
シュートもパワーがまるで違います。
ポジショニング、判断、要はインテリジェンスもデルピエロはあまり高くありませんでしたが、トッティは最高峰です。

つまり、フィジカルがまるで違う上に、スピード、パス、シュートとそのほとんどがトッティのほうが上です。
また、目に見えずらい部分、ポジショニング、プレーの判断、プレー範囲、プレーの選択肢の幅、戦術適応度、戦術理解度、チームへの貢献度と、トッティが上回っている部分が多すぎます。

別に、デルピエロを乏しめたい訳ではなく、単純にトッティが凄すぎるだけです。
デルピエロ並みのテクニックに、さらにあらゆる素晴らしい能力が加わった完全無欠の超人がトッティだというだけです。

バッジョだったら、まだトッティよりもテクニックがあるからあれですが、正直デルピエロはトッティを上回っている部分がないですからね。

それでも、私はデルピエロは素晴らしい、偉大な選手だと思いますよ。
バッジョ、デルピエロ、カッサーノと皆好きです。

本当に、トッティと比べてはいけないというだけです。
トッティと比べるなら、それこそマラドーナやロナウドやジダンやメッシを連れてこなければいけませんから。
それくらいの選手だと思います。

No:228 2014/09/18 19:32 | カハ編集員 #CrS0LqOg URL編集 ]


Re: subject

ユヴェンティーノさん

あと、デルピエロはあの大怪我が非常に残念でしたね。
あれさえなければ、もっと評価できる選手に成長していた可能性もありますし。
全盛期が早すぎましたね。
あの前のデルピエロは見ていてワクワクする素晴らしい選手でした。

その後も素晴らしい選手でしたけどね。

No:229 2014/09/18 19:49 | カハ編集員 #CrS0LqOg URL編集 ]


subject

精密で詳しい解説ありがとうございました
自分も素晴らしい選手であることには変わりないとはおもいますが
初期の期待値が高すぎたのでどうにも物足りなかった
デルピエロの偉業を追い抜くマラドーナ~メッシなみの超新星イタリア人が
ユーベプリマから出てくるのを期待します

No:230 2014/09/19 10:49 | #LkZag.iM URL [ 編集 ]


Re: subject

ユヴェンティーノさん

初期の期待値が高すぎたのでどうにも物足りなかった、というのは同感ですね。
若くして早々に世界的スターになり、バッジョを追い出し、あの活躍ですしね。

ユーベプリマは育成方針がファンタジスタが育つ環境ではないですから、厳しいんじゃないてすかね。笑
ジョヴィンコのようなタイプが奇跡的に出てきましたが、全く駄目でしたしね。。。

まずもって、イタリア自体ファンタジスタを育てる方針ではなくなってきてしまってるのが残念ですね。。。

世界に倣って画一的な選手を育てる方針になってしまっていますが、昔の個性的な選手を育てる方針が良いと思うんですけどねー。

No:231 2014/09/19 21:48 | カハ編集員 #CrS0LqOg URL編集 ]




管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。